豪シドニーでボディーガード経験のある護身のプロが絶対使える護身術を教授!

ストーカー事件続発。警察機関の位置付けを再確認し自己防衛を!

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 [豪シドニーでボディーガード経験のある護身のプロが絶対使える護身術を教授!]
  
    禅・水心流空手道拳誠会館/SSRセルフディフェンス師範統括 河合主水


 このメルマガでは、誰でも絶対使える超合理的護身術を紹介していきます。これら紹介していく護身術は私自身の経験を元に作られております。

  
 私はオーストラリアはシドニーにてセキュリティー・アカデミーを卒業後、通常警備業務をはじめ、要人・邦人企業幹部のボディーガード、現地ブローセルでの用心棒まで幅広く活動してきました。
 それとは別に現地での空手及び護身術指導、現地での治安調査、犯罪潜入調査、麻薬実態調査まで行ってきました。

 現在、これらから培った護身ノウハウをネット上にて無料公開しております。

 メルマガでは、身近で発生している事件を元に生の情報をお届けしたり、公式サイトでは紹介されてない最新護身技術なども公開していく予定です。

 また、不定期発行とさせて頂きます。


  SSRセルフディフェンス 誰でも出来る護身術を教授!
  http://www.zenssr.com/sfddeli.htm

  護身具販売店 SSRセルフディフェンス(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒・防護盾・防刃防弾ベスト各種)       
  http://ssrselfdefense.on.omisenomikata.jp/

    対野獣護身術 SSRセルフディフェンス(住宅地における対野獣被害・登山、ハイキング、キャンピングの際の対野獣護身術)
  http://www.geocities.jp/suishin_ryu/bearsfd.htm
 
  禅・水心流公式サイト http://zenssr.com

  河合主水ブログ http://ameblo.jp/ssrmondo/

  誰でも出来る護身術講座 http://zenssr.com/ssrsgoshin.htm 

    女性の為の護身術講座  http://zenssr.com/ladiesgoshin.htm

  子供の為の護身術講座  http://zenssr.com/komodoself.htm

  お父さんの為の護身術講座  http://zenssr.com/daddysfd.htm

  知っ得!護身具講座    http://zenssr.com/goshingu.htm

  対通り魔護身術講座    http://zenssr.com/torimajiken.htm

  対ストーカー護身術講座  http://zenssr.com/stalkertaisaku.htm

  河合主水の治安コラム   http://zenssr.com/chiancolumn.htm

  シドニー治安調査     http://zenssr.com/mondoinvestigation.htm

  豪州治安事情       http://crimeinfo.blog.shinobi.jp/




 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇14/5/23


 お待たせいたしました!多忙の為記事遅れました。SSRセルフディフェンスの河合主水です。

 現在、各サイト管理しておりますがHP、ブログ、メルマガであればどちらかというと、ブログの方を重点としております。しかしながら、メルマガの記事はブログとは違った形の情報を発信したいと思いますので、これからも宜しくお願い致します。

 さて、前回もお伝えしましたが、私、河合主水は護身具販売店を運営することになりました。護身具大手のTMM社様との正規代理店契約により、TMM社護身具の代理販売が出来るようになりました。また、同時に日本護身用品協会の正規会員となりました。

 国内初の武術・護身のプロが行う護身具販売店です。

 護身具購入お問い合わせ>>>suishin_ryu@yahoo.co.jp

 護身具販売店 SSRセルフディフェンス(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒・防護盾・防刃防弾ベスト各種)       
 >>>http://ssrselfdefense.on.omisenomikata.jp/


 
 では本題です。

 昨今、いろいろな事件がありますが(本当に止め処ないですね)、中でも未だにストーカー事件は無くなりません。それもストーカーによって刺されたり重傷を負うケースが多いようです。

 私はHPやメルマガ、ブログにて何度も書いていますが、警察を100%頼るのは絶対に間違っている、という事です。

 ストーカー事件における警察機関の位置付けとは、主に警告、そして度を越した場合の(実害のあった場合の)ストーカー検挙です。

 決してストーカー事件を防止するものではありません。ストーカーを止めましょう!と啓発はしますが、直接的に止めることではありません。いや、正確には出来ないのです。
 
 そう、実害がなければ警察は動けないのです。

 例えば、ストーカーがストーキングメールを物凄い回数送信したとか(これについても明らかにストーカー行為だと分からなければいけないし)、何度も付きまとい行為をあからさまに行ったとか、暴力行為等を仄めかしたりとか、などです。

 そして残念な事に上記の事を行ったとしてもすぐ検挙とはなりません。相手に対してストーカー止めなさいよ!と警告を与えるだけなのです。

 では、仮に警告を与えたとしましょう。ストーカーがそのままストーキング行為を止めると思いますか?
 
 止めていないからこういったストーカー凶悪事件が発生しているのです。ストーカーは警察から警告を受けたら「もうやりません」と言うでしょう。そして時間差でパトロールの合間を縫って被害者宅を襲撃してくるのです。

 最近発生した事件を見てみましょう。

 ケース1.大阪市平野区にてスナック店員が刺殺されたストーカー殺人事件

 これは馴染みの客に被害女性が殺害された事件ですが、ストーカー被害を出し、犯人に警察は警告を出しています。犯人は「もうやりません」と嘘を話し、その後殺害計画を立て、実行に移しました。
 そして事実は、ストーカー警告を受けた犯人が激怒し、被害女性に「警告申し出撤回」を求めたところ応じなかった事から殺害に発展した事が分かりました。

 ようは警察の警告が裏目に出た結果となったのです。

 以前、逗子ストーカー殺人事件で警察が警告を発し、その後、警官がストーカー宅へ出向き逮捕となった際、被害者の住所と氏名を読み上げてしまった経緯がありますが、それとよく似ています。この事件ではそこから足がつき(犯人が探偵に調査させた)被害女性は殺害されました。

 
ケース2. 愛知県丹羽郡の住宅にて一家3人がストーカーに刺された刺傷事件

 長女の元交際相手(以下犯人)から復縁を迫られ、危険と見た両親が警察へ相談。警察は再三にわたって警告を行うも、犯人は長女への想いを募らせ、長女が潜伏先のホテルから帰宅した所を見計らって襲撃。長女、両親3人全員を刺しました。

 こう事件を見ていくと、警察にストーカー犯罪の進展を求めていく方がどうかしていると感じます。

 そう、警察への警告依頼は一応何かあった場合の「保険的な役割」でしかないです。重要なのは、被害者側がいかに自身で身を守るか、です。
 警察へ相談しても、軽度ストーカーならば警察は動けない。警告するだけです。

 そして、仮に重度ストーカーで被害者が襲われ、ストーカーが逮捕されたとしても、出所してまた被害者を襲うケースも十分考えられます。
 どちらに転んでも被害者側が自身で身を守ることには変わりありません。

 
 防犯カメラの設置、催涙スプレーの所持及び設置(大型は自宅設置、小型から中型は所持=実害があり(正当な理由)女性(弱者)であれば100%軽犯罪法に触れません)、興信所=探偵を利用したストーカーの動向調査(相手の動きを知ります)。
 また、状況によっては(襲撃・放火等の危険性)一時的にシェルター(避難場所)への移動も考慮した方が良いです。そして、被害者本人だけでなく、家族の命も危険に晒されるので、同様に護身具の常備を行いましょう。

 ストーカーをされたら、逆に相手をストーキングするつもりで望まないと後手に回ってしまう事を覚えておきましょう。

 以上の事に重点を置いて身を守って下さい!

 では、日々の危機管理に勤めて下さい!次に狙われるのはあなたかもしれません。


 
 ブログにて超実戦護身術を公開しています!ぜひ、どうぞ!

「超実戦護身術専門家、河合主水の"護身"ブログ」

 http://ameblo.jp/ssrmondo

 護身具販売はこちら!護身のプロが販売しています!日本護身用品協会正規会員!
 護身具販売店 SSRセルフディフェンス(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒・防護盾・防刃防弾ベスト各種) 
      
 http://ssrselfdefense.on.omisenomikata.jp/


-----------------------------------------------------------------------

 最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

-----------------------------------------------------------------------


発行者:河合主水
( SSRセルフディフェンス師範、禅・水心流空手道拳誠会館館長 ) 

発行者サイト
「SSR セルフディフェンス 誰でも出来る護身術を教授!」

 弱者が使える超合理的護身術をプライベートにて教授しております。受講地は東海地方、岐阜県岐阜市ですが、受講者は日本全国から来館しております。数々の受講例を掲載していますので参考して下さい!

↓こちらです↓
http://zenssr.com/sfddeli.htm

発行者ブログ
「超実戦護身術専門家、河合主水の"護身"ブログ」

http://ameblo.jp/ssrmondo

ついでに読みたい

他のメルマガを読む