”超越トレード富への道しるべ”-株式ニュース&注目銘柄を無料で紹介-

【メルマガ特典】GloveBambo推奨銘柄を公開。

カテゴリー: 2019年01月20日

☆無料メルマガ特典☆ (毎週日曜日に配信)。


無料メルマガ特典として、GloveBamboo(有料
サービス)にて推奨中の1銘柄を公開致します。


【公開する銘柄は クラウドワークス<3900>】
業種:情報・通信。
マザーズ 100株単位

クラウドワークス<3900>はネット上で仕事
を受発注するクラウドソーシングで国内ト
ップ級。

GloveBambo(有料サービス)においては、中期
トレード銘柄として推奨(3ヶ月を目安)。
(GloveBambooにおいては試し買い(打診買い)
(11/30)、買い増し(12/1)。


【推奨理由】
クラウドワークス<3900>はネット上で仕事
を受発注するクラウドソーシングで国内ト
ップ級。
昨年11月半ばに、定款を一部変更し、事業
目的を一部追加すると発表、レンタルオフ
ィス及びレンタルスペースの企画、賃貸、
管理及び運営事業のほか、郵便物の受取、
保管及び発送代理業務や電話応対代行業務、
電話による事務連絡の取次サービス業を加
えた。
それら発表などが好感され、週足ベースの
移動平均線チャートにおいて、上昇トレン
ド転換の形状に、株価上昇期待が高まり推
奨にいたりました。

【直近の株価動向】
18日終値:1838円(前日比+40円+2.22%)。
今月(1/9)の取引では、前日(1/8)の取引終
了後に発表した株式売り出し、希薄化など
を警戒した売りが出て大幅に値を落とす場
面が見られていた。
しかし、週足ベースの移動平均線チャート
の13週線(1573円)、26週線(1614円)などが
サポート線として機能、直近は再度、上振
れ傾向にある。

【今後の見通し】
18日の取引まで4日続伸。移動平均線チャ
ートの5日線(1778円)をサポート線に下値
しっかりのなか堅調な展開、トレンドは
上方向に向いている。
1/7の直近高値1890円超えとなれば、一段
と上方向へ振れる見通し。
節目2000円回復試し、昨年来来高値2273円
(5/21)を試す展開へ。

【売買戦略】
5日移動平均線(1778円)近辺まで押す場面
では押し目買いチャンス。
目標株価は節目2000円、または年初来高値
2273円(5/21)水準とし2000円-2300円。


以上、今週の【無料メルマガ特典】となり
ます。
週明けのトレードのご参考にして頂ければ
幸いです。

※公開させて頂いた銘柄のフォローメール
を、受けたい場合は、GloveBamboo(有料サ
ービス)の期間契約コースへのご入会を宜
しくお願い致します。

※その他、短期や中期、長期トレードの、
オススメの推奨銘柄を多数ご用意、是非
とも有料サービスをご利用頂ければと思
います。

GloveBambooのサービス形態は下記の通り。
単発コースは1銘柄3000円。
期間契約コースは下記のとおり。
-1ヶ月- 15,000円。
-3ヶ月- 40,000円(5,000円お得)。
-6ヵ月- 70,000円(20,000円お得)。
-12ヶ月- 120,000円(60,000円お得)。

GloveBambo詳細は下記URLより、宜しく
お願い
致します。
http://glovebamboo.jp/


**-----------------------------**

会社名:Glove Bamboo株式会社
金融庁登録番号:福岡財務支局長
(金商)第100号
加入協会:一般社団法人日本投資
顧問業協会 会員番号102-00121
URL:http://glovebamboo.jp/

**-----------------------------**


当社の提供情報、助言はお客様の利益を保証
するものではありません。

投資にあたっての最終判断はご自身のご判断
でお願い致します。

当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損
害についても一切の責任を負えませんのでご
注意願います。


助言する株式のリスクについては、次のとお
りです。

・株価変動リスク:株価の変動により、投資
元本を割り込むことがあります。

また、株式発行者の経営・財務状況の変化及
びそれらに関する外部評価の変化等により、
投資元本を割り込んだり、その全額を失うこ
とがあります

・株式発行者のリスク:市場環境の変化、株
式発行者の経営・財務状況の変化及びそれら
に関する外部評価の変化等により、売買に支
障をきたし、換金できないリスクがあります
(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り
込むことがあります。

・信用取引リスク:信用取引や有価証券関連
デリバディブ取引においては、委託した証拠
金を担保として、証拠金を上回る多額の取引
を行うことありますので、上記の要因により
生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本
超過損が生じる)ことがあります。


**-----------------------------**



ついでに読みたい

他のメルマガを読む