”超越トレード富への道しるべ”-株式ニュース&注目銘柄を無料で紹介-

【12/19 東京市場概況】日経平均は続落(127円安) 節目21000円割れで大引け

カテゴリー: 2018年12月19日

本日もお疲れ様でした。12/19東京市場概況を
お伝え致します。


前日の米株市場は主要3指数そろって上
昇で引けていたが、荒い値動きが続き、
NYダウの上昇幅も82ドル高の小幅なも
のにとどまっていた。
その他、為替ドル/円も円高方向にあっ
たことなども嫌気され、本日の日本株は
朝方から売りが先行した。
日経平均は早々に節目21000円割れとな
り、20880.73円(234.72円安)まで値を
下げる場面が見られた。
その後、押し目買いが入り下げ渋り、プ
ラス圏に浮上する場面も見られたが、買
いは続かず、再びマイナス圏に沈み、前
場の取引を終えたいた(前場終値は21025
.10円(90.35円安)。
前場を節目21000円を維持して引けてい
た日経平均だったが、後場は水準を切り
下げて20900円近辺でもみあう展開、地
合いは悪かったが売り急ぐ動きは無く、
米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表
などを控えて様子見姿勢の面が強かった。

日経平均終値は-127.53円の20987.92円。

東証1部の出来高は17億3903万株、
売買代金は2兆8046億円。

騰落銘柄数は値上がり883銘柄、値下がり
1171銘柄、変わらず75銘柄。

業種別では値上がりが9業種、値下がりが
24業種。
値上がりは空運、建設、精密機器など。
値下がりトップは鉱業、電気・ガス、石油
・石炭。

日経平均が続落、節目21000円割れとなる
などさえなかったいっぽうで、新興市場の
マザーズが反発となった。
直近の下落からの自律反発の域は脱してい
ないが、底打ち感が意識されてきている。
注目されたフトバンク<9434>は、公開価格
を下回っての初値、その後もじり安基調、
公開価格割れとなったが、センチメント悪
化限定的、そのいっぽうで売買高は2億7
000万株を超える大商い、換金売りに伴う
市場への資金還流も意識され、後押しとな
りそうだ。
日経平均に関しても、米FOMCの結果を受
けて米市場に大きな波乱が無ければ、イベ
ント通過による安心感から底打ちへと期待
されるところ。
その他、英国ではEU離脱を巡る2度目の
国民投票を求める声が高まっていると伝
えられており、金融市場の混乱を避ける
動きが意識されてくる可能性がありそう
だ。


厳選された株式情報Glove Bamboo会員様(
有料)には配信!!
その他、銘柄相談なども受け付けます。
是非ご利用ください!!

※会員費は低価格!!1ヵ月15000円。
(さらに長期契約による割引あり)
単発コースだと1銘柄3000円。

詳しくは下記のURLよりホームページにてご
確認願います!!
http://glovebamboo.jp/


**-----------------------------**

会社名:Glove Bamboo株式会社
金融庁登録番号:福岡財務支局長
(金商)第100号
加入協会:一般社団法人日本投資
顧問業協会 会員番号102-00121
URL:http://glovebamboo.jp/

**-----------------------------**


当社の提供情報、助言はお客様の利益を保証
するものではありません。

投資にあたっての最終判断はご自身のご判断
でお願い致します。

当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損
害についても一切の責任を負えませんのでご
注意願います。


助言する株式のリスクについては、次のとお
りです。

・株価変動リスク:株価の変動により、投資
元本を割り込むことがあります。

また、株式発行者の経営・財務状況の変化及
びそれらに関する外部評価の変化等により、
投資元本を割り込んだり、その全額を失うこ
とがあります

・株式発行者のリスク:市場環境の変化、株
式発行者の経営・財務状況の変化及びそれら
に関する外部評価の変化等により、売買に支
障をきたし、換金できないリスクがあります
(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り
込むことがあります。

・信用取引リスク:信用取引や有価証券関連
デリバディブ取引においては、委託した証拠
金を担保として、証拠金を上回る多額の取引
を行うことありますので、上記の要因により
生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本
超過損が生じる)ことがあります。


**-----------------------------**



ついでに読みたい

他のメルマガを読む