”超越トレード富への道しるべ”-株式ニュース&注目銘柄を無料で紹介-

【3/23 東京市場概況】日経平均は4日ぶり反発 一時19000円割れも底堅く小じっかり

カテゴリー: 2017年03月23日

みなさん、本日もお疲れ様でした。
3/23東京市場概況をお伝え致します。


前日の米株市場が高安まちまちとなったなか、
為替ドル/円が円高方向に振れていたことが重
しとなり、外需関連株が軟調な展開、日経平
均は一時、節目19000円を割れた。
しかし、内需関連株が堅調に推移、円高が一
服したことから、底堅く推移し、日経平均は
プラス圏に浮上し前場の取引を終えていた。
後場に入っても小じっかりとした展開は続き、
大引け間際には、この日の高値19105.11円
(前日比+63.73円)を付けた。
参院予算委員会で、学校法人「森友学園」の
籠池氏の証人喚問が行われたが、その影響は
限定的だった。

日経平均終値は+43.93円の19085.31円。

東証1部の出来高は17億8963万株、
売買代金は2兆1905億円。

騰落銘柄数は値上がり824銘柄、値下がり
1037銘柄、変わらず149銘柄。

業種別では値上がりが17業種、値下がりが
16業種。
値上がりトップは石油・石炭、鉱業、不動
産。
値下がりトップはその他製品、海運、銀行。

日経平均が19000円割れとなる場面では押
し目買いが入り、底堅い展開となった。
ただ、直近の下落幅が大きかったことを考
えると戻りは鈍い。
現地時間23日に行われるとされる米議会
下院の医療保険制度改革(オバマケア)見直
し法案採決に関心が強く様子見姿勢といっ
たところ。
結果によってはトランプ大統領が意欲を見
せている大規模なインフラ投資などの経済
政策の実施が遅れる可能性があり、否決で
米株安や円高が進むと、日本株も影響は避
けられない。
日経平均はテクニカル面でも75日移動平
均線(19215円)を割れた水準で推移、一段
と下振れると約3ヶ月月続いてるもち合い
圏から下放れとなり、調整色が強まる。
主力、大型株は引き続き、手掛けにくい展
開にある。
物色対象は外部環境の影響を受けにくい内
需寄りのセクター、新興市場を中心とした
中小型が中心の展開が続きそうだ。


※厳選された銘柄情報を
Glove Bamboo会員様(有料)には配信!!
その他、銘柄相談なども受け付けます。
是非ご利用ください!!

会員費は低価格!!1ヵ月15000円。
(長期契約による割引あり)

詳しくは下記のURLよりホームページにて
ご確認願います!!
http://glovebamboo.jp/

**-----------------------------**

会社名
Glove Bamboo株式会社

金融庁登録番号
福岡財務支局長(金商)第100号

加入協会
一般社団法人日本投資顧問業協会
会員番号102-00121

**-----------------------------**

当社の提供情報、助言は
お客様の利益を保証するものではありません。

投資にあたっての最終判断は
ご自身のご判断でお願い致します。

当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損
害についても一切の責任を負えませんのでご
注意願います。


助言する株式のリスクについては、
次のとおりです。

・株価変動リスク:株価の変動により、
投資元本を割り込むことがあります。 

また、株式発行者の経営・財務状況の変化及び
それらに関する外部評価の変化等により、投資
元本を割り込んだり、その全額を失うことがあ
ります 

・株式発行者のリスク:市場環境の変化、
株式発行者の経営・財務状況の変化及び
それらに関する外部評価の変化等により、
売買に支障をきたし、換金できないリス
クがあります(流動性リスク)。
この結果、投資元本を割り込むことがあります。 

・信用取引リスク:信用取引や有価証券関連デリ
バディブ取引においては、委託した証拠金を担保
として、証拠金を上回る多額の取引を行うことあ
りますので、上記の要因により生じた損失の額が
証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことが
あります。

**-----------------------------*


ついでに読みたい

他のメルマガを読む