ASTRO Sci-Tech NEWS

ASTRO Sci-Tech NEWS Vol.7-25 18.12.11

 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛
   A S T R O   S c i-T e c h   N E W S
  ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
  ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
 ┃                      2018.12.11 VOL.07-25            ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 
 ┌                                    ┐ 
   宇宙技術を中心に航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術
   ニュースを分かり易く解説します!! 幅広い方々にお楽しみ頂けます!! 
 └                                    ┘
 ┌                                    ┐
   ブログHPでは動画リンクしています!! 是非訪問下さい。
   1月より引っ越し⇒ http://scitech.seesaa.net/  
     旧アーカイブ⇒ http://npoastro.blog.shinobi.jp/
 └                                    ┘
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
  目 次   
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 


 ◆宇宙技術

  遂に韓国もスペースレースに仲間入り?! 液体燃料ロケット 完成間近!!

 ◆宇宙技術

  宇宙開発にもアバター登場!! まずは 月面開発でデビューを見るか?!

 ◆天文科学

  ご近所 バーナード星にも惑星が?! そこは どんな世界が広がるのか?!

  
 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛


 ▼遂に韓国もスペースレースに仲間入り?! 液体燃料ロケット 完成間近!!


  宇宙開発ニュースには、あまり縁がない 韓国 だったが、大きな進展があった。
 国産初のロケット ヌリ号 [贅沢号 ***]の試験体の打ち上げが成功したのだ。

  - ヌリ号の試験体 -
   全長25.8m、最大直径2.6m、重量52.1トン
   https://pds.joins.com/news/component/newsis/201811/13/NISI20181017_0014562412_web.jpg

  ◆ 贅沢号試験発射成功:いつか私たちも宇宙に行く日がくるでしょう [2分] ◆
   https://youtu.be/BUK2UYj54rQ

  正確にはヌリ号本体ではなく、それに搭載する国産エンジンの試験をするため、
 試験体としての打ち上げとの事だ。75トンの推力を発生する。

   - 純粋な韓国の技術で開発された75トン級 液体ロケットエンジン -
    http://image.dongascience.com/Photo/2018/11/6c5c291580d2cb6ca113863481eb4988.jpg
    http://www.kjclub.com/UploadFile/exc_board_51/2016/05/04/bfg(1).jpg

   - 韓国語で説明された 固形ロケットエンジン(左) と液体ロケットエンジン -
    燃料供給ポンプと制御バルブ、燃料に点火する燃焼チャンバー、ガスノズル以外 等複雑な構造
    http://image.dongascience.com/Photo/2018/11/4d6b4c00211ad8c0b2c91f156a4f4911.jpg
  
   - 日本のH-IIAロケット用LE-7Aエンジン(左) と水素ターボポンプ -
    LE-7Aエンジンの推力は 約112トン
    http://fanfun.jaxa.jp/topics/images/topics_20140722_turbopomp_2.jpg

  国産エンジンとするものの、若干の経緯があるようだ。元なった推力30トン級
 エンジンは ウクライナから図面で入手、開発してきた。しかし 地上試験のみしか
 行わなかったようで、その延長に 今回の75トンエンジンがある。

   ◆ 75トン液体エンジン試験モデル1号機燃焼試験(75秒) [1分半] ◆
    https://youtu.be/yEwQ39GjUlA

  全羅南道高興郡にある羅老宇宙センターから打ち上げられ、性能目標値を超える
 約150秒の燃焼を記録した。そして高度209キロに達した後、予定通り済州島
 南東の公海上に落下、試験は成功した、との内容だった。

   - 羅老宇宙センターと済州島の位置 -
    http://mekago.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2012/10/25/chizu.jpg


  韓国の宇宙開発は、1990年代から本格化したという事では、まだまだ途上。
 これからが楽しみな状況ではあるが、スペースベンチャーが出てきている状況下で、
 上手い舵取りが求められるだろう。


   ◆ KBSニュース:発射前の準備を報道 [2分] ◆
    https://youtu.be/vB_0LuPGplw

   ◆ 発射未公開映像公開 [36秒] ◆
    https://youtu.be/ilr3INYkD1E

   ◆ 宇宙時代を開く! 羅老宇宙センター/ロケット燃焼試験 [10分弱] ◆
    ドキュメンタリー番組
    https://youtu.be/vrPbuU4xOw4


 日本語情報
  https://sorae.info/030201/2018_11_29_kari.html
  https://news.biglobe.ne.jp/international/1203/rec_181203_8921458339.html
  http://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_53/view/id/185075/page/7?&sst=wr_count_like&sod=asc
  https://japanese.joins.com/article/603/247603.html
  https://sorae.info/030201/2018_11_29_kari.html
 韓国語情報
  https://news.joins.com/article/23121072
  http://dongascience.donga.com/news.php?idx=25370
 KSLV-II(ヌリ号)について
  https://ja.wikipedia.org/wiki/KSLV-II
 JAXA 近未来の設計手法 ~ ロケットエンジンの心臓部 ~ pdf
  https://www.geocities.jp/tsukubasky_lab/TB.pdf
 韓国・羅老宇宙センターについて
  http://mekago.cocolog-nifty.com/dpzannex/2012/10/post-ec02.html



 ▼宇宙開発にもアバター登場!! まずは 月面開発でデビューを見るか?!


  月は探査の時代から、開発の時代に入りつつある。これまでは、ロケットや衛星
 というニュースが多かったが、開発に関わる内容も聞こえ始めた。

  アバターというと、ウェッブでの分身キャラクターを思い起こすが、宇宙開発の
 分野にも出てき始めた。その意味は、ロボット。ウェッブでは精々がキャラクター
 だが、実世界では、ロボットが分身となって活動する訳だ。

   - 1980年代のネット交流で使われたアバター事例 -
    http://www.digitalspace.com/papers/images/traveler.gif

  宇宙開発では、これまでにロボットやヒューマノイドの開発が競われてきたが、
 最近になってアバターに注目があたっているようだ。

  大きな違いは、自律型か遠隔操作型か。明確に区分は難しいが、操作者の意志が
 より直接的に働き掛けるのが、アバターのようだ。直ぐそこまで迫る開発現場には、
 理想追求だけでは役に立たない。現実的な方策が求めれる。
  
   - NASAのロボノート[Robonaut] -
    左) 1997 コンセプト図 右) 2003 ロボノートB
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d3/Robonaut_concept.jpg/125px-Robonaut_concept.jpg
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/b1/H_robonaut_wheels_02.jpg/200px-H_robonaut_wheels_02.jpg

  ロシアと なんと 日本は、宇宙開発にアバター[Avatar]という言葉を持ち込んだ。
 ロシアの計画では、月面に長期滞在型の月面基地を建設、アバターロボットを使い、
 遠隔で月探査へ出向く。
  実は ロシアの国営宇宙企業 ロスコスモス[Роскосмос]は、ISSでの
 作業支援用に コスモロボット[Косморобота] の開発を開始している。
 恐らく、コレが月面用に改良されていくのだろう。
 
   - コスモロボットのベースロボット FEDOR* -
    *; Final Experimental Demonstration Object Research:戦闘用で開発中
    https://z58.d.sdska.ru/2-z58-4aec8895-83d8-47e8-8a7e-058262d09d60.jpg?_640_700.

   ◆ This Russian robot shoots guns [2分弱] ◆
    https://youtu.be/HTPIED6jUdU

  日本では ANAとJAXAが、新たな移動手段として、遠隔地にあるロボットを
 操作し「見る・聞く・触る」ことで自分の存在や感覚を転送するという アバターの
 開発を、ロボットベンチャー メルティンMMIと共に始めている。

   - AVATAR X Programのイメージ図とデモ -
    デモ(右):ロボットベンチャー メルティンMMI の アバターロボット MELTANT
    https://www.travelvoice.jp/wp-content/uploads/2018/09/43dd428d6956a132a971588893156f29.jpg
    https://www.invests.com/wp-content/uploads/2018/09/43128_1.jpg

   - AVATAR X Program ロードマップ -
    https://www.travelvoice.jp/wp-content/uploads/2018/09/0c804230dd0191f5a7b1adf6059f5450.jpg

   ◆ ANAとJAXA 月面のロボットを地上から遠隔操作 [1分] ◆
    https://youtu.be/dOJg2TKmOkM

   ◆ 日経報道: 宇宙ビジネス離陸へ アバターを遠隔操作 [1分] ◆
    https://youtu.be/YW_HQP-AusE

  従来だと 研究程度のレベルであったが、ANAでは 事業化を視野に、大分県で
 AVATAR X Lab@OITA (アバターエックスラボアット大分) という実証フィールドまで
 建設し、技術を深めていく計画だ。

   - AVATAR X Lab@OITA シンボル・ビルディング イメージ図 -
    https://www.axismag.jp/axismag-admin/wp-content/uploads/2018/09/20180906_avatarx_04-720x463.jpg


  いよいよ本格的な様相を呈する 月面開発。ようやく異業種も参入し、日本の宇宙
 開発の裾野も広がりつつある。先は長いが、この一歩が人類を宇宙へ近づける。


   ◆ Russian Robot SAR-400 - First Steps In Space [5分強] ◆
    https://youtu.be/I6HjMFcbRFw
  
   ◆ ANA AVATAR Vision : ANA AVATAR [2分強] ◆
    イメージビデオ
    https://youtu.be/u0ojZhvy0Bg

   ◆ THE VISION of MELTIN [2分強] ◆
    https://youtu.be/OrUdzZKJ50o


 日本語情報
  https://news.biglobe.ne.jp/trend/1124/kpa_181124_4635583797.html
  https://jp.sputniknews.com/science/201811065548171/
  https://www.travelvoice.jp/20180906-117211
  https://www.meltin.jp/news/254/
 ロシア語情報
  https://ria.ru/space/20181106/1532166083.html
  https://74.ru/text/gorod/248546955866112.html
 ロボノートについて
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88
 FEDORについて
  https://en.wikipedia.org/wiki/FEDOR_(armed_AI_bot)



 ▽ご近所 バーナード星にも惑星が?! そこは どんな世界が広がるのか?!


  太陽系に近い恒星と言えば、ケンタウルス座の3連星が有名だ。その距離、4.2
 光年だが、もう少し先、6光年にあるのが、バーナード星だ。

   - バーナード星:へびつかい座方向に位置する -
    宇宙の謎まとめ情報図書館CosmoLibraryより
    http://cosmolibrary.com/wp-content/uploads/2018/11/c1233.jpg
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/18/Barnardstar2006.jpg/250px-Barnardstar2006.jpg

  肉眼で見える星は 6等級までとされるが、バーナード星は9.5等級、残念だが
 目では見えない。1916年に発見され、近年の系外惑星ブームもあり、研究者の
 期待が高かったが、なかなか 惑星の存在は分からなかった。

   - バーナード星と太陽、木星 -
    直径:太陽の約1/5程度 質量: 16%程度 小さな赤色矮星 表面温度は約3,000Kと太陽よりも低い
    http://www.daviddarling.info/images/Barnards_star_size.jpg

  スペインの研究者達が、この壁を突き破った。一般的に使われるトランジット法
 ではなく、バーナード星自身のフラツキを分析したのだ。即ち、恒星は 惑星の運動
 により微妙に動くのだ。

   related ASTRO blog 天体観測にもAI登場!! 系外惑星発見に大きな成果?!
             http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20astronomy/%E2%96%BD%E5%A4%A9%E4%BD%93%E8%A6%B3%E6%B8%AC%E3%81%AB%E3%82%82%EF%BC%A1%EF%BC%A9%E7%99%BB%E5%A0%B4%EF%BC%81%EF%BC%81%E3%80%80%E7%B3%BB%E5%A4%96%E6%83%91%E6%98%9F%E7%99%BA%E8%A6%8B%E3%81%AB%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E6%88%90%E6%9E%9C%EF%BC%9F%EF%BC%81
   - トランジット法 -
    http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/ebd138a44eddf5c8c2835f9febf28751/205955059/main.gif

   - 研究リーダーのイグナシ・リーバス博士[Ignasi Ribas] -
    https://sonarplusd.com/system/attached_images/22146/medium/ignasi-ribas.jpg?1526481074

  これまでの観測した6機種 20年データを主体とし、その運動周期を突き止めた。
 それが 233日、バーナード星を周回しているであろう 惑星の1年だ。

   - radial velocity or "wobble" method -
    今回用いられた方法 フラツキをドップラー効果で分析
    http://i.imgur.com/ICsUlcC.jpg

   ◆ Radial Velocity Method to Detect Exoplanets [2分弱] ◆
    https://youtu.be/rN7uuqLKv0I

  そして、想定される惑星の大きさや恒星までの距離も分かった。地球に比べて、
 3倍以上の大きさ スーパーアースだが、平均気温は、マイナス170度。とても
 生物が生まれる星ではなさそうだ。

   - An artist's impression of the newfound "super-Earth"  -
    https://img.purch.com/h/1400/aHR0cDovL3d3dy5zcGFjZS5jb20vaW1hZ2VzL2kvMDAwLzA4MC83NTkvb3JpZ2luYWwvYmFybmFyZHMtc3Rhci1wbGFuZXQuanBnPzE1NDIxNDk5NTc=
    https://img.purch.com/h/1400/aHR0cDovL3d3dy5zcGFjZS5jb20vaW1hZ2VzL2kvMDAwLzA4MC83NTgvb3JpZ2luYWwvYmFybmFyZHMtc3Rhci1wbGFuZXQtc3VyZmFjZS5qcGc/MTU0MjE0OTMyOA==

   ◆ Artist’s impression of Barnard’s Star and its super-Earth [32秒]
    https://youtu.be/Emxf58tpr3o

  
  やはり 太陽系に近い恒星には、お隣さんとしての関心が高くなる。そこには、
 どんな世界が広がり、どんな可能性があるのか。早く 惑星間航行の技術をモノ
 にしたいものだ。


   ◆ NBC News : Super-Earth Exoplanet Discovered [2分弱] ◆
    Orbiting A Star Just 6 Light-Years From Our Sun
    https://youtu.be/vW3CPUWYZ7Q

   ◆ Super-Earth Spotted Around Barnard's Star Six Light Years Away [4分] ◆
    https://youtu.be/xv2jf1iHmpA


  日本語情報
   https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/111600497/
   http://cosmolibrary.com/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%8E%A2%E6%9F%BB/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89%E6%98%9F/
  英語情報
   http://www.astronomy.com/news/2018/11/maybe-next-time-barnards-star-b-is-likely-uninhabitable
   https://www.space.com/42423-barnards-star-super-earth-exoplanet-discovery.html
  バーナード星について
   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89%E6%98%9F
  関連論文(nature) link
   https://www.nature.com/articles/s41586-018-0677-y 


 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛

 <発行にあたり> 

  このメルマガは、NPO法人 ASTROがお贈りする、宇宙を始めとする
  世界中の最先端の科学や技術の情報をご紹介するものです。

  日本では、あまり報道されない、面白いネタニュースを探して、分かり易く
  説明・解説し、科学技術の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。

  ご意見、ご感想もお待ちしております。宜しくお願いします。

 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛
 ┏┓                                  ┏┓
 ┗┛ ASTRO Sci-Tech NEWS      創刊;12.04.17 ┗┛

  ◇ 発行人 NPO法人ASTRO 
      Advanced Science-Technology Research Organization 
      http://npoastro.wixsite.com/toppage
      http://scitech.seesaa.net/ (ブログ形式)
  ◇ ご意見などは、このアドレスへ npo.astro.org.news(アット)gmail.com  
 ┏┓                                  ┏┓
 ┗┛                                  ┗┛
 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛

 <まぐまぐ> マガジンID 0001502650  購読者数(00048)

 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。 
      発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・

 <メルマ!> マガジンID 195104    購読者数(00070)

 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。 
      発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

 <最後に・>

 ・本メールは、月1回の発行を目指し努力しております。
 ・本メールは、ウエッブ情報をキャッチして、独断と偏見で選び、素人コメント
  を付記した程度のものです。よって、紹介している情報の正確性・信頼性は、
  保証できません。これを読む各人の責任でのご利用をお願いします。 
 ・本メールは、皆様ご自身の任意の申し込みにより、配信されております。
  従いまして、本メールの受信に関する全ての責任、また関連する全ての損害に
  関し、発行人はその一切の賠償責任を免れます。 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
 ┃                END: 2018.12.11 VOL.07-25 :END          ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

ASTRO Sci-Tech NEWS

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2019/02/19 部数:  48部

ついでに読みたい

ASTRO Sci-Tech NEWS

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2019/02/19 部数:  48部

他のメルマガを読む