みどりの暮らしin東海

持続可能な生活を東海から


カテゴリー: 2017年11月29日
==================================================================
  …■ ・ ■ ・ ■… みどりの暮らし in 東海…■ ・ ■ ・ ■…
=== 2017.12.1=============================================(第69号)

12月2日 岐阜市を良くする小森忠良と学習会
地域政策について
講師:小森忠良
豪華な市庁舎計画を見直して、子育て支援などに回す、彼が考えている地域政策を中心に皆
で議論しましょう。
13時15分(開場13時)~15時15分 ユメリア徳重第1集会室(地下鉄徳重駅すぐ)

12月10日(日)午後6時~8時 岐阜市文化センター 3階展示室
岐阜市新市庁舎問題を考える市民の集い
         山中光茂(前三重県松阪市長)・小森ただよし

12月2日(土) 10:00~16:30 長良川国際会議場5階国際会議室
                    2017 開門シンポジウム   
         12/3  10:00~15:00 現場視察
  
12月3日(日) 13:00~ 東別院会館 2階萩の間(205号室)
                    リニア!訴訟 報告集会
         
12月6日(水) 高浜1.2号機&美浜3号機の運転期間延長認可取消訴訟
  10:30 ミニ集会
  11:00 高浜原発1.2号機 第6回口頭弁論
  13:30 美浜原発3号機 第4回口頭弁論
  14:45頃 記者会見&報告集会

12月17日(日) 14:00~16:30 名古屋市教育センター
  安倍9条改憲NO! キックオフ集会(講演:香山リカ)

12月17日(日) 13:30~16:45 ウイルあいち 大会議室(3階)
                   市民放射能測定センター 6周年報告会
  おしどりマコ・ケン おおいに語る(福島原発事故の取材から)

12月23日(土) 13:30~ 学習会(主催:太古会)  中村図書館
  「私たちはどこから来て、どこへ行くのか」
    「量子コンピューターのしくみ」
    「憲法問題にどう取り組むか」
  (これは編集者の個人的な学習会です。テーマに関心があったら、どうぞ)
━━━━━━━━━━━━━━━━≪ 目 次 ≫━━━━━━━━━━━━━━
■1■  小森ただよしの5つの思い
■2■  時間かせぎの資本主義 限界に
■3■  山尾氏が語る 改憲論議に先手打つ
==========================================================================
■1■ 小森ただよしの5つの思い
1.岐阜市新庁舎計画 → 立ち止まり見直す勇気を
  ・ 市民目線で見直し、建設・維持費用を抑制
・	コスト抑制分を岐阜の未来へ投資
・	市長・市議会議員報酬の一部削減を
 2.教育・福祉充実 → 誰もが安心して暮らせる岐阜へ
・	すべての小学校区に子ども食堂と児童館を
・	給食費の一部公費負担を
・	子どもたちに生きる・稼げる専門能力を
・	障がいの方の親なきあとの暮らしを支える仕組みを
・	住みなれた自宅で過ごせる在宅医療・在宅介護を
・	保育士など公務員非正規労働の待遇改善を  
                               
 3.産業振興 → 活力ある岐阜へ
・	自然・歴史など豊かな岐阜の地域資源の活用で新産業創出を
・	再生エネルギー活用による自治体電力の創設を
・ 充実した医療施設を活用し、医療ツーリズムを

4.住民自治 → 大事なことは市民と決めよう
  ・ ステキな岐阜にしていくのは私たち、市民でできることは市民の手で
・	行政は情報開示の徹底を
・ 主要な計画は、初めから岐阜市民主導で決める

5. 持続可能性→10年先を見据えたまちづくりを
  ・ 人口減少を前提とした公共施設の再整備(公共施設マネジメントの徹底)
・	まちづくり協議会への積極的支援(地域担当職員配置・市民税の1%一括交付金)
・	住みやすさを活かし名古屋から岐阜へ定住人口の増加を
・	廃校・空き家・空き地の活用を
・	地球温暖化防止 
・	公共交通の活用で低炭素社会へ

■2■  時間かせぎの資本主義 限界に      朝日新聞・波風風問から
 …いまでは低成長経済はすっかり先進国共通のテーマになった。
 ただ、対応をめぐっての意見は真っ二つに割れる。何が何でも成長率を高める手をうつ
べきか。それとも、低成長社会を受け入れるのか。
… 氏(「時間かせぎの資本主義」の著者、シュトレーク氏)によると、先進国の自然体
でんお高成長は1960年代にはすでに寿命を迎えていた。そこで各国は成長を何とか延命
させようと時間かせぎに走る。先進国にとって民主主義的な資本主義は存在意義であり、
それを守るには国民の経済的な不平不満を抑え、支持を取り付け続けないといけなかっ
たからだ。 
  時間かせぎの手法は限界を迎えるたびに入れ替わった。70年代はインフレ、80年代は
政府の借金、90年代からは家計の借金。それが膨れ上がって破裂したのが2008年のリー
マン・ショックだった。
 次いで時間かせぎの主役になったのは日米欧の中央銀行である。これまでの常識を踏
み出す超金融緩和に乗り出し市場に大量のお金をばらまいた。日本銀行は巨額の国債、
株式や不動産の金融商品まで買うようになり、市場のビッグプレーヤーとして相場の下
支え役となっている。…
 だが、バブル崩壊の傷を新しいバブルで癒す手法は、もはや限界にきている。シュト
レーク氏はそう強調する。
「リーマン後のグローバル構造の崩壊はまだ序章にすぎない。早晩、国際エリートたち
は今の資本主義システムの代替案を出さなければならなくなる」

■3■  山尾氏が語る       神奈川新聞から
 安倍晋三首相による憲法改正提案とは「改憲」自体が自己目的化し、変えやすいところ
のつまみ食いを繰り返して出てきたものにすぎない。そんな改憲提案には付き合いたくも
ないが、これをきっちりはねのけるには、立憲主義への深い理解に基づいた憲法改正の方
向性を示す必要がある。
 これまでの改憲論議は、「一文字でも変えたい改憲派」と「一文字も変えさせない護護
憲派」による二項対立の構図にからめとられてきた。
 だがもうこうした不毛な構図からはいい加減脱却すべきだ。私は現代において「現憲法
は、権力を縛るという憲法たる役割を十分に果たせているのか」と社会に問いたい。
 安倍政権はこれまで積み上げてきた憲法解釈を破壊し、憲法が果たしてきた「権力を縛
る」という立憲主義の「留め金」を外した。その最たるものが2015年に強行採決した安全
保障関連法案だ。 
 …
 そしてやはり本丸は「9条」だろう。安倍首相の提案は「『自衛隊』を明記するだけ」と
いうものだが、「明記するだけだからこそ危険」と断言しておきたい。むきだしの「自衛
隊」が正当化される。この「正当化」はコントロールと表裏一体でなければならない。
 仮に自衛隊を書き込むのであれば、きちっと歯止めとなる条文が必要となる。例えば国
会によるコントロール。… 
 もうひとつは「財政」。自衛隊を明記するのであれば、防衛費について一定の上限を憲
法に明記する必要があるのかもしれない。… 
 政府・与党は「自衛隊を明記するだけ」などと言っていないで、安保法制を前提とした
憲法改正案を堂々と提案するのが筋だ。
 こうしてあるべき改憲論議について俯瞰してみると、改めて「憲法」とは何なのかとい
うことをもう一度見つめなおす必要がある。つまり私たちの国家が採用している「立憲主
義」の本質とは何なのか。
 …
 こうしたまっとうな議論は野党がリードすべきであり、そのためには与党に先行して野
党が土俵を作ることが必須条件となる。 
 ・・・
 数の力で負けている状況下では、その力を超える良識をいかに早い段階で味方に付ける
ことができるかが極めて重要になる。 
 憲法論議はこれまで常に安倍政権が先行してきた。それは一方で、自己目的化した改憲
というみっともなさの露呈でもあった。だが選挙を経て自民党、公明党だけで3分の2の
議席を占める現状では、もはや改憲論議は避けられないと考えた方がいい。 
 安倍政権の憲法に対する姿勢は極めて軽佻浮薄であり、到底まともな議論などできはし
ないが、そう言っているだけでは押し切られる可能性が極めて高い。
 では軽佻浮薄ではない正当な憲法論議、立憲的改憲のありようとは何なのか。与党に先
行し、論点を網羅する形で示すことが重要になってくる。
     
【editor's note】
◆ 地域問題の特集で、こんなことを言ってた。
 三陸沿岸では、雇用をもたらす水産加工場などの創業が極めて少なく、住民が地元に住
み続ける環境が戻ってきていない。高齢化が急激に進む中山間地域では、食料品店では次々
と店をたたんでいる。離れたスーパーに行こうにも、ガソリンスタンドの廃業で車やスク
ーターが使えず、日々の買い物に困る「買い物弱者」の問題が深刻になっている。
 解決のためには、地域産業政策を講じて、事業を起こしていく必要がある。
1.	地域外からお金を取り込む…企業誘致や観光
2.	雇用創出のために自前で新規事業を立ち上げること…冬に出稼ぎに行かなくてもいい
ように食品加工業をたちあげる
3.	地域の人々の暮らしを支える…買い物弱者の解消策
  市町村は、地域の産業構造の問題を明確にして進むべき道をはっきり示し、将来を展
 望しなければならない。国は補助金で地域の創意を刈り取るのをやめ、自治体が自ら事
業を興すことを促す方向に転じるべきだ。農業の6次産業化や観光で成功例が喧伝され
るが、あくまでその地域でできたことで、他の参考にはならない。すべての地域の人口
が増えることはない。どこかの人口が増えればどこかが減る。重要なのは地域をリード
する人材である。国の事業や制度を活用させつつ、地域と役場、外部を結び、企画立案
や調整ができる人材が必要である。
◆ トランプが「非常に重要なのは、日本が膨大な兵器を追加で買うことだ」と言い、安
倍が「日本の防衛力を質的に拡充していかなければならない」と応える。冗談じゃない。
◆ 主夫業になって驚くのは毎回出るプラスティック。毎年800万トンのプラスティック
が海に流れ、回収されるのは約8万トン。重いプラスティックは海底に沈み、軽いプラ
スティックも漂流中に生物などが付着して重くなり、ほとんどが沈んでいく。現在、世
界の海に浮遊しているプラスティックごみの総量は約27万トンで、その中の直径5ミリ
以下の「マイクロプラスティック」が問題になっている。漂流するうちに紫外線や風波、
魚がかじることによって細片化されていく。有害物質を含むプラスティックを摂取した
魚介類を人が食べることによる将来のリスクの上昇が懸念される。
 時々、釣りに出かけて新鮮な魚はうまいわいと思っていたが、マイクロプラスティッ
クを食べているかもしれない。
◆	選挙前から民主党が負けると警笛をならしていた、ラストベルトの党委員長デビッド・
ベトラス氏がこんな風に言っている。
人工妊娠中絶や性的少数者の権利擁護、「黒人の命も大切だ」運動など、今のリベラル
派が重視する争点はどれも大切ですが、選挙ではメインではなく、サイドディシュです。
卓上の中央は常に肉か魚かで、労働者の雇用と賃金という経済問題であるべきです。ト
ランプ氏が「今晩のメインは大きなステーキです」と売り込んでいる時に、民主党は「メ
インはブロッコリー。健康にいい」と言っているように聞こえてしまったのです。

◆皆さんの意見をお寄せください。
・HP「緑の党・東海」のしゃべり場ページ http://greens-tokai.jp/opinion/
・メルマガ投稿先 ogata@greens-tokai.jp 
・緑の党・東海のHPはこちら http://greens-tokai.jp/
・facebook pageはこちら https://www.facebook.com/greens.tokai
・twitterはこちら   https://twitter.com/greenstokai

みどりの暮らしin東海

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/08/01
部数 66部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

みどりの暮らしin東海

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/08/01
部数 66部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング