食の安全・監視市民委員会メールマガジン

食の安全・監視市民委員会メールマガジン第63号


カテゴリー: 2018年10月15日
■◇■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 食の安全・監視市民委員会 FSCWメールマガジン 第63号
                  2018年10月15日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■◇■

もくじ
…………………………………………………………………………
■パブコメのお知らせ:遺伝子組み換え表示制度の改悪を止めよう
■焦点:ゲノム編集に関する審議始まる
■活動報告:子ども向けサプリに異議あり
■抗議声明:日米物品貿易協定の交渉開始に抗議する
◇イベント案内◇連続講座「どうしたらいい? 私たちの食べものを守るために」
◎編集後記◎
…………………………………………………………………………
[訂正]前号のイベント案内「油症事件とPCB汚染を考える写真展と集会」
の11月30日の講演会の講師である河野さんのお名前が違っておりました。
正しくは裕昭です。訂正してお詫びいたします。メルマガ編集担当

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■パブコメのお知らせ:遺伝子組み換え表示制度の改悪を止めよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

遺伝子組み換え表示制度の一部改正に関する意見募集(パブリックコメン
ト)が始まりました。締切りは11月8日です。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=235080047

遺伝子組み換え原料を使っていても「遺伝子組換え」と表示する必要のな
い現行の制度がそのまま維持されようとしています。

さらに、このままでは、現在、豆腐や納豆などに使われている「遺伝子組
換えでない」表示が消えてしまいます。

ぜひ多くの意見を出してください。

より良い遺伝子組み換え表示制度を求めて活動している当会は、表示の問
題点を多くの人に知ってもらおうと、チラシを作りました。パブコメを出
す際、活用ください。
http://www.fswatch.org/gmofoods2018.pdf


(食の安全・監視市民委員会)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■焦点:ゲノム編集に関する審議始まる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

厚生労働省・薬事食品衛生審議会の食品衛生分科会は、9月19日、「新開発
食品調査部会・遺伝子組換え食品等調査会」を開き、ゲノム編集された食品
の取り扱いについて審議しました。この調査会は9人の委員で構成され、座
長に近藤一成 国立医薬品食品衛生研究所生化学部長がつきました。また、
この日は参考人として大西彰 日本大学生物資源科学部教授も参加しました。

審議では、農水省の農林水産技術会議事務局で遺伝子組み換えを推進してい
た田部井豊委員(現在、農業・食品産業技術総合研究機構 所属)が、「新
たな育種技術」と題してレクチャーし、ゲノム編集はあくまで品種改良の一
つの手法である、と強調しました。また、ゲノム編集技術は塩基配列レベル
で明らかになってきたゲノム情報を使い有用なタンパク質をデザインできる
ようになった、とメリットを述べました。そしてゲノム編集の技術には3つ
のタイプがあり、1と2では、収量を減らしてしまう遺伝子などを消す手法
をとり、3では耐病性を持たせるために別の生物の遺伝子を入れる手法があ
り、第3のタイプ以外ではわざわざ安全性審査を必要としない、と述べまし
た。

ニュージーランド、豪州ではゲノム編集は遺伝子組み換え技術として捉えら
れ、規制されることになっています。また、EUでは議論が分かれていたと
ころ、2018年7月欧州司法裁判所が「ゲノム編集」で開発した作物について
は、GM規制の対象とすべきだと判断しています。

この審議会では松本吉郎委員(日本医師会)と大西彰参考人からは食の安全
について、ゲノム編集でねらった箇所を確実に変異させうるのか、オフター
ゲット(標的となる塩基配列以外の場所を切断してしまうこと)の恐れはな
いのかなどのコメントが出されました。また中島春紫委員(明治大学農学部
教授)が標的に関して「効能をうたって販売する者は最低限どこを狙って何
をしたかを届けさせるべきだ。嘘をつく者が得をするシステムはだめだ」と
述べました。座長はこれらの議論を前進させることなく継続となりました。

事務局から論点が2つ出され、(1)このゲノム編集技術が従来の育種技術
と比較して遺伝子の変化はどうか、移入DNA分子の除去をどのようにする
のか、生物の種類による違いはあるのかなどを食品衛生法上の観点から位置
づけること、(2)ゲノム編集技術を利用して得られた農産物や食品の検知
法をどうするか、を検討することとなりました。

この調査会は今年11月に意見をとりまとめ、その後、上部組織である新開発
食品調査部会を開き、2019年2月にパブリックコメントを集め、3月に食品
衛生法上の取り扱いを明確化するというスケジュールも示されました。
海外での慎重な取り扱いに比べ拙速なルールを政府の日程に沿って作ろうと
する意図がみえた審議でした。


山浦康明(食の安全・監視市民委員会運営委員)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■活動報告:子ども向けサプリに異議あり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「子どもをターゲットにした、いわゆる『健康食品』のような商品が売ら
れている」という情報が寄せられたのをきっかけに、当会は7月に調査を
行ないました。調査したのは、当会の行事で出掛けた茨城県龍ヶ崎市にあ
るMEGAドン・キホーテ龍ヶ崎店。グリコケミカル株式会社の「酵素+
++ダイエット(以下、酵素ダイエット)と、味覚糖株式会社の「UHA
グミサプリ KIDS STUDY」(以下、UHAグミサプリ)を購入
しました。

酵素ダイエットの表面に「運動せずにダイエット」と書かれ、裏面には有
効成分とその効能と思われる文章が掲載されていました。さらに、中身は
カプセルで、「1日1粒を目安にかまずに水などでお飲みください」の表
示も。医薬品医療機器等法に違反するのではないかと、グリコケミカルや
ドン・キホーテ本社に申入れしたところ、グリコケミカルからは表示を改
める、ドン・キホーテからは販売を中止したとの回答がありました。

UHAグミサプリには、表面に「勉強中のお子様をサポート」「1日5粒
目安」と書いてあるほか、裏面には「DHAとルテインに加え、母乳に含
まれる成分α+GPCを配合し、お子様の考える・見るをサポートします」
などと書いてありました。そこで、味覚糖に対し、食品表示法表示基準に
基づく「機能性表示食品」制度(未成年者への訴求を禁止)に違反する疑
いがあると申し入れをしましたが、「機能性表示食品には該当しないので
問題なし」という回答が届きました。

そこで、改めて味覚糖に、食品安全委員会作成の「いわゆる『健康食品』
に関するメッセージ」の中に、「『健康食品』は多くの場合が「健康な成
人」を対象にしています。高齢者、子ども、妊婦、病気の人が『健康食品』
を摂ることには注意が必要です」と書いてあることを示し、「2歳ごろか
ら食べられます」と表示してあるUHAグミサプリについて、同社が2歳
の子どもに対する安全性を確認しているかどうかの再申入れをしました。

しかし、この再申入れに対する味覚糖の回答は「UHAグミサプリ KI
DS STUDY」にて栄養強調表示している成分(DHA、ルテイン、
α+GPC)は、下記根拠により、適切な摂取量であることを確認してい
ます」でした。消費者と対話しようとする気がまったく感じられない回答
に同社の企業姿勢が透けて見えました。申入書や回答は当会HPに掲載し
ています。
http://www.fswatch.org

今回の調査で子ども向けの「健康食品」が予想以上に売られていることが
わかりました。引き続き調査を重ねながら、警鐘を鳴らしていきます。


纐纈美千世(食の安全・監視市民委員会運営委員)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■抗議声明:日米物品貿易協定の交渉開始に抗議する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        
当会は10月1日、安倍首相宛てに下記の抗議声明を出しました。


9月27日(米国時間)安倍首相はトランプ大統領との首脳会談において、
物品貿易協定(TAG=Trade Agreement on Goods)の交渉開始で合意
しました。その内容は日本産の自動車への追加関税は交渉が続く期間は留
保するものの、牛肉など米国産農産物の関税引き下げに関する要求が押し
付けられる可能性を秘めています。またTAGの議論完了後には、他の貿
易、投資についても交渉することとなっており、これは事実上日米FTA
であることを示しています。
	
私たち消費者・市民はこのようなTAGは日本農業の衰退をもたらす恐れ
があると同時に、米国産牛肉の関税引き下げなどひたすら貿易拡大のみを
めざすルールづくりは食の安全を脅かすと考えます。

安倍首相が述べていた「日米FTA交渉はしない」との発言にも反し、ひ
たすら自動車業界の利益だけを守ろうとする交渉姿勢も許されません。

私たちは日米物品貿易協議の開始に強く抗議するとともにその撤回を求め
ます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇イベント案内◇
連続講座「どうしたらいい? 私たちの食べものを守るために」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当会と一緒に活動し、当会事務局を担う日本消費者連盟による連続講座の
ご案内です。

これだけ今、情報があふれているのに、本当に必要な情報は私たちの元に
届いているのでしょうか?日本消費者連盟は長年「食の安全」について取
り組み、沢山のみなさんにお伝えしたい情報を持っています。一緒に学び、
考えませんか?
今年の秋の講座では、遺伝子組み換え表示、ネオニコチノイド系などの農
薬問題、食品添加物をはじめとした化学物質問題など、日消連がこれまで
取り組んできた課題について、経過や現在の状況、今後の課題について考
えます。長年取り組んでいる方を講師に迎え、質問や意見交換の時間もた
っぷりとりながらわかりやすくお話しします。皆様お誘いあわせの上、ご
参加ください。

◆第1回 「どうしてこんなに違うの?世界と日本の遺伝子組み換え表示」
日時:10月20日(土)午後1時30分~4時
講師:纐纈美千世(日本消費者連盟事務局長)
会場:連合会館・5階502会議室

◆第2回 「なぜ?世界の流れに逆行する日本の農薬基準」
日時:11月24日(土)午後1時30分~4時
講師:槌田博さん(生活クラブ連合会品質管理部長)
会場:連合会館・5階501会議室

◆第3回 「あなたは1年間に5キロの食品添加物を食べている!?」
日時:12月15日(土)午後1時30分~4時
講師:里見宏さん(健康情報研究センター代表)
会場:連合会館・4階404会議室

会場:連合会館(新宿区西早稲田1-9-19-207)
交通:地下鉄「新御茶ノ水」「淡路町」「小川町」B3出口前
地図:https://rengokaikan.jp/access/

参加費:各回800円(日消連会員500円)。お得な3回通し券2000円(同1200円)

主催:日本消費者連盟
協力:食の安全・監視市民委員会、平和フォーラム

【申込み・問合せ】日本消費者連盟
電話:03-5155-4765/FAX:03-5155-4767
電子メール:office.j(アット)nishoren.org
※(アット)を@に変えてお送りください


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*
 ◎編集後記◎
*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

「トマト缶の黒い真実」という本をご存じですか? フランス人ジャーナ
リストが中国、イタリア、アフリカ、米国などの、加工トマト産地とトマ
ト缶工場を取材したルポです。次々と明らかになる事実はあまりにも衝撃
的で、何を信じて食べものを選べばいいのか、わからなくなってしまうほ
どです。

でも、食のグローバル化と無縁ではいられない現代社会を生きる私たちは、
彼が暴いた「現場」の状況から目をそらすわけにはいきません。

ぜひ多くの人に読んでいただきたいのですが、実は映画にもなっています。
同書の著者であるジャン=バティスト・マレなどが監督を務める「トマト
帝国」です。

このドキュメンタリー映画が国際有機農業映画祭で本邦初上映されます。
11月18日に法政大学市ヶ谷キャンパスで開催される同映画祭では「トマト
帝国」を含む計5本が上映されます。お得な前売り券もあります。興味の
ある方は同映画祭のサイト(http://www.yuki-eiga.com)を覗いてみてく
ださい。(こ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンに掲載されている広告の内容は、
食の安全・監視市民委員会の活動とは無関係です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[発行]食の安全・監視市民委員会
    〒169-0051東京都新宿区西早稲田1-9-19-207日本消費者連盟内
    Tel:03-5155-4765 Fax:03-5155-4767
    Eメール:office@fswatch.org URL:http://fswatch.org/

■このメルマガに関するご意見・ご要望、または、転載を希望する場合は、
上記(Tel、Fax、Eメール)までお願いします。

■このメルマガの購読登録・配信中止は以下からお願いします。
http://www.mag2.com/m/0001598395.html

食の安全・監視市民委員会メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/15
部数 173部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

食の安全・監視市民委員会メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/15
部数 173部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング