つなぐメール‐新しい悟りへ‐

NO,2245「理のある魔法フレーズ」

カテゴリー: 2019年03月19日

↓↓↓


●物理性心理学の創設者のセミナーより


「私は誤解していた」という言葉を発話するとエネルギーが宿る。




■立花の戯れ言■



ちょっと時間の都合上、簡単にしか書かないですが、超重要な話なので、しっかり受け取っていただけると幸いです。



簡単に素人でも出来る実験でもわかるのですが、使ってる言葉によって、身体のやらかさや力の入る具合が換わったりするってご存じでしたか?

これ、ガチの話なんですが、上記はその一例。



「私は誤解していた」



これを発話(言葉に出して言う)した瞬間、身体に力が入ったり、やらかくなったりします。(私も体感的にわかる)

これ聴いて、ハッとしました。

増野先生のお話の中で、「この世界の問題の根源は誤解だ」というお話がありました。



この世界の問題って、人間同士の争いが元。

人間同士の争いは、コミュニケーション不足から生まれる。

コミュニケーション不足は理解不足を生んでおり、ひいては「誤解」(誤った理解)へとつながる。



増野先生のお話ってめっちゃ「なるほど」って思ってたし、「もしかしたら八つの埃の元は誤解なのでは?」とも思ってたんです。

自分のこと、他人のことを正しく認識できないこと、知らないことが埃となるって感じですね。




で、今回、上記のお話を聴いて、改めて「誤解=埃」って定義がバシンときました!

最近のお道ではあまり語られていませんが、お道の必殺技は「たんのう」とよく言われますが、一昔前は「さんげ」という風に言われてたと私は思っています。



「私は誤解していた」

ってある意味、さんげの言葉(さんげにつながる言葉)ではないですか?



そう…

「私は誤解していた。」

「あなたを誤解していた。」

「創造主・神を誤解していた。」

と実際に発話することで、さんげの理をいただけるのかもしれません。(これは空論じゃなくて、科学的にはエネルギーの流れが換わる事が証明されてる)



なので、これからは改めて、あえて「私は誤解していた」というさんげフレーズを発話していきたいと思います★




■更に沢山の仲間と共に成長し合えるように…

お友達にご紹介して頂けると嬉しいです(^^)



「つなぐメール‐新しい悟りへ‐」のメルマガ登録は、

a0001590048@mobile.mag2.com

に空メール、


スマホ・PCは、

http://archive.mag2.com/0001590048/index.html

から登録★

つなぐメール‐新しい悟りへ‐

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/03/19 部数:  51部

ついでに読みたい

つなぐメール‐新しい悟りへ‐

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/03/19 部数:  51部

他のメルマガを読む