ASTRO Sci-Tech NEWS

ASTRO Sci-Tech NEWS Vol.8-04 19.02.19

 ┏┓                                  ┏┓
 ┗┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓  ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓  ┏┓┏┓┏┓┏┓┛
   A S T R O   S c i-T e c h   N E W S
 ┏┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛  ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛  ┗┛┗┛┗┛┗┛┓
 ┗┛                                    ┗┛
                ☆2019.02.19 VOL.08-04☆
 ┌                                    ┐ 
   宇宙技術を中心に航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術
   ニュースを分かり易く解説します!! 幅広い方々にお楽しみ頂けます!! 
 └                                    ┘
 ┌                                    ┐
   ブログHPでは動画リンクしています!! 是非訪問下さい。
           http://scitech.seesaa.net/  
 └                                    ┘
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
  目 次   
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 


 ◆宇宙技術

  3Dプリンターロケット現る!! 新しい技術が世界を変えるか?!

 ◆宇宙技術

  皆で月に村を作ろう構想とは?! 果たして その実現はいつか?!

 ◆天文科学

  驚くべき宇宙の旅!! 月の石は 実は地球由来だった とは!!

  
 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛


 -------------------------------------------------------------------------
 ▼3Dプリンターロケット現る!! 新しい技術が世界を変えるか?!
 -------------------------------------------------------------------------
   related ASTRO blog 改良続く アポロ時代のロケットエンジン?! 3D技術が画期的前進?!
    http://scitech.seesaa.net/article/460646458.html

  
  宇宙開発に3Dプリンター技術が投入されて 久しいが、初めて 3Dプリンター
 の部品が投入される宇宙船は、ロッキード・マーチン社とNASAが共同開発中の
 オリオン [Orion]となる。100以上の部品が 3Dプリンターで造られている。
  この100の部品は、500-600もの部品代替となる事で、組立時間が削減、
 コスト・重量も軽減される。これからの宇宙開発には、重要なテーマだ。

   - オリオン イメージ図 -
    https://wired.jp/wp-content/uploads/2018/04/orion-e1524251120193.jpg

   - 3Dプリンター部品が使われている カプセルのハッチカバー -
    6枚の部品で全体をカバー
    https://cnet3.cbsistatic.com/img/fuUWB5_qiFxKIyqO6Ii4fsvRinw=/570x0/2018/04/16/a0282fd4-1790-452f-bf83-bc033f3550ea/orion-hatch-cover-piece-1-170713.jpg
    https://cnet1.cbsistatic.com/img/h1-MwL4lpmd7jSUyYKK9IoB96sE=/570x0/2018/04/16/6765051e-be9a-45dd-adc5-c2e7d8ea8001/orion-docking-hatch-pekk-cover-photo-40171.jpg

  2019年に 無人での再突入試験、2020年に 無人での月軌道投入、そして、
 2023年に乗員4名での有人月軌道投入が予定される。

   ◆ Go Inside NASA's Orion Capsule [9分半] ◆
    See the Tech That Could Get Us to Mars
    http://abcn.ws/1tILZC6
    
   ◆ Lockheed Martin 3D prints space-ready parts [3分] ◆
    https://youtu.be/xgUCf9XwENU

  一方 遂に、ロケット全体を3Dプリンターで造るスペースベンチャーも現れた。
 2015年設立の 米国 リラティビティ・スペース社 [Relativity Space]だ。

  同社の取り組みは、半端ない。エンジンも含めて ロケット全体を3Dプリンター
 で製造しようと、ゼロから設計・開発を進めている。

   - 共同創業者 Jordan Noone (left) and Tim Ellis (right) -
    https://rctom.hbs.org/wp-content/uploads/sites/4/2018/11/Founders-768x268.jpg

   - Stargate, Relativity Space’s 3D metal printer -
    the world’s largest, 24-foot 3D metal printer
    https://rctom.hbs.org/wp-content/uploads/sites/4/2018/11/Stargate-600x384.png

   ◆ How 3D printing is spurring revolutionary advances [8分弱] ◆
    in manufacturing and design
    https://youtu.be/Adl1Sn86ojs

  通常なら2年から4年を必要とする開発を、3Dプリンター導入により なんと、
 2ヶ月にまで削減できるという。2020年にも商用打ち上げを予定する。
  開発中の Terran 1 は、低軌道への1250kgのペイロード投入能力を持ち、
 コストは 1000万ドル。kgあたり8000ドル (約88万円)は、最低価格に
 入るだろう。

   - Relativity Space’s rocket development approach relative to competitors -
    https://rctom.hbs.org/wp-content/uploads/sites/4/2018/11/relativity-autonomous-approach-1-1024x215.png

   - 開発中の Terran 1 -
    https://forum.nasaspaceflight.com/assets/40975.0/1455264.jpg

  最大の関心は、エンジン。AEON 1 と名付けられたエンジンは、従来方式でならば、
 3000弱の部品点数を 100点以下にまで削減し、製造リードタイムも180日
 前後を 10日+αまで大幅に短くした。しかも、既に 100回以上ものテストを
 完了していると言う。
  予定通り 2020年に商用の打ち上げが実現すれば、民間初の3Dプリンター
 製造ロケットとなる見込みだ。

   - AEON 1 単体画像と試験の様子 -
    https://static1.squarespace.com/static/59a8fb50d2b8575fad311abb/59c73dfde3df2884319af128/59c73e0f03596e9882d02195/1506712859728/Relativity-46.jpg?format=500w
    https://fm.cnbc.com/applications/cnbc.com/resources/img/editorial/2018/03/27/105092106-Aeon_Test_SN006.530x298.jpg?v=1522161961

   ◆ AEON1@NASA Stennis Space Center [18秒] ◆
    https://vimeo.com/246498818

   ◆ Relativity Space Raises $35M Series B Funding [1分半] ◆
    https://youtu.be/Whv-b1QFqe4


  創業者2人は、共に 南カリフォルニア大学在学からの友人。ロケット推進研究室
 Rocket Propulsion Lab に所属、それぞれ スペースベンチャー ブルー・オリジン社、
 スペースX社で開発に携わった。
  こういう経歴を見ると、日本でも 世界のスペースベンチャーを目指す大学講座を
 設置してみては と思えてならない。


   ◆ USC Rocket Propulsion Lab Sets World Record [2分弱] ◆
    https://youtu.be/c4YbLZCsJgs

   ◆ USC RPL 18/19 Trailer [3分弱] ◆
    https://youtu.be/XzGDixFUUnQ


 日本語情報
  https://wired.jp/2018/04/23/nasa-orion-3d-printed-plastic/
  https://forbesjapan.com/articles/detail/22161/1/1/1
  http://news.livedoor.com/article/detail/15895796/
 英語情報
  https://www.cnet.com/news/nasas-orion-spacecraft-will-include-3d-printed-parts-from-stratasys-lockheed-martin-and-padt/
  https://www.engadget.com/2019/02/08/3d-printed-rocket-engine-orbex/
  https://rctom.hbs.org/submission/shooting-for-mars-how-startup-relativity-space-is-using-3d-printing-to-go-intergalactic/
  https://www.3ders.org/articles/20171211-watch-relativity-space-test-fire-its-3d-printed-aeon-1-rocket-engineits-amazing.html
 オリオンについて
  https://www.nasa.gov/exploration/systems/orion/index.html
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3_(%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%88%B9)
 Relativity Space 社 HP
  https://www.relativityspace.com/
 南カリフォルニア大学 Rocket Propulsion Lab HP
  http://www.uscrpl.com/



 -------------------------------------------------------------------------
 ▼皆で月に村を作ろう構想とは?! 果たして その実現はいつか?!
 -------------------------------------------------------------------------
   related ASTRO blog まずは月!! 日本のスペースベンチャーが描くムーンバレー!!
    http://scitech.seesaa.net/article/455988122.html
      火星にできる都市には森がある?! 工夫がいっぱい ドーム都市!!
    http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20space%20tech/%E2%96%BC%E7%81%AB%E6%98%9F%E3%81%AB%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E9%83%BD%E5%B8%82%E3%81%AB%E3%81%AF%E6%A3%AE%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%80%80%E5%B7%A5%E5%A4%AB%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84
      エスキモーの氷の家 イグールを火星に?! 火星基地は氷で造る?!
    http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20space%20tech/%E2%96%BC%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B0%B7%E3%81%AE%E5%AE%B6%20%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%92%E7%81%AB%E6%98%9F%E3%81%AB%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%80%80%E7%81%AB%E6%98%9F%E5%9F%BA%E5%9C%B0
      いよいよ本番 月面基地!! ここにも期待はスペースベンチャー!!
    http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20space%20tech/%E2%96%BC%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%84%E3%82%88%E6%9C%AC%E7%95%AA%20%E6%9C%88%E9%9D%A2%E5%9F%BA%E5%9C%B0%EF%BC%81%EF%BC%81%E3%80%80%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%AB%E3%82%82%E6%9C%9F%E5%BE%85%E3%81%AF%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9
      月探査はキャンピング感覚で?! 宇宙のテントはこんな感じ?!
    http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20space%20tech/%E2%96%BC%E6%9C%88%E6%8E%A2%E6%9F%BB%E3%81%AF%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%84%9F%E8%A6%9A%E3%81%A7%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%80%80%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E6%84%9F%E3%81%98%EF%BC%9F%EF%BC%81



  月の探査や月面基地の話題がニュースに見かける事が多くなっているが、研究の
 分野では、既に 数多くのコンセプトが議論されている。最新の研究成果が、欧州
 宇宙機関(ESA)の関連プロジェクトから出されている。
  Moon Village 構想と呼び、個別の月面基地を検討するのではなく、一つの村が
 住みよい地域社会を目指す様に、いろいろな国や組織 個人が参加し、力を合わせ
 新しい月の居住空間を作り出そうと言うものだ。

   - 3Dプリンターで製作されるムーンビレッジ完成イメージ -
    http://blogs.esa.int/janwoerner/files/2016/11/Multi-dome_base_being_constructed-1024x576.jpg 

   ◆ ESA:Moon Village [2016年 4分半] ◆
    https://youtu.be/amYK5voqLSk

  そんな活動の中に NEWSPACE 2060 INTERNATIONAL MOON PITCH COMPETITION 2018
 というのがある。その名の通り 2060年に実現させる 新しい宇宙を作り出す、
 そういう夢を語り、実際に開発へ進める企画で、コンペが開催されたのだ。

   - NEWSPACE 2060 コンセプトイメージ図 -
    https://moonvillageassociation.org/wp-content/uploads/2018/07/180730-newspace2060-744x512.jpg

   - 10 areas discussed in the working groups -
    https://i1.wp.com/astropreneurs.space/wp-content/uploads/2018/08/Table-MVA.png?w=632

  このコンペに応募するという ギリシアの建築工学専攻の大学生のプランが 話題
 を呼んでいる。スイスのチーズ ラクレット の様な円筒構造物が居室の一ユニット
 となり、それを 月面のクレーターの中に 幾層にも積み上げる。
  周囲は、月面の土を入れて最後、最上階になるところが、地上の出入り口となる。
 これなら、わざわざ穴を掘ることなく、クレーターの壁でしっかりと保持される。

   - ラクレットのチーズ -
    フランス サヴォア地方 ルブルションチーズの例
    https://sakurakodesu.xyz/wp-content/uploads/2017/10/reblochon-300x211.png

   - コアとなる居室ブロック -
    ギリシアのアイデアをベースに ドイツのESA研究者と開発
    https://img.purch.com/h/1400/aHR0cDovL3d3dy5zcGFjZS5jb20vaW1hZ2VzL2kvMDAwLzA4Mi83MTIvb3JpZ2luYWwvbW9vbi1iYXNlLWNvbmNlcHQuanBnPzE1NDkyOTc4MTc=

   ◆ Concept for a Moon base [3分] ◆
    https://youtu.be/wZNMOAjv9iI

   ◆ Lunar Co-hab l [2分強] ◆
    Photobioreactor facade system for a self-sustainable Moon surface habitat
    NEWSPACE 2060への別の応募作
    https://youtu.be/59q_RhzvHUw


  Moon Village 構想自身の当面の目標は、2030年までに月面に 恒久的な基地
 の建設だ。月の資源で 科学や商業さらに旅行業のために相応しい基地を建設して、
 一層の宇宙開発促進を狙う。
  米国、ロシア、中国、インド、日本、その他の小さい国々が共同で進める国際的
 プロジェクトだが、一方 宇宙大国の国々は、個々の計画を持ち前進を図っている。
 一歩 地球外へ出たならば、国旗・国境のない世界の実現に期待したいが 如何だろう。
 
   - 各国の月面開発計画 -
    https://media.nature.com/w800/magazine-assets/d41586-018-07107-4/d41586-018-07107-4_16218992.png


   ◆ GNF - Creating the Moon Village [54分] ◆
    First Results from the Drawing Board
    https://youtu.be/jhaQdMn6zDY

   ◆ URBAN - Conceiving a Lunar Base Using 3D Printing Technologies [3分] ◆
    https://youtu.be/SdycFkvJam0

   ◆ 3D-printing moondust bricks with focused solar heat [1分] ◆
    https://youtu.be/ZK7872tNHcM


 日本語情報
  http://netgeek.biz/archives/69501
  http://japanese.china.org.cn/life/2016-03/24/content_38103995.htm
 英語情報
  https://www.space.com/43217-moon-base-concept-video-architecture-students.html
  https://spacenews.com/urban-planning-for-the-moon-village/
  https://www.nature.com/articles/d41586-018-07107-4
 Moon Village 構想について 
  http://blogs.esa.int/janwoerner/2016/11/23/moon-village/
 Moon Village 協会 HP
  https://moonvillageassociation.org/
 NEWSPACE 2060 HP
  https://newspace2060.org/
 関連資料(International Moon Village Workshop November 2017 FINAL REPORT) pdf
  https://moonvillageassociation.org/wp-content/uploads/2018/02/MVA-International-Workshop-Final-Report.pdf



 -------------------------------------------------------------------------
 ▽驚くべき宇宙の旅!! 月の石は 実は地球由来だった とは!!
 -------------------------------------------------------------------------
   related ASTRO blog 月の誕生秘話が明らかに?! その始まりは小さな月の合体だった?!
    http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20astronomy/%E2%96%BD%E6%9C%88%E3%81%AE%E8%AA%95%E7%94%9F%E7%A7%98%E8%A9%B1%E3%81%8C%E6%98%8E%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%AB%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%80%80%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%A7%8B%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%AF%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E6%9C%88%E3%81%AE


  1971年 史上3度目となる月面着陸を成し遂げた アポロ14号 は、月面に
 33時間滞在し、42kgの岩石を持ち帰った。
  その月の石の由来が、見直されるかもしれないという研究報告があった。実は、
 地球から飛び出した岩石 だったというのだ。

   - 分析用サンプルが採取された月の石 -
    A moon rock brought back by Apollo 14 astronauts in 1971 
    may contain a tiny piece of the ancient Earth 
    (the "felsite clast" identified by the arrow)
    矢印の先が地球で形成されたと考えられる珪長岩
    https://cdn.mos.cms.futurecdn.net/Uv4KP4xtBWG4mY93S7ah2D-970-80.jpg

   - これまでの公開画像 Apollo 14 sample 14321, nicknamed “Big Bertha.” -
    https://eos.org/wp-content/uploads/2019/01/apollo-14-sample-14321-big-bertha-breccia.jpg

   - 研究チームリーダー Jeremy J Bellucci, Ph.D -
    Swedish Museum of Natural History 
    https://i1.rgstatic.net/ii/profile.image/453697172971520-1485181243141_Q128/Jeremy_Bellucci.jpg

  研究では、石の一部に 約2g程の小さな破片が埋め込まれた状態になっており、
 その破片の元素組成を分析したところ、石英、長石、ジルコニア等 月では珍しい
 元素が発見されたのだ。
  もし、これら元素が月で生まれたとすると、地中160kmくらいの場所である
 必要があるが、そこから月面へ出てくるメカニズムが成立しない。

   - Backscatter electron images of two zircons (Zr) from Apollo sample 14321. -
    分析の結果 2個のジルコニア結晶(Zr)を発見
    The zircons are surrounded by potassium feldspar (Ksp), iron-infused melt glass (melt), pyroxene (Px), and quartz (Qtz).
    https://eos.org/wp-content/uploads/2019/01/backscatter-electron-images-zircons-apollo-sample-14321-bellucci-et-al.jpg

  地球であれば、地中18km程で誕生し、火山の噴火などで地表に出てくる事は、
 十分にありえる話なのだ。

   - 地球での鉱物生成のイメージ -
    http://contest.japias.jp/tqj2010/120298/images/gannsekisyuruitodekirubasyosss.jpg

   ◆ Geek Lab-Earth's oldest rock found on the Moon [1分強] ◆
    https://youtu.be/4FmnKm83yyg

  研究チームのシナリは、40億年前に 当該岩石は、地中20km付近で結晶化し、
 小惑星などの衝突で、地表が掘り起こされ その勢いで月へ到達する。40億年前は、
 月との距離は、現在の1/3程度と 大変近く、その可能性もあるとする。

   - Comparison of the distances between Earth and moon now -
    and during the Hadean eon over 4 billion years ago.
    http://en.es-static.us/upl/2019/01/Earth-moon-distance-Hadean-eon.png

  そして 今度は月で、月への天体衝突などにより、溶けて地中へ埋められた形に
 なってしまう。更に 時間が経ち、約2600万年前、再び 埋められたあたりに、
 小惑星が衝突し、クレーターを形成 月面上へ出てきていた、というのだ。

   - アポロ14号の着陸地点と岩石採取したコーンクレーター付近画像 -
    https://www.nasa.gov/sites/default/files/images/511140main_LROC_Apollo14_3D_lgweb.jpg

   ◆ Apollo 14 landing [6分] ◆
    https://youtu.be/UeVVdwSYz8o


  どうして今頃 という気もするが、分析能力の進歩があって分かった事のようだ。
 賛否有り 仮説の域を出ないが、なんとも雄大な話ではないだろうか。更なる分析に
 期待したものだ。


   ◆ Apollo 14: Mission to Fra Mauro [28分半] ◆
    https://youtu.be/a5nTyYoy2EI

   ◆ Apollo 14 Alan Shepard Golf age 47 oldest American on the Moon [1分半] ◆
    https://youtu.be/NTnoyaffOkQ


  日本語情報
   https://forbesjapan.com/articles/detail/25346
   https://japanese.engadget.com/2019/02/04/nasa/
   https://mnsatlas.com/?p=44384
  英語情報
   https://eos.org/articles/apollo-may-have-found-an-earth-meteorite-on-the-moon
   https://earthsky.org/space/is-this-ancient-moon-rock-from-earth
   https://www.space.com/43118-earth-oldest-rock-moon-apollo-14.html
  当該論文(Earth and Planetary Science Letters) link
   https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0012821X19300202
  アポロ14号について
   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD14%E5%8F%B7


 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛

 <発行にあたり> 

  このメルマガは、NPO法人 ASTROがお贈りする、宇宙を中心とする
  世界中の最先端の科学や技術の情報をご紹介するものです。

  日本では、あまり報道されない、面白いネタニュースを探して、分かり易く
  説明・解説し、宇宙の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。

  ご意見、ご感想もお待ちしております。宜しくお願いします。

 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛
 ┏┓                                  ┏┓
 ┗┛ ASTRO Sci-Tech NEWS      創刊;12.04.17 ┗┛

  ◇ 発行人 NPO法人ASTRO 
      Advanced Science-Technology Research Organization 
      http://npoastro.wixsite.com/toppage
      http://scitech.seesaa.net/ (ブログ形式)
  ◇ ご意見などは、このアドレスへ npo.astro.org.news(アット)gmail.com  
 ┏┓                                  ┏┓
 ┗┛                                  ┗┛
 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛

 <まぐまぐ> マガジンID 0001502650  購読者数(00048)

 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。 
      発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・

 <メルマ!> マガジンID 195104    購読者数(00070)

 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。 
      発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

 <最後に・>

 ・本メールは、月1回の発行を目指し努力しております。
 ・本メールは、ウエッブ情報をキャッチして、独断と偏見で選び、素人コメント
  を付記した程度のものです。よって、紹介している情報の正確性・信頼性は、
  保証できません。これを読む各人の責任でのご利用をお願いします。 
 ・本メールは、皆様ご自身の任意の申し込みにより、配信されております。
  従いまして、本メールの受信に関する全ての責任、また関連する全ての損害に
  関し、発行人はその一切の賠償責任を免れます。 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
 ┃                END: 2019.02.19 VOL.08-04 :END          ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

ついでに読みたい

ASTRO Sci-Tech NEWS

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2019/03/19 部数:  47部

他のメルマガを読む