F. M. Letter -フード・マイレージ資料室 通信-

【F.M.Letter No.133】


カテゴリー: 2017年12月18日
◇フード・マイレージ資料室 通信 No.133◇
 2017年12月18日(月)[和暦 霜月朔日]発行
────────────────────
◆ 2017年の振り返り
(F.M.豆知識、O. カレント、ほんのさわり)
◆ 情報ひろば    ブログ更新、イベント情報等
────────────────────
 時の流れを体感するため和暦の朔日(新月の日)と十五日(ほぼ満月の日)に配信している本メルマガ、今号が2017年の最終号になります。登録頂いている読者の皆さまには、一年間読んで下さったことに感謝申し上げます。
 本年は1月12日(木)[和暦 師走十五日]付けのNo.110から始まり、今号(No.133)を含めて24本を配信させていただきました。
 以下はコンテンツの一覧です。

◆ F.M.豆知識
 食や農に関連して、特に私たち消費者にちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるようなデータのかけらを、毎回一つずつ、コツコツと紹介してきました。
 http://food-mileage.jp/category/mame/

(No.110)5人に4人が『食料品の値上がりが家計に影響』
(No.111)低成長の中での格差拡大
(No.112)本当に「物の豊かさ」より「心の豊かさ」か
(No.113)相対的貧困率と可処分所得の推移
(No.114)「風評被害」に関する消費者意識
(No.115)高まる都市住民の「田園回帰」願望
(No.116)都市住民は農山漁村地域とどのように関わりたいか
(No.117)木材自給率等の推移
(No.118)若返る林業就業者
(No.119)都市緑地の浸水被害防止効果
(No.120)増加する新規就農者
(No.121)小規模農家の生産性
(No.122)消費者への直接販売に取り組む農家
(No.123)低下する卸売市場経由率
(No.124)米の配給量と戦後の米消費の推移
(No.125)食料の海外依存率の推移
(No.126)東京農業の特徴と底力
(No.127)過疎地域に移住する若い世代
(No.128)移住希望地域ランキング
(No.129)新規参入者が就農した理由
(No.130)地域における食事会等への参加意向等
(No.131)避難者の推移と現状
(No.132)世界各国の森林率

◆ オーシャン・カレント -潮目を変える-
 食や農の分野について先進的かつユニークな活動に取り組んでおられる方や、食や農に関わるトピックスを紹介してきました。
 http://food-mileage.jp/category/pr/

(No.110)ロータス寺市
(No.111)まさひこさん(桂政彦さん)
(No.112)眞鍋じゅんこさん
(No.113)ばばらあやかさん
(No.114)ふくしま 新発売。
(No.115)塩見直紀さん
(No.116)おいしいお野菜届け隊(US.Peace)
(No.117)みどりの日
(No.118)舘野廣幸さん(舘野かえる農場)
(No.119)「乃庭」(東京・檜原村)
(No.120)オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村(名古屋)
(No.121)小農学会
(No.122)かんちゃんファーム体験農園
(No.123)スマホアプリ「ポケットマルシェ」
(No.124)都庁職員食堂(西洋フード・コンパスグループ)
(No.125)2016年度の食料自給率
(No.126)江戸コン育成講座総合コース
(No.127)谷内(赤木)美名子さん
(No.128)山梨・上野原市西原(さいはら)地区
(No.129)こじまんさん(山梨・北杜市)
(No.130)共奏キッチン♪
(No.131)までいライフ
(No.132)Present Tree

◆ ほんのさわり
 食や農の分野を中心に、考えるヒントとなるような本の「さわり」を紹介してきました。
 http://food-mileage.jp/category/br/

(No.110)宇根豊『農本主義のすすめ』
(No.111)祖田修「鳥獣害」
(No.112)高坂勝「次の時代を、先に生きる。」
(No.113)テツオ・ナジタ「相互扶助の経済」
(No.114)畑村洋太郎『未曾有と想定外』
(No.115)荻原 浩『ストロベリーライフ』
(No.116)速水健朗『フード左翼とフード右翼』
(No.117)三浦しおん『神去なあなあ夜話』
(No.118)飯田泰之ほか『地域再生の失敗学』
(No.119)松瀬学『東京農場-坂本多旦 いのちの都づくり』
(No.120)浅見彰浩『ぼくが百姓になった理由』
(No.121)山下惣一『小農救国論』
(No.122)ほんのさわり 國分功一郎『暇と退屈の倫理学』
(No.123)本田由紀「社会を結びなおす」
(No.124)野坂昭如『火垂るの墓』
(No.125)岩手県農村文化懇談会 編『戦没農民兵士の手紙』
(No.126)植木美江『7色野菜の便利図鑑』
(No.127)小田切徳美ほか『田園回帰がひらく未来』
(No.128)山本紀夫『ジャガイモのきた道』
(No.129)垣谷美雨『農ガール、農ライフ』
(No.130)伏木亨、山極寿一『いま食べることを問う』
(No.131)守友裕一ほか『福島 農からの日本再生』
(No.132)宮脇 昭『森の力 植物生態学者の理論と実践』

◆ 情報ひろば
 拙ウェブサイトやブログの更新情報、食や農に関わる各種イベントの開催情報等をお届します。

▼ 拙ブログ「新・伏臥慢録」更新情報
○ 「Present Tree in ひろの」交流イベント[12/9]
 http://food-mileage.jp/2017/12/09/blog-63/

○ 福島の農業の現場から(菅野瑞穂さん)[12/12]
 http://food-mileage.jp/2017/12/12/blog-64/

○ ぶらり比企の歴史旅[12/15]
 http://food-mileage.jp/2017/12/15/blog-65/

○ 双葉ばら園の絵本を応援(結イレブン vol.48)[12/16]
 http://food-mileage.jp/2017/12/16/blog-66/

▼ 筆者が参加予定または関心のあるイベント等を勝手に紹介します。
 既に満席の場合等がありますので、参加を希望される際には必ず事前に主催者等にお問い合せ下さい。

○ 江戸東京の旬を味わう
 日時:12月23日(土・祝)15:00~18:00
 場所:豊島屋酒造(東京・東村山市久米川町3)
 主催:オギプロファーム×豊島屋酒造
 (詳細、お問合せ等↓)
 https://www.ogiproduce.com/single-post/2017/12/05/%E7%AC%AC1%E5%9B%9E-%E3%82%AA%E3%82%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%A0%C3%97%E8%B1%8A%E5%B3%B6%E5%B1%8B%E9%85%92%E9%80%A0%E3%80%8E%E6%B1%9F%E6%88%B8%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%81%AE%E6%97%AC%E3%82%92%E5%91%B3%E3%82%8F%E3%81%86%E3%80%8F%E9%96%8B%E5%82%AC

○ 第169回東北食べる通信車座座談会+忘年会2017
 日時:12月25日(月)17:00~21:00
 場所:なみへい(東京・日本橋本石町4)
 主催:八幡 名子さん、高橋 博之さん
 (詳細、お問合せ等↓)
 https://www.facebook.com/events/1629920760391476/

○ 農村と都市とSDGs ~福島・浜通りから有機農業の未来を描く~
 日時:1月11日(木)18:30~20:30
 場所:国際青年環境NGO A SEED JAPAN(東京・台東区上野5)
 主催:結イレブン
 (詳細、お問合せ等↓)
 https://www.facebook.com/events/535298130174484/

○ 食農交流で地方を元気に!
 日時:1月11日(木)18:30~20:00
 場所:毎日新聞東京本社(東京・千代田区ーツ僑1)
 登壇:大塚洋一郎さん
 主催:毎日メディアカフェ
 (詳細、お問合せ等↓)
 https://mainichimediacafe.jp/eventcal/?yy=2018&mm=1#l3810

────────────────────
*今号のコツコツ小咄。
「討ち入りするとなれば、ご家老様に賃上げと危険手当を要求せねば」
「労使(浪士)交渉ですな」
 http://food-mileage.jp/category/iki/

* 次号No.134は明年1月1日(月)、和暦 霜月十五日の配信予定です。元旦が十五夜と重なります。
 明年もより役立つ情報発信に努めていきたいと考えていますので、読者の皆さまのご意見、ご要望をお聞かせ頂ければ幸いです。

* 和暦については、高月美樹さん『和暦日々是好日』を参考にさせて頂いています。
 いつもありがとうございます。
 http://www.lunaworks.jp/

* 本メルマガは個人の立場で配信しているものであり、意見や考え方は筆者の個人的なもので、全ての文責は中田個人にあります。
────────────────────
◆ F. M. Letter -フード・マイレージ資料室 通信-【ID;0001579997】 
 発行者:中田哲也
 ウェブサイト「フード・マイレージ資料室」
  http://food-mileage.jp/
 ブログ「新・伏臥慢録~フード・マイレージ資料室から~」
  http://food-mileage.jp/category/blog/
 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

F. M. Letter -フード・マイレージ資料室 通信-

RSSを登録する
発行周期 月2回(和暦の1、15日:新月とほぼ満月の日)に発行します。
最新号 2018/10/09
部数 135部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

F. M. Letter -フード・マイレージ資料室 通信-

RSSを登録する
発行周期 月2回(和暦の1、15日:新月とほぼ満月の日)に発行します。
最新号 2018/10/09
部数 135部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング