”超越トレード富への道しるべ”-株式ニュース&注目銘柄を無料で紹介-

【1/9 東京市場概況】日経平均は大幅3日続伸(223円高) 節目20500円に迫る場面も

カテゴリー: 2019年01月09日

1/9東京市場概況をお伝え致します。


本日の日本株は朝方から買いが先行、前
日の米株市場が進行中の米中通商協議に
対する期待から買い優勢、主要3指数は
そろって3日続伸(NYダウは256ドル高)
となったことなどが好感された。
日経平均は162円高でスタート、その後
もしっかりした展開が続いていたなか、
中国・上海総合指数が上昇して始まった
ことなどが後押しとなり上げ幅拡大、前
場の取引を20455.74円(251.70円高)で
引けていた。
後場も堅調な展開は続き、前半に一時は
20494.35円(290.31円高)まで上昇する
場面が見られた。
20500円に届かず、戻り売りなどに抑え
られたかっこうだが、20400円台での落
ち着いた動きが引けまで続いた。

日経平均終値は+223.02円の20427.06円。

東証1部の出来高は13億751万株、
売買代金は2兆3104億円。

騰落銘柄数は値上がり1202銘柄、値下がり
861銘柄、変わらず65銘柄。

業種別では値上がりが29業種、値下がりが
4業種。
値上がりトップは医薬品、バルブ・紙、精
密機器。
値下がりはその他金融、不動産、証券・商
品。

日経平均は一時、節目20500円に迫る場面
があった。
米中通商協議の進展が期待される中、上海
総合指数の上昇や米株価指数先物も上昇し
ていたことなどが後押しとなったもよう。
東証1部の売買代金は2兆3000億円強程
度と、ややエネルギー不足、20500円回復
はおざすけとなった。
目先、一端は上昇一服となる可能性はある
が下値は底堅い見通し。
ここまで、為替が先月12月よりも円高方
向に振れているありに日本株は堅調で、下
値不安は解消されてきている。
日経平均の下値メドは節目20000円といっ
たところだろう。
新興市場は、ジャスダックが小幅に3日続
伸、マザーズは4日続伸、1%高となり、売
買代金は10/2以来3ヶ月ぶりの高水準だ。
バイオ関連を中心に資金が向かっており、
その他好業績銘柄を物色する流れが続いて
いる。
チャート面でのマザーズは25日移動平均
線(912.91pt)手前で足踏みとも想定される
が、下値は5日移動平均線(856.61pt)など
がサポート線。


厳選された株式情報Glove Bamboo会員様(
有料)には配信!!
その他、銘柄相談なども受け付けます。
是非ご利用ください!!

※会員費は低価格!!1ヵ月15000円。
(さらに長期契約による割引あり)
単発コースだと1銘柄3000円。

詳しくは下記のURLよりホームページにてご
確認願います!!
http://glovebamboo.jp/


**-----------------------------**

会社名:Glove Bamboo株式会社
金融庁登録番号:福岡財務支局長
(金商)第100号
加入協会:一般社団法人日本投資
顧問業協会 会員番号102-00121
URL:http://glovebamboo.jp/

**-----------------------------**


当社の提供情報、助言はお客様の利益を保証
するものではありません。

投資にあたっての最終判断はご自身のご判断
でお願い致します。

当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損
害についても一切の責任を負えませんのでご
注意願います。


助言する株式のリスクについては、次のとお
りです。

・株価変動リスク:株価の変動により、投資
元本を割り込むことがあります。

また、株式発行者の経営・財務状況の変化及
びそれらに関する外部評価の変化等により、
投資元本を割り込んだり、その全額を失うこ
とがあります

・株式発行者のリスク:市場環境の変化、株
式発行者の経営・財務状況の変化及びそれら
に関する外部評価の変化等により、売買に支
障をきたし、換金できないリスクがあります
(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り
込むことがあります。

・信用取引リスク:信用取引や有価証券関連
デリバディブ取引においては、委託した証拠
金を担保として、証拠金を上回る多額の取引
を行うことありますので、上記の要因により
生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本
超過損が生じる)ことがあります。


**-----------------------------**



ついでに読みたい

他のメルマガを読む