”超越トレード富への道しるべ”-株式ニュース&注目銘柄を無料で紹介-

【メルマガ特典】GloveBambo推奨銘柄を公開。

カテゴリー: 2019年01月13日

☆無料メルマガ特典☆ (毎週日曜日に配信)。


無料メルマガ特典として、GloveBamboo(有料
サービス)にて推奨中の1銘柄を公開致します。


【公開する銘柄は アダストリア<2685>】
業種:小売り。
東証1部 100株単位。

アダストリア<2685>はカジュアル衣料大手。
女性向け中心に複数のブランド店出店。

GloveBambo(有料サービス)においては、短
中期銘柄として推奨、目先の短期(1ヶ月未
満)、または中期(3ヶ月未満)を目安に見て
おります。
(GloveBambooにおいては1/8に推奨)

【推奨理由】
アダストリア<2685>は東証一部の小売り業。
カジュアル衣料店をSC(ショッピングセン
ター)内軸に展開。「グローバルワーク」
などブランド多数。アジア出店拡大してい
る。
昨年末(12/28)に発表された決算において、
直近の9-11月期は51.7億円で前年同期比7
5.3%増と急回復が確認されたことに加え
て、1/7に発表した12月度の国内月次売上
高で、既存店売上高が前年同月比4.9%増
と5ヶ月連続でのプラス成長となっている
こと評価。
その他、テクニカル面でも目先の上昇が
期待されるところ。

【直近の株価動向】
11日終値:2141円(前日比-18円-0.83%)。
直近の2日間は短期的な過熱感が意識さ
れており、売り優勢の展開となってい
る。
ただ、移動平均線チャートの5日線(214
1円)近辺で底堅く、11日の取引はその
水準引けた。

【今後の見通し】
直近の2日間は一端、短期的な過熱感が
意識され、売り優勢にあるものの、移
動平均線チャートの5日線(2141円)近
辺で底堅く、その水準引けている。
続き、同線がサポート線に意識される
見かた。
また、週足一目均衡表において、雲突
破(上限2006円)となっており、一段高
が期待されるところ。
目先の短期(1ヶ月未満)、または中期(
3ヶ月未満)で、昨年来高値2538円(18/
3/2)を試す見通し。

【売買戦略】
現在の5日移動平均線(2141円)近辺は買
いチャンス。
やや下振れとなっても、日足一目均衡
表の転換線(2007円)がサポート線、こ
の水準も買いチャンスとなろう。
目標株価は昨年来高値2538円(18/3/2)
水準の2500円に設定。
損切り(ロスカット)は、13週移動平均
線(1954円)割れなどが目安。

以上、今週の【無料メルマガ特典】と
なります。
週明けのトレードのご参考にして頂け
れば幸いです。

※公開させて頂いた銘柄のフォローメ
ールを、今後も受けたい場合は、Glov
eBamboo(有料サービス)の期間契約コ
ースへのご入会を宜しくお願い致しま
す。

※その他、株価倍増を目標にした中期
トレードや長期トレード、オススメの
推奨銘柄を多数ご用意、是非とも有料
サービスをご利用頂ければと思います。

GloveBambooのサービス形態は下記の通
り。
単発コースは1銘柄3000円。
期間契約コースは下記のとおり。
-1ヶ月- 15,000円。
-3ヶ月- 40,000円(5,000円お得)。
-6ヵ月- 70,000円(20,000円お得)。
-12ヶ月- 120,000円(60,000円お得)。

GloveBambo詳細は下記URLより、宜しく
お願い
致します。
http://glovebamboo.jp/


**-----------------------------**

会社名:Glove Bamboo株式会社
金融庁登録番号:福岡財務支局長
(金商)第100号
加入協会:一般社団法人日本投資
顧問業協会 会員番号102-00121
URL:http://glovebamboo.jp/

**-----------------------------**


当社の提供情報、助言はお客様の利益を保証
するものではありません。

投資にあたっての最終判断はご自身のご判断
でお願い致します。

当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損
害についても一切の責任を負えませんのでご
注意願います。


助言する株式のリスクについては、次のとお
りです。

・株価変動リスク:株価の変動により、投資
元本を割り込むことがあります。

また、株式発行者の経営・財務状況の変化及
びそれらに関する外部評価の変化等により、
投資元本を割り込んだり、その全額を失うこ
とがあります

・株式発行者のリスク:市場環境の変化、株
式発行者の経営・財務状況の変化及びそれら
に関する外部評価の変化等により、売買に支
障をきたし、換金できないリスクがあります
(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り
込むことがあります。

・信用取引リスク:信用取引や有価証券関連
デリバディブ取引においては、委託した証拠
金を担保として、証拠金を上回る多額の取引
を行うことありますので、上記の要因により
生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本
超過損が生じる)ことがあります。


**-----------------------------**



ついでに読みたい

他のメルマガを読む