玉露日本一!星野村から自明灯のすゝめ

子供に良い刺激を与える!

カテゴリー: 2013年07月31日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013.7.31 星野村から「自明灯」のすゝめ 027号

★子供に良い刺激を与えるには?

           NPO法人星野村里山ツーリズム協会 山口浩久
                   http://www.h-yamaguchi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは、

「少子高齢化が進む地方の農山村地域への一筋の光を灯したいという思い」
を基本ベースにし、進めていきます。

大学卒業後、12年間の証券会社勤務を経て郷里へ戻り、ゼロからの創業体験、
村議会議員の経験してきました。

その中で閉鎖的な地域社会との関わり、

人と人とのつながりの中で見えてきたもの?

農山村が生き残るためには何が大切なのか?

これらを私なりの言葉で発信できたらいいな~と思っています。

---------------------------------------------------------------------

◆大変久しぶりのメルマガになってしまいました。

約半年ぶりの配信です。

新年度に入って中2の娘は、大手塾の特待生となり4月から塾通いが始まりました。
現在は、夏季講習期間中です。

又、小3の息子も春期講習を体験し、現在は夏季講習に参加しています。

時間を決めて勉強する習慣は家庭でもついていましたが、それにプラスして
ライバルの存在を意識できるのが、大手塾ならではの特徴でしょうか。

塾に通わすきっかけ。それは、

本人たちのヤル気が向上しているのが垣間見えたからです。


やる気がないところに実力の向上はありえないと思います。

NPOでも「ほしの塾」で中3の塾生を対象に明後日から夏季講習をスタートさせます。

”夏を制する者は受験を制する!”と昔から言われていますが、
田舎の子供たちには、残念ながらそのひっ迫感は感じられません。

「行ける高校にいく」といった感じです。

この雰囲気を打破するためには、まずは自分の子供から意識改革をさせるのが必要だと
感じました。

「子供たちへ良い刺激を与える環境づくり」

教育者であり親である私の役目だと再認識しました。

明日から8月、夏休みも中盤になります。

子供たちの良い変化を、このメルマガでもご紹介したいと思っています。



教育に対しての親の熱意を子供に心から伝えよう!
親が変われば子は変わる!

今日も子育てを楽しみましょう!

(つづく)


※ご意見ご感想をお待ちしています。
 E-mail:info@h-yamaguchi.com

★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★
┃ 発行者 : NPO法人星野村里山ツーリズム協会(山口浩久)
★ 問い合わせ先 : http://h-yamaguchi.com/index.html       
┃ ブログ    : http://ichibanboshi.h-yamaguchi.com/ 
★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★ 

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む