古高松薬局

毎度!古高松薬局です!(薬・医療の話、ある日の出来事)

 毎度!古高松薬局です!(第303号)

 最近の話題、薬・医療の話、ある日の出来事をお届けします。

・最近の話題

 お天気でも、朝が10度を割る日が増えてきました。
 風邪には、お気をつけ下さい。

 10月29日は、「世界乾癬デー」でした。

 乾癬という病気をご存知でしょうか。
 乾癬とは、ざっくりお伝えすると、皮膚が赤くなったり、盛り上ったり、フケみたいに皮膚がはがれ落ちたりする皮膚の病気です。
 痒みが出る時もありますが、人にはうつりません。

 日本の乾癬の患者さんは、約45万人ぐらい、いるそうです。
 乾癬の診断は、問診、視診、触診でほぼ診断が出来ます。
 診断が難しい時には、皮膚生検(皮膚の一部を取って顕微鏡で検査)をします。

 有名人では、道端アンジェリカさんが罹っていて、公式ブログで公開されています。

 原因は、正確にはわからないみたいですが、遺伝、ストレス、紫外線などにより発症します。

 ステロイドなどの塗り薬を使用しますが、重症の場合は、免疫抑制剤を服用することがあります。

 食事は肉、乳製品、香辛料は控え、海藻類、食物繊維はしっかり食べると良いです。

 乾癬は慢性の皮膚炎のために完治は難しいです。
 乾癬は諦めずに、食事に気をつけて、ストレスをためずに飲酒、タバコは控え、長く付き合っていく病気です。

・ある日の出来事・182

 初めて本格的なお茶会に行きました。
 高校の時に友達と文化祭の時に茶道部に行ったとき以来、35年ぶりでした。

 茶室は初めてでした。
 小さい引き戸をあがり、どこに座っていいかわからず、適当に座ったところ・・・。
 お茶の先生から・・・。

 「お茶のお話が出来ますか?」

 どうやら上座に座っていたみたいで・・・。
 お茶の先生と仲良くお話していた方に場所を、直に、変わってもらいました。

 しばらくすると、和菓子が皆さんに振舞われました。
 次にお茶がきたのですが・・・。

 私は和菓子を食べていなかったので、順番を飛ばされました!

 慌てて食べ終わると、最後にお茶が私のところにきました。

 上座に座られた方が、お茶の味・お茶室の雰囲気の感想、器の質問などをお聞きになったり、談笑したり、和やかな時間が過ぎました。
 さて、話も終わり、帰ろうとしたときに・・・。
 和菓子が乗っていた紙と和菓子切(菓子楊枝)を皆さん、持って帰っていることに気づき(また、注意される!)、すぐ、ポケットに入れて持って帰りました!

 一連の流れが分からなかったので、全て、見ていました。

 分からないことだらけで、恥ずかしかったですわ!

 いろんなやりとりが、お茶の世界の「侘び寂び」の心得だと、初めて、知りました。

 次回、お茶会に行く時には、今日のおさらいと予習をしてから、楽しもうと思います。

 古高松薬局
 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001594232.html

古高松薬局

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/18 部数:  20部

ついでに読みたい

古高松薬局

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/18 部数:  20部

他のメルマガを読む