”超越トレード富への道しるべ”-株式ニュース&注目銘柄を無料で紹介-

【1/10 引け後発表の好材料銘柄を紹介】

カテゴリー: 2019年01月10日
引け後に発表された好決算、材料株などを厳
選し紹介。
なかでも、より注目される銘柄をピックアッ
プ銘柄として、今後の見通しなどを紹介致し
ます。


発表された好決算、業績修正銘柄

ディップ<2379> 決算発表。
終値1897円(前日比+7円+0.37%)
19年2月期第3四半期累計(3-11月)の連
結経常利益は97.2億円(前年同期比19.1
%増)、9-11月期(3Q)の連結経常利益も前
年同期比16.2%増の35.9億円に伸びた。

トランザクション<7818> 決算発表。
終値661円(前日比+26円+4.09%)
19年8月期第1四半期(9-11月)の連結経
常利益は6.1億円(前年同期比20.3%増)。

毎コムネット<8908> 決算発表。
終値770円(前日比+49円+6.79%)
19年5月期第2四半期累計(6-11月)の連
結経常利益は6.1億円(前年同期比52.4%
増)。
今期の年間配当を従来計画23円から26円
に増額修正(前期は22円)。

ピックアップ
トーセイ<8923> 決算発表。
終値930円(前日比+29円+3.21%)
18年11月期の連結税引き前利益は101億
円(前の期比12.4%増)、19年11月期も前
期比10.4%増の112億円に伸びる見込み。
また、今期の年間配当は前期比7円増の3
7円に増配する方針とした。
好決算を受けて、株価は目先に節目1000
円回復を意識、1000円回復後は、日足一目
均衡表の雲突破を試す展開へ(雲上限1067
円)、突破となれば、上昇トレンド転換の
見かた。

その他、注目の材料株

アイフリークモバイル<3845>
終値219円(前日比-14円-6.00%)
韓国ブロックチェーン研究教育機関での「
Challet」採用に伴い、Waltonchainトーク
ンの研究開発を行うウォルトンチェーン財
団と業務委託契約を締結。

DWセラピ研<4576>
終値608円(前日比+41円+7.23%)
同社が創製した緑内障・高眼圧症治療剤「
WP-1303(H-1129)」に関して、ライセン
スアウト先のわかもと製薬<4512>が、緑内
障・高眼圧症を適応症とした国内第3相臨
床試験を開始。これに伴い、マイルストー
ンを受領すると発表。

大日住薬<4506>
終値3665円(前日比-175円-4.55%)
非定型抗精神病薬「ルラシドン塩酸塩」の
統合失調症に対するフェーズ3試験で、良
好な解析結果を得たと発表。

三菱ロジ<7105>
終値1137円(前日比+45円+4.12%)
19円3月末時点の株主から株主優待制度を
新設すると発表(毎年3/31時点で1単元(10
0株)以上を保有する株主に対して、保有期
間に応じて継続保有期間2年未満でクオカ
ード1000円分、同2年以上で2000円分を
それぞれ贈呈)。
また、滋賀工場の敷地内に、新たに実験施
設を建設するとも発表している。


※ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
買い場など詳細をGlove Bamboo会員様(有料)
には配信。
その他にも株式情報が盛りだくさん!!
ご入会、心よりお待ちしております。

※会員費は低価格、1ヵ月15000円。
(さらに長期契約による割引あり)
単発コースだと1銘柄3000円。

詳しくは下記のURLよりホームページにて
ご確認願います!!
http://glovebamboo.jp/

**-----------------------------**

会社名:Glove Bamboo株式会社
金融庁登録番号:福岡財務支局長
(金商)第100号
加入協会:一般社団法人日本投資
顧問業協会 会員番号102-00121
URL:http://glovebamboo.jp/

**-----------------------------**


当社の提供情報、助言はお客様の利益を保証
するものではありません。

投資にあたっての最終判断はご自身のご判断
でお願い致します。

当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損
害についても一切の責任を負えませんのでご
注意願います。


助言する株式のリスクについては、次のとお
りです。

・株価変動リスク:株価の変動により、投資
元本を割り込むことがあります。

また、株式発行者の経営・財務状況の変化及
びそれらに関する外部評価の変化等により、
投資元本を割り込んだり、その全額を失うこ
とがあります

・株式発行者のリスク:市場環境の変化、株
式発行者の経営・財務状況の変化及びそれら
に関する外部評価の変化等により、売買に支
障をきたし、換金できないリスクがあります
(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り
込むことがあります。

・信用取引リスク:信用取引や有価証券関連
デリバディブ取引においては、委託した証拠
金を担保として、証拠金を上回る多額の取引
を行うことありますので、上記の要因により
生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本
超過損が生じる)ことがあります。


**-----------------------------**


ついでに読みたい

他のメルマガを読む