【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ

この時代、今しないと後悔する3つのこと

カテゴリー: 2019年01月09日
☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆*2019.1.9***☆

【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ

  この時代、今しないと後悔する3つのこと

発行者:牧野FP事務所合同会社 代表社員 牧野寿和                    
   
牧野FP事務所 公式サイト:http://www.makino-fp.com	 

☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆*通算第332号***☆

<第332号の目次>

■ 今週のテーマ

  この時代、今しないと後悔する3つのこと

■「人生の添乗員(R)」からのワンポイントメッセージ


■「人生の添乗員(R)」牧野寿和のプロフィール


■ 編集後記


それでは、

今週のテーマからはじめます。


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

■ 今週のテーマ

  この時代、今しないと後悔する3つのこと


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*
少し遅くなってしまいましたが、

あけましておめでとうございます

本年も昨年同様、
家計に役立つことを綴ってまいります

どうぞよろしくお願いたします。


早速ですが、
今回は、私のところに相談ある事例の中で、
もっと早くから取り組んでおけばよかったのに、
でもなかなかできない、
3つのことについて順にお話をいたします。


-----------------------------------
(1)老後の生活への準備
-----------------------------------
まずはひとつ目です。

私の年齢から言っても、
同級生や
会社に勤務していた時の
同僚、先輩や後輩からも
相談を受ける事項でもあります。
一言で言うと、

「老後の生活への準備」です。


今までも、
退職をした後に、
老後の生活の準備をはじめては遅いことは、
すでに何度もお話をしています。


なぜなら、
老後の生活を考えないで退職をしたら、

確かに退職後の2,3年は

在職中には長期の休暇が取れずに行けなかった、
旅行にも行くことができるでしょう。

旅行に行くことが好きで、
資金的にも余裕のある方なら、
旅行をライフワークとして、
老後を過ごしていくことも、
方法のひとつと言えるでしょう。


しかし、旅行に行くことに飽きてしまう。
体力的に限界がある
資金的にも続かない。

そうなってから、
老後の生活で何をするのかを考え始めては、
その時点から、
5年くらいはすぐに経ってしまいます。

また、老後の家計収支を大局的にみて、
年金のみで生活が成り立つ方は
まだ良いのですが、
貯蓄を取り崩しながら生活をする方には、
蓄えがいつ枯渇してしまうのか、
いつまで先の見えない生活が続くのか、

心身ともに不安になって、
旅行に行くどころではない、
とは、よく言われるところです。


そうならないために、
現役中に、老後の生活設計を創っておき、
退職後は、すぐにその設計に従って
生活をしてみることです。

いくら、設計をしておいても、
その通りに最初から必ずしもうまく行くとは限らず、
より快適な生活をするための改善も出てくるでしょう。

しかし、設計をしておくことによって、
資金的な先を見通せる準備が出来ているので、

むしろ設計変更を楽しむことさえできる
老後の人生を送ることができるでしょう。


この老後の設計は、
遅くても50歳になったら初めて、

60歳以降の
再雇用の時期には試し運転を始めて、
実際の老後の生活に対応するための試行錯誤をしておき、

老後の生活の本番に備えても良いでしょう。


----------------------------------------
(2)現金それともスマホで支払う
----------------------------------------
次に、現金それともスマホで支払うか?

これは、老後の生活に限らず、
身近な課題として、
所得のある方すべての方に言えることです。

今年は、
10月に消費税税率の引き上げが予定されています。

それと同時に現金ではなく、
クレジットカードやスマホでの支払いが
普及しそうです。


現在でも、一部現金払いを含めて、
現金以外で支払えば、
ポイントがついたり
何パーセントかの割引をしてもらったり
してもらえるシステムがあります。


今後、ポイントや割引がどの程度定着するかは、
別の問題として、
より家計に有利なシステムを探して利用することが、
今年に限らず、
今後の家計収支に影響を及ぼすでしょう。

少なくとも、
現金で支払った時に、

レシートや領収書を受け取らなかったり、
家計簿を付けてなかったり
家計への入金も記録していない

このような家計の場合は、

スマホなど現金以外で決算した時の、
使途不明金などがなくなり
家計収支が明確になり
節約の効果もあるかもしれません。

時代の流れに即しながら、

現金以外で、
ご自身や家計に適した決済方法を
確立する年にもなります。


-------------------------------
(3)根拠を知って行動する
------------------------------
最後に、なぜそのようにするのか、
根拠を知り納得して行動することが、
より重要になります。

手前味噌だとは自嘲気味にお話ししますが、

ある日の新聞に、
・教育
・健康
・相続対策
・資産運用
・企業業績 など、

人が生活をしていく上で関わる、
あらゆる面の、
記事や広告が掲載されていました。


ほとんど毎日、
何らかの新しい事項が掲載されており、
新聞は情報の宝庫だといえます。


しかし、
私のところに相談にみえる方のなかにも、

あの新聞に書いてあった、
あの著名な作家が本で言っていた。

だから正しい。

確かに、間違ったことを言ってはいないでしょう。


ただ、ご注意いただきたいのは、
あなたにマッチした事項がということです。


端的な例として、
老後の生活資金を貯めるために運用する
金融商品を選ぶのに、

投資信託の商品が良いと、
新聞の特集記事に掲載されていても、

その人が
「投信信託」の知識がまったくなく、
元本保証がない意味を理解出来ないのであれば、

投資信託での運用は、
その方にとっては、
ストレスが溜まり体調に変調を及ぼす行為であり
いくら手元に余剰資金があっても
するべきではないでしょう。

ことしも情報はますます市中に氾濫しますので、
ご自身にとって、
確実に有益な情報を得るチャンネルを
見つけておくことも必要です。


以上の3つのことに該当される方は、

私がここでお伝えした提案を
すぐには実行できないかもしれません。

しかし、早かれ遅かれしておいた方が良いことばかりです

そこで、すぐにでも行動を起こして、
むやみに心配することのない
家計の構築を始めていただきたいと思う次第です。


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:
■「人生の添乗員(R)」からのワンポイントメッセージ
*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

当たり前のことを
当たり前にすればいいのですが、

それがますます難しくなるのが今年です


まずは、生活に係ることから始めましょう!


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:
■人生の添乗員(R)牧野寿和のプロフィール
*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

日本で唯一「人生の添乗員(R)」を名乗れる

公正中立な独立系ファイナンシャルプランナー

開業16年目

1958年 名古屋市生まれ、大学(東海大学卒業)以外は、名古屋で生活をする。

1982年~2001年 旅行会社に勤務。業務で世界各地を廻っていた時、
日本の方と他の国の方々のお金との付き合い方の違いを感じていた。
そんな時渡米した折に、初めてファイナンシャルプランナーの存在を知り、
日本でもこの業務の必要性を認識する。

2003年 牧野FP事務所を創業。
2018年から牧野FP事務所合同会社を設立。

これまでに、延べ900件以上の様々な相談に対応。

現在は、相談者へのプランニングの助言と提案を主な業務とし、

相談者に、安心できる生活が送れるように、

丁寧な業務を心がけている。

<保有資格>
・NPO法人日本ファイナンシャルプランナーズ(FP)協会CFP(R)認定者
・1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)
・福祉住環境コーディネーター
・総合旅行業務取扱管理者 など



<取材協力>
メ~テレ(名古屋テレビ)「UP!」

<出版>
「銀行も不動産屋も絶対教えてくれない! 頭金ゼロでムリなく家を買う方法」河出書房新社


なぜ、「人生の添乗員(R)」なのか?

詳しいプロフィールはこちらから
http://www.makino-fp.com/documents/fpmakino_009.pdf



現在、相談を受けている方は、名古屋市内はもとより
愛知、岐阜、三重県、
ご紹介をいただいて、首都圏や関西にも
足を延ばす機会が増えてきました。

「人生の添乗員(R)」どこまでも行きます。


相談者にとって、他人を気にすることなく、
ご自身にとって
有益な提案を心がけています。



*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:
■編集後記
*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

誰にとっても
当たり前のことをするとしないか

家計簿を付けるかつけないか

家計簿を付けるにしても
小遣い帳程度ものか、
有料ソフトやアプリを購入するのか


お金をかけてもかけなくても、

ご自身の家計のお金が廻って
増えていく仕組みを創ればよいのであって、

その仕組みは、
他の家計と同じなくても良いのです。


ご自身の家計にあった
家計収支をカスタマイズしていく。


今年はこんな年になるのではないでしょうか!



【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ

今年もご愛読のほど、
よろしくお願い申し上げます。



「人生の添乗員」「人生の行程表」は牧野寿和の登録商標です



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ

発行:
 牧野FP事務所合同会社 代表社員 牧野寿和
 〒467-0823 名古屋市瑞穂区津賀田町2-86


■登録・解除は、ご自身でお願いいたします。
こちらから出来ます。
http://www.mag2.com/m/0001575058.html


■本メルマガに関するご意見・お問い合わせはこちらまで
お願いいたします
 E-MAIL:makino.fp@beach.ocn.ne.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
牧野FP事務所合同会社 公式サイト:http://www.makino-fp.com
 
------------------------------------------------------------------------

■記事内容に関してのトラブル等について当方では一切責任を負いかねます。
ご自身の責任でご判断下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ

発行周期: 週刊 最新号:  2019/03/13 部数:  105部

ついでに読みたい

【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/13 部数:  105部

他のメルマガを読む