”超越トレード富への道しるべ”-株式ニュース&注目銘柄を無料で紹介-

【メルマガ特典】GloveBambo推奨銘柄を公開。

カテゴリー: 2018年12月16日

☆無料メルマガ特典☆ (毎週日曜日に配信)


無料メルマガ特典として、GloveBamboo(有料
サービス)にて推奨中の1銘柄を公開致します。


【公開する銘柄は シルバーライフ<9262> 】
業種:小売り。
マザーズ 100株単位。

シルバーライフ<9262>は高齢者世帯向けに
配食サービスを展開している企業、主に調
理済み食材や健康志向の高い冷凍食品など
を自宅まで届けるサービスを展開している。

GloveBambo(有料サービス)においては、中
期銘柄として推奨(目安1ヶ月-3ヶ月)。
12/13推奨配信、14日に5700円-5750円で試
し買い(打診買い)で買い参戦となりました。

【推奨理由】
先日(10日)に発表された決算では、フラン
チャイズ加盟店の増加や高齢者施設などの
契約数が増加した事などから、19年7月期
第1四半期(8-10月)の経常利益が前年同期
比80.3%増加となり躍進、今後も業績を伸
ばすと期待されるマザーズの好業績銘柄。
また、2019年10月からの消費税増税と共
に導入予定となる軽減税率に関しても、
シルバーライフ<9262>は食料品の宅配事
業を中心に展開していることから軽減税
率対象、これも追い風になると見られる。
中期推奨ではありますが、長期的にも高
齢者関連、消費税増税関連としてテーマ
性もあり、注目度の高い銘柄と言えるで
しょう
テクニカル面でも上昇トレンド転換の動
きが見られ、14日に買い参戦とさせて頂
きました。

【直近の株価動向】
14日終値:5800円(前日比+220円+3.94%)。
直近、ここまで上値抵抗と意識されてい
た日足一目均衡表の雲上限(5727円)を14
日の取引で突破。
また、今週に週足ベースの移動平均線チ
ャートの26週線(5272円)を回復となり、
上昇トレンド転換が意識される。

【今後の見通し】
日足一目均衡表の雲突破、週足ベースの
移動平均線チャート26週線回復となり、
上昇トレンド転換。
節目6000円回復を試して6500円どころ
までの上昇、または年初来高値7380円(
9/27)を試しにいく可能性もあるといっ
たところ。

【売買戦略】
週明けも日足一目均衡表の雲上での推移
となるようなら買い参戦。
やや短期的な過熱感が意識されるところ
にあり、一端は日足一目均衡表の転換線
(5270円)、基準線(5095円)近辺まで一端
押す可能性もあり、その水準も買いの狙
い目となる見通し。
目標株価は6500円、年初来高値7380円(9
/27)水準7000円どころに設定。
損切り(ロスカット)は、4900円割れをメ
ドに現時点では見ております。


以上、今週の【無料メルマガ特典】とな
ります。
週明けのトレードのご参考にして頂けれ
ば幸いです。

公開させて頂いた銘柄のフォローメール
を、今後も受けたい場合は、GloveBambo
o(有料サービス)の期間契約コースへの
ご入会を宜しくお願い致します。

本日、推奨させて頂いた銘柄以外にも、
オススメの推奨銘柄も多数ございます。
是非、GloveBamboo(有料サービス)を、
ご利用ください、心よりお待ちしてお
ります。

GloveBambo(有料サービス)の詳細につ
いては、下記URLより、宜しくお願い
致します。
http://glovebamboo.jp/

**-----------------------------**

会社名:Glove Bamboo株式会社
金融庁登録番号:福岡財務支局長
(金商)第100号
加入協会:一般社団法人日本投資
顧問業協会 会員番号102-00121
URL:http://glovebamboo.jp/

**-----------------------------**


当社の提供情報、助言はお客様の利益を保証
するものではありません。

投資にあたっての最終判断はご自身のご判断
でお願い致します。

当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損
害についても一切の責任を負えませんのでご
注意願います。


助言する株式のリスクについては、次のとお
りです。

・株価変動リスク:株価の変動により、投資
元本を割り込むことがあります。

また、株式発行者の経営・財務状況の変化及
びそれらに関する外部評価の変化等により、
投資元本を割り込んだり、その全額を失うこ
とがあります

・株式発行者のリスク:市場環境の変化、株
式発行者の経営・財務状況の変化及びそれら
に関する外部評価の変化等により、売買に支
障をきたし、換金できないリスクがあります
(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り
込むことがあります。

・信用取引リスク:信用取引や有価証券関連
デリバディブ取引においては、委託した証拠
金を担保として、証拠金を上回る多額の取引
を行うことありますので、上記の要因により
生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本
超過損が生じる)ことがあります。


**-----------------------------**


ついでに読みたい

他のメルマガを読む