古高松薬局

毎度!古高松薬局です!(最近の話題、薬・医療の話、ある日の出来事をお届けします。)

 毎度!古高松薬局です!(第299号)

 最近の話題、薬・医療の話、ある日の出来事をお届けします。

・最近の話題

 台風が去り、暑くなり、自律神経がおかしくなりそうですが・・・。
 体調を崩さないようにお気を付け下さい。

 もうそろそろ、インフルエンザワクチン予防接種の予約の時期になりました。
 前回、医療機関によって、お値段が違うとお伝えしました。
 今回は、病院のサイドからのお話をお伝えします。

 インフルエンザワクチンが入った注射器の医薬品がありますが、結構、高いので、多くの医療機関はアンプル(瓶タイプでインフルエンザワクチンが1ml入っています。)に入ったインフルエンザワクチンを購入します。
 そのためインフルエンザワクチンを吸い取るために注射器、注射針を購入します。
それらは、100個単位で購入するので1つの注射器、注射針を合わせても料金が、合計20円もかかりません!

 1アンプルは2人分です。
 1人分を使用すると、アンプルの使用期限が1日になります。
 そのアンプルが残り、誰も注射をされないで残っていると破棄となります。
 そのため、医療機関は破棄になるともったいないので、予約日を設けて、偶数人数になるようにされています。

 それでも、患者さんが風邪をひいたり、用事ができて医療機関に行けなくなると、1人分のアンプルが残ります。

 1人分が残るともったいないので、ある医療機関では、福利厚生の一環、または、格安で職員さんにインフルエンザワクチンの注射をしてもらえる時があります。

 余るともったいないための医療機関の苦難の柵です!

・ある日の出来事・178

 浪人生は「現実を思い知らされる自分」にどうしようもなく、クタクタでしたわ!

 浪人生活、3年目となると、高校の友達などは、気を使って、遊びに誘いにくくなり・・。
 予備校に通っていたのですが、教室で予備校仲間と喋ることはあっても、授業が終わってから、一緒に遊びに行くことは、ありませんでした。

 そのため、1人でよく、阪急梅田駅近くで座り込んで、行き来する人達の流れを下から見上げて・・・。
 この人たちは、今の自分に満足しているんやろか?
 この人たちは、これからどこに行くんやろか?
 この人たちは、何をしているんやろか?
 そして、自分は、来年、薬学部に受かるんやろか?
 など、いろんなことを考えながら、ボーッと眺めていました!

 ある日・・・。
 梅田のバスターミナルで、昼ご飯に食パンを食べていたら、鳩が寄ってきました。
 パンをちぎってあげていたら、みるみるうちに鳩が至る所から、飛んできて、鳩の大群となり、怖くなり、食パンを捨てて、逃げたら、看板があり、そこには・・・。

    鳩に餌を与えないで下さい!

 と、書いていました!
 申し訳ないことをしてしまったと、今でも、後悔しています。

 しかし、授業が終わってからもよく、梅田の街をよく、うろうろしていました。

 三浪はしましたが、何とか、薬学部(徳島文理大学)に受かりホッとしました!

 それから、数年経ち、大学を卒業してから、薬剤師になって23年が経ってからも、
 いまだに、年に1~2回、浪人していた頃の夢を見て、目が覚めることがあります!

 古高松薬局
 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001594232.html

古高松薬局

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/18 部数:  20部

ついでに読みたい

古高松薬局

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/18 部数:  20部

他のメルマガを読む