みどりの暮らしin東海

持続可能な生活を東海から


カテゴリー: 2018年03月01日
==================================================================
  …■ ・ ■ ・ ■… みどりの暮らし in 東海…■ ・ ■ ・ ■…
=== 2018.3.1=============================================(第72号)
3月3日(土)13:00~ 言論カフェ  栄・エーデルワイス

3月6日(火)13:30~15:30 緑の名古屋例会 
ガスト久屋大通り店・ミーティングルーム
  
3月10日(土) 18:00~ 岐阜市民会館大ホール
  前文部科学省事務次官
  前川喜平さん講演会
  注意 事前予約制(入場料1,000円を振り込む)
           振込先(郵便局):00860-3-216892 加入者名:ぎふ市民連合

3月11日(日)~13日 名古屋8:00発 上勝町スタディツアー
        (費用:5万円前後)
  橿原の棚田見学、葉っぱビジネス、ゼロ・ウエスト視察

3月24日(土)13:30 中村図書館会議室
  学習会 「私たちはどこから来て どこへ行くのか」
        (「利己的遺伝子」「銃・鉄・細菌」「イスラム」「縄文時代」)

3月28日(水)18:50~20:30 真宗大谷派名古屋教務所1階議事堂(東別院)
映画上映会(1,000円):横井久美子、松本ヒロ他出演
米軍は日本を守ってくれるのか
     「ざ・思いやり」パート2(希望と行動編)

━━━━━━━━━━━━━━━━≪ 目 次 ≫━━━━━━━━━━━━━━
■1■  2.4 小牧脱原発パレードに参加して
■2■  9条加憲が否決されても自衛隊は合憲?
■3■  憲法をめぐっていま議論すべきことは
==========================================================================
■1■ 小牧脱原発パレード
    今年は正念場の1年です。
人はみな孤島にあらず、われわれは大陸の一片。
巨大で穏やかなネットワーク、脱原発という大きな大陸です。
                          A.Niwa
新年早々、成人式の日にあきれたニュースがありました。着物の着付け会社「はれのひ」
が成人式の若者をほったらかしにして夜逃げしたというのです。昨年春、「てるみくらぶ」
という旅行会社が、同様な事件を起こしましたが、その共通点は何でしょうか。この二つ
の会社はともに売り上げを伸ばしていました。ところが、その内容は地に足を着けたもの
ではなく、未来を食い物にしていたのです。そして、売り上げを伸ばせば伸ばすほど赤字
を増やすという構造をもっていました。いわゆる自転車操業です。
経済学者水野和夫氏によれば、市場が地球という限界に達し、経済成長は限界です。こ
れを無理に成長させようとすれば、儲けようとすればするほど企業はかえって赤字となる。
経済成長を目指せば目指すほど社会の格差は拡大し、環境は破壊されるのです。フランス
の経済学者トマ・ピケティー氏は「過去が未来を食い尽くす」と表現しました。
現在日本ではガソリンがミネラルウォーターよりも安いので、社会が回っていますが、
石油価格の高騰により、高層ビルのトイレの水を流すこともできない時代がくるかもしれ
ません。エネルギーを大量に消費するすべてのインフラが将来の借金となるのです。
そしてみなさん、未来を最も食い潰しているのは何でしょうか。言うまでもなくそれは
原発です。もはや原発は時代遅れ、発電すればするほど核のゴミという借金が増すばかり
です。1月10日、原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟、原自連が「原発ゼロ・自然エネル
ギー基本法案」を発表し、立憲民主党、共産党とそれぞれ意見交換をしています。
「原発ゼロ基本法案」が近々国会に提案される予定です。各党は広く意見を募集していま
す。どんどん発言してこれを盛り上げてゆきたいものです。
さて今年は経済、原発、憲法いずれも正念場の一年です。TPP協定への取り組みが進む
なか4月から日本のコメ作りを支えてきた種子法が廃止されます。種もみを輸入せねばな
らなくなるかもしれないというのに、この問題について、何の報道も議論もありません。
日本の使用積み核燃料の再処理などを可能にする日米原子力協定が7月に満期をむかえま
す。もんじゅ、六ヶ所村ともに問題山積であるにもかかわらずこの協定は自動延長となる
模様です。憲法にいたっては来年2月、あるいは7月にも改憲の国民投票があるという噂
がささやかれています。
自民党の改憲草案を読んだことがあるでしょうか。とても国民から認められるようなも
のではありません。しかし、安倍総理が目指す改憲は単に9条の3項で自衛隊を認めると
いうものです。特定秘密保護法、安保法制、共謀罪法案が成立した今、この改憲案に騙さ
れてはなりません。これは平和憲法を死んだ物、死物化するものです。
自衛隊の存在を認めるという世論が多いなか、共同通信社の世論調査によれば、安倍政
権での改憲には反対が54.8%、賛成が33.0%です。9条に自衛隊明記することに反対が
52.7%、賛成は35.3%です。自衛隊の存在を認める人も、個別的自衛権を認める人も、安
倍改憲には反対していることが明らかとなりました。
安倍総理は、国会において5年間で54兆円にもなる海外支援を指摘され、民間資金や重
複があって2.8兆円であると開き直りの答弁をし、さらに、国民のエンゲル係数上昇につい
て、食生活の変化であると答弁したことには、日本中がぶったまげました。都合の悪い意
見を否定するのが安倍政権です。多様な意見を認め合うことにより安倍改憲を止めること
ができると信じます。
原発の末路は二通り、事故か廃炉か、壊れるか壊すか、壊れる前に壊す。必ず廃炉にで
きます。必ず安倍改憲を止めることができます。

■2■  9条加憲が否決されても自衛隊は合憲?なはずはない(要旨)
                         2.16 日刊ゲンダイ 小林節
 9条に「自衛隊」の文言を加憲する提案が国民投票で投票されても自衛隊は合憲である。
 首相の答弁である。そんなバカなことはない。
 自衛隊が違憲かどうかの違憲論争に終止符を打つために首相は国民投票をやると言った。
つまり、判断を国民に委ねると言ったわけだ。その国民がNOと言ったら、違憲であるこ
とを認めるということではないか。これが国語的にまっとうな理解であり、論理的にもそ
うなる。 

■3■  いま憲法をめぐって国民が議論すべきは(要旨)
                          2.22朝日・論壇 木村草太
 憲法9条の文言は、「国際関係における武力行使を一切禁じている」ようにみえる。し
かし、他方で憲法13条は、国民の生命や自由を国政の上で最大限尊重しなければならない
旨を定めている。政府は、強盗やテロリストのみならず、外国の侵略からも国民の生命な
どを保護する義務を負う。そこで、政府は、防衛のための必要最小限の実力行使は「9条の
下で認められる例外的な武力行使」だとしてきた。
 同時に、日本国憲法の下では、国内統治作用たる「行政」の範囲を超えて、外国の主権
領域で実力行使する「軍事」の権限を行使することは許されない。
 いま憲法をめぐって国民が議論すべきは、従来の政府が言う「専守防衛のための自衛隊」
とすべきか、2010年の安保法制で拡大された「存立危機事態での限定的な集団的自衛権」
を容認するかである。

【editor's note】
◆ 首相は1月の施政方針演説で「国のかたち、理想の姿を語るのは憲法だ」と表明、こ
れに対して、首相の趣味、理想で憲法をやるな、「憲法は政治権力を制限するルール」(枝
野)という批判があり、6日の予算員会で、「いわば権力の手を縛るものだ。同時に国のか
たち、理想を語るものでもある」と一歩後退した。いい出だしだ。
 今までの硬直した護憲運動ではなく、憲法問題をどう考え、どのような国民的議論をし
ていくかは重要な問題だ。今まで日本ではこういう議論がなかった。小熊英二氏はこんな
風に指摘している。

 ドイツでは、民主主義と軍隊をどう両立させるか議論して再軍備し、第2次世界大戦期
の軍隊とは違う組織を作る合意を築いたことが、兵士の人権擁護につながった。だが、日
本では、再軍備が「日米両政府によって国内外でのオープンな議論を避けて進められた」
ため、そうした合意が作られなかった。

 又、小田実がかつてこんなふうに言っていた。

 民主主義、平和、自由、平等(普遍原理)が外からあたえられたとき、それらが外から
あたえられたものでありながら私たちの心に急速に定着して行ったのに違いない。…普遍
原理が自らつかみとったものではないがゆえに、国家原理と対決するかたちでの個人原理
を確立しえなかった。…例えば、戦争犯罪人を裁く機構を西ドイツのように国民の側でど
のようなかたちでももったことがなかった。

 私たちももっと議論をふかめなければならない。 

◆皆さんの意見をお寄せください。
・HP「緑の党・東海」のしゃべり場ページ http://greens-tokai.jp/opinion/
・メルマガ投稿先 ogata@greens-tokai.jp 
・緑の党・東海のHPはこちら http://greens-tokai.jp/
・facebook pageはこちら https://www.facebook.com/greens.tokai
・twitterはこちら   https://twitter.com/greenstokai

みどりの暮らしin東海

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/09/01
部数 65部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

みどりの暮らしin東海

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/09/01
部数 65部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング