みどりの暮らしin東海

持続可能な生活を東海から

カテゴリー: 2018年09月01日
==================================================================
  …■ ・ ■ ・ ■… みどりの暮らし in 東海…■ ・ ■ ・ ■…
=== 2018.9.1=============================================(第78号)

言論カフェ「震災について」
  9月1日(土)13:30~15:30 栄TV塔北東角 エーデルワイス

原発ゼロ小牧行動 9月2日(日) 10:00~小牧駅東口

街頭宣伝 河村市長は「南京虐殺否定」発言を撤回せよ!
  9月3日(月)10:15~10:45 市役所前

傍聴席を満席に
原発事故損害賠償請求訴訟・愛知岐阜
  9月7日(金)12:45 名古屋地裁西玄関付近集合

学習会「私たちはどこからきて、どこへ行くのか」
  9月21日(金) 13:30~   中村図書館・学習室(2階)
市民の選挙をつくる選挙スクール
  第4回 9/22 (土) 実践編。さあ、街へ出てみよう!
          名古屋市教育館・第1研修室
          講師:宮部彰さん(緑の党グリーンズジャパン運営委員)
          参加費:議員2,500円、一般1,000円

号外おじさんと語ろう
  9月25日(火)14:00~16:00 東区生涯学習センター 第1
   
━━━━━━━━━━━━━━━━≪ 目 次 ≫━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 今こそ温暖化対策を
■2■ 学校教室へのエアコン設置について   
■3■ エアコンなしでも暑さはしのげる
■4■ 石破氏の「正直、公正」は嘘ではない
■5■ アベノミクスは大失敗、しかし私たちには憲法9条がある
==========================================================================
■1■ 今こそ温暖化対策をしないと大変なことになる        尾形恵子
酷暑の折、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
多治見で40度を超えただけでなく、名古屋でも40度に達する暑さです。
環境省が出した2100年気温予測は、東京・名古屋でも44度になると恐怖の予言をしてい
ます。温暖化によるフェーン現象に加えて、名古屋など都市部のヒートアイランド現象がひ
どくなっているのでしょう。
災害レベルの暑さということで冷房を使うよう奨励されていますが、今こそ温暖化対策に
真剣に取り組まないと大変なことになります。
それでも、中部電力管内に電力供給、問題なしとのニュースを見ました。
炎天のおかげで、太陽光発電が活躍するからです。
(1)再生可能エネルギーの利用 (2)エネルギー消費を減らす工夫  
皆さんから、上のような温暖化対策などについてお考え、アイデアを教えてください。
私は、全国の緑の党で取り組んでいる「経済と税」ワーキングチームや会員発プロジェクト
「脱原発っていいね」の中で、「環境税と社会保障と持続可能な経済」について調べていま
す。
皆さんからのアイデアをいただけると幸いです。

■2■ 学校教室へのエアコン設置について         運営委員会報告から
 小・中のエアコン整備検討は、6月の県教委調査では19市町村であったが、7月は41市
町村になった。名古屋市は、2015年度に市立小中学校の普通教室へのエアコンの設置を完
了したが、(設置率100%)特別教室はまだ100%ではない。
井上氏は多治見市長に、学校の必要な教室にはエアコンを性急に設置するように要求し
ていた。たとえば、3階(最上階)の教室、学童保育の教室など。市長は5か年計画で設置
するとしていたが、多治見市で40度を超える猛暑をきっかけに、ネット炎上し盆踊り大会
で市長は、前倒しして設置すると発言することになった。
林氏は、あま市長に手紙を送り、早急に学校にエアコンを設置するように要請した。
 こういう議員的発想には、批判的な緑の仲間も多い。
・必要なエアコン使用はすべきだが、多くの場合、設定温度が低すぎる。28度といわず、
30度に設定して「普通の暑さ」にすべき。エアコンがないと耐えられない体になってし
まわないように。
・夏休みを早くする措置をすべき。
・諸外国と比較すると、日本の学校の夏休みは短い。一方、休みを増やすと授業数が減り、
学力低下の懸念が起こる。学校教育の改善は別途必要だ。また、共働き家庭や、学校給食
に頼る貧困世帯の子どもは困る。
・学童保育所を増やし値段を下げると、夏休みだけの参加児童も増え、難民収容所のような
状態になる。ますます待機児童が増えるという状況になる。指導員の数も待遇・給料も十
分ではないから。
・スウェーデンなどでは、親が働いている働いていないに関わらず、社会教育として学童保
育が充実している。
・この猛暑は、命に係わる暑さであり緊急事態だ。しかし、なぜこれほどの猛暑になったか、
温暖化の深刻さを認識すべき。
・エアコン室外機からの熱風が周りの温度をさらに上げていることを認識すべき。
・お金を出せばエアコンを使えるし、店舗など客を呼び込める。そのために、エアコンが買
えない人、なしで頑張っている人に余計に暑さを強いることになる。設定温度を厳しく制
限するべき。同時に、カーボンプライシングを導入して、エアコン使用をもっと高額にす
べき。
・エアコンは自分さえ涼しければという、自己中心な機器だ。
・頻繁に風呂でぬるま湯を浴びたり浸かって体温を下げるなどの工夫をしよう。昔、イラク
のバスラという、当時世界最高気温記録を持っていた町を訪れ、気温は56度だったが、
日本のようにバタバタと死亡者が出ていなかった。彼らは、暑い時間は働かない。

■3■ クーラーはおろか、扇風機もない我が家ですが、
 体調は問題ありません。書斎の温度計は最高で41度を記録しましたし、寝る時の室温が
34~35度、起床時の室温が31度ですが、ヨシズ、打ち水、首に濡れタオル、団扇で十分
ことが出来ます。
もちろん初夏から暑さに体を慣らしてきたからです。
冬の寒さでも同じことが言えます。人間は30度差くらいの温度変化に順化対応できるので
す。
マスコミや行政が毎日「クーラーのスイッチを入れましょう」とお節介な呼びかけを繰り
返しています。これに煽られて同じようなことを言う人が増えていますが、いかがなもので
しょうか。
日本社会にクーラーが普及しはじめたのは1970年代中盤です。そまでは24時間の電力
需要曲線はほとんど平らでした。
みんなが知恵と順応の力で暑い夏を乗り切っていたのです。(O氏)

ついに、名古屋39.6度と出ましたね!我が家も32度と最暑不倒?水シャワーでしのぐ
に限ります。(F氏)

■4■ 石破氏の「正直、公正」      尾畠春夫さんと同年齢のこうたろう
 8.27発売の9.10週プレ誌には石破茂vs古賀茂明対談が載るようだ。8.13「覇道の安倍
総理に挑む石破氏は小泉親子の支援を得て王道を進め」と呼びかけた古賀氏、8.15に対談
実現。8.21日刊ゲンダイも省エネ政策や原発方向性で意見一致と報じた。8.16古賀ツイッ
ターは「正直、公正」のキャッチフレーズは嘘ではないと感じたとツーショット写真を載せ
ている。乞う、ご期待だね!
 8.22日刊ゲンダイの石破「改憲」の正論by小林節も「知る権利」は筋が良いとほめる。
(自民党の改憲草案21条の次に条文を新設して「国政上の行為につき国が国民に説明す
る責任を明記」)

■5■「納得いかないアベ政治、ひとこと言いたい!みんなの演説会」での丹羽さん発言
皆さん、覚えていますか。若い皆さん知っていますか。バブル経済当時、財務省は大蔵省
と呼ばれノーパンしゃぶしゃぶという、大蔵官僚ハレンチ接待事件を起こしました。当時海
外メディアはノーパンしゃぶしゃぶを英語に訳すのに一苦労し、国内では経済一流、政治は
二流といって、笑って済ませてしまいました。ところが今やその経済も、日本は一千兆円の
債務国です。もう笑ってはいられません。
安倍政権はアベノミクスにより一定の支持率を維持していますが、頼みのアベノミクス
は完全な失敗です。それも金融緩和、お金の印刷をやめることができないという、取り返し
のつかない大失敗です。
国債に値が付かないということが、この半年間ですでに6回ありました。昨年は2回、そ
れ以前にはありません。こんなことは前例がありません。長期金利もジワジワと上昇を始め
ました。このままではお金の貸し手である国民・預金者が、お金の借り手である国・政府に、
いつお金を踏み倒されても不思議ではありません。
皆さん、バブルの崩壊を覚えていますか。東海銀行がなくなってしまいました。アベノミ
クスの失敗はそんなものでは済まないかもしれません。
皆さん、今の日本からお金をとったらいったい何が残るのでしょうか。自慢できるのは富
士山だけ?そんなことはありません。私たちには憲法9条があります。憲法9条について、
一人ひとりが考え、そして対話を尽くす、これこそ日本人が生き残る道です。
皆さん、心配はいりません。私たち主権者の手で政治を変えることができるのです。安倍
政権NO!の三千万署名、さらに安保法制違憲・愛知訴訟が始まりました。8月20日まで
に原告募集を行っています。皆さん、ご協力ください。
私たち市民の声で、今度こそ野党共闘を成功させ安倍政権を倒さねばなりません。
頑張りましょう。

【editor's note】
◆ 尾形さんの提案、大賛成である。猛暑に苦しんだ今年だけに人々の共感も得やすいと思
う。皆さんの叡智を集めて、当面の対策だけでない温暖化対策が緑の党・東海でできあがっ
たらすばらしい。
 検討項目を整理してみよう。
1.	もう取り返しのつかない温暖化の時代に入ってしまった、これからは対策だとい
う意見もあるが、これ以上の温暖化を許さないためにも、あるいは未来の子供たちのた
めにも、或いはマウンダー極小期のような猶予期間があるかもしれないことも期待して、
温暖化を食い止める努力はしなければならない。
2.	温暖化だけでなく、人類が地球環境をこれ以上人の住めないものにすることをや
めねばならない。
3.	そのためには、消費税でなく、環境税の導入を検討すべきだ。名称を消費税から環
境税に変えるのではなく、プラスティックや包装製品そのものへの税負担を考えるべき
だ。
4.	気象庁もこの異常気象と猛暑が地球温暖化の影響だと言っている。フグが南の海
から東北の海に移動しているという。残念ながら、日本の気候変動を前提とした都市の
地方への移動のような抜本的な対策も必要かもしれない。
5.	暑さ対策をエアコン使用だけにしないで、都市の緑化、かってのゴーヤのよしずや
町の緑化、オリンピックを秋に 甲子園の日程をゆるやかになども検討する。
◆ フリーマン氏が「母なる自然」を守るための4つのゼロ戦略を米民主党に提案してい
る。
 1.電力網の脱炭素化
 2.排ガスゼロの車
 3.エネルギー収支ゼロの建物。断熱性に優れ、ソーラーパネルをとりつける。
 4.廃棄物ゼロの製造業
◆ 森がオリンピックにサマータイムの導入を言い出した。そんなことしなくても、開始時
間を早めればいいのではないか。

    (さ)
◆皆さんの意見をお寄せください。
・HP「緑の党・東海」のしゃべり場ページ http://greens-tokai.jp/opinio/
・メルマガ投稿先 ogata@greens-tokai.jp 
・緑の党・東海のHPはこちら http://greens-tokai.jp/
・facebook pageはこちら https://www.facebook.com/greens.tokai
・twitterはこちら   https://twitter.com/greenstokai

みどりの暮らしin東海

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2018/12/02 部数:  64部

ついでに読みたい

みどりの暮らしin東海

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2018/12/02 部数:  64部

他のメルマガを読む