クリスタルの魔法の学校

プロのクリスタルボウル奏者と初心者と何が違う?~ 【vol133クリスタルナイアの魔法の学校】

カテゴリー: 2019年01月05日
╋╋・‥…    【vol133クリスタルナイアの魔法の学校】    …‥・╋╋

ー I n d e x ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 1.クリスタルボウルについて

 2.新月満月のお知らせ

 3.雑記

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

ALOHA

いつもお読みくださりありがとうございます。
クリスタルナイアのTakaです。

2019年最初のメルマガをお届けします。

2019年は動く、集まる、活動する、始まる。

そんな年になるような気がしています。

クリスタルナイアも新しくなる予感がしています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Mahalo!!

================

1.「クリスタルボウルについて」

================

【プロのクリスタルボウル奏者と初心者と何が違う?】

誰でもすぐに演奏できるクリスタルボウルですが、
ではプロのクリスタルボウル奏者と初心者と何が違うのか?

それはエネルギー的なことを意識しているかと心の在り方の違いだと思います。

エネルギーを意識しているとは、
例えばチャクラと音の対応や、音の鳴り・響き方の違いや変化、
会場の雰囲気や自分のコンディションなどを意識しているかどうかです。

クリスタルボウルは奏者の意図を増幅・拡張してくれます。

「チャクラをヒーリングする」と意図すればそのようにクリスタルボウルが働いてくれます。

クリスタルボウルの音の鳴り・響きの変化を感じ、クライアントの思考をクールダウンすることもできます。

エネルギーを感じ取る能力があるからこそ
クライアントに必要なサウンドセラピーを行うことができます。

音楽家タイプの奏者もセラピータイプの奏者も
程度の差はあれエネルギー的な何かを感じ取りながら演奏していると思います。

それがセラピーの効果としての違いを生みだします。

===============

2.新月満月のお知らせ

===============

【 ~11月の新月満月~ 】

2019年1月6日(日)10:28は新月です。

数秘術では

2019年1月6日(日)は”1”
10:28は”2”
2019年1月6日(日)10:28は”3”

となります。1・2・3!

調べてみると

“1”は積極性、リーダー、始まり、誕生
“2”はサポーター、バランス、協調、女性性
“3”は子ども、遊び、感受性、楽天的

というキーワードになります。

今回の数式は

1:リーダー + 2:女性性 = 3:子ども

にしてみました。

リーダーは男性性とも言い変えられることから
男女のパートナーシップや出産をイメージできます。

そう言った男女の新しいパートナーシップの始まりとも言えますし
あるいは自分の中の男性性と女性性が融合した新しい自分が生まれるのかも。

新年早々、良い化学反応が起こるのかもしれませんね。

どうぞよい月の日をお過ごしください。

========================================

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°。°+ °+

【 雑記 】

元猟犬カイがやってきてからリーダーって何だ?と考えることが増えました。

犬には上下関係をつけなければならない、飼い主がリーダーにならなければならない
というのが犬のしつけの大前提ですが本当かとか。

反対に犬は褒めて伸ばすしかないっていう話もあるけど本当かとか。

存在丸ごと大好きという気持ちと、
ダメなものは絶対にダメ!という厳しさと両方持ち合わせて良いんじゃないか。
それはどっちもその子を愛してる表現の裏表だから。

そんなことを考えていたお正月でした。

今年もどうぞよろしくお願いします。

クリスタルナイア
Takafumi.Ogawa

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クリスタルナイアの魔法の学校

Web Site: http://crystalnaia.com
Facebook: https://www.facebook.com/oluolu.naia
E-mailL : naia@crystalnaia.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「クリスタルナイアの魔法の学校」のメルマガ配信中止は
こちらからお手続きできます。

http://www.mag2.com/m/0001589705.html

ついでに読みたい

クリスタルの魔法の学校

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2019/03/20 部数:  32部

他のメルマガを読む