ASTRO Sci-Tech NEWS

ASTRO Sci-Tech NEWS Vol.7-15 18.07.24

 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛
   A S T R O   S c i-T e c h   N E W S
  ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
  ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
 ┃                      2018.07.24 VOL.07-15            ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 
 ┌                                    ┐ 
   宇宙技術を中心に航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術
   ニュースを分かり易く解説します!! 幅広い方々にお楽しみ頂けます!! 
 └                                    ┘
 ┌                                    ┐
   ブログHPでは動画リンクしています!! 是非訪問下さい。
   1月より引っ越し⇒ http://scitech.seesaa.net/  
     旧アーカイブ⇒ http://npoastro.blog.shinobi.jp/
 └                                    ┘
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
  目 次   
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 


 ◆宇宙技術

  中国スペースベンチャー また1社!! 目指すは スペースX社!?

 ◆宇宙技術

  改良続く アポロ時代のロケットエンジン?! 3D技術が画期的前進?!

 ◆天文科学

  木星に新たな衛星12個!! 新しいカメラで 新発見連発か?!

  
 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛


 ▼中国スペースベンチャー また1社!! 目指すは スペースX社!?
 
 
  中国スペースベンチャーの勢いは止まらないようだ。蓝箭航天[英名 Landspace]社
 が、2020年に 液体メタン+液体酸素からなる液体燃料 メタロックス[methalox]
 ロケットのテスト打ち上げを計画していることが分かった。
   related ASTRO blog 中国参戦 格安ロケット競争!! IT顔負けの開発スピードが命!!
    http://scitech.seesaa.net/article/459532542.html
   related ASTRO blog 中国が始めた民間宇宙事業!! 小型衛星打上げに低コストで挑む!!
    http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20space%20tech/%E2%96%BC%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%8C%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%81%9F%E6%B0%91%E9%96%93%E5%AE%87%E5%AE%99%E4%BA%8B%E6%A5%AD%EF%BC%81%EF%BC%81%E3%80%80%E5%B0%8F%E5%9E%8B%E8%A1%9B%E6%98%9F%E6%89%93%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%AB%E4%BD%8E%E3%82%B3
   related ASTRO blog 中国宇宙ベンチャーが挑む 再利用ロケット?! スペースXを追い抜くか?!
    http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20space%20tech/%E2%96%BC%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%81%8C%E6%8C%91%E3%82%80%20%E5%86%8D%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%80%80%E3%82%B9%E3%83%9A    

   - 北京蓝箭空间科技有限公司が正式名称 -
    蓝箭とは青い矢を意味する
    http://www.xatcbr.com/Public/Uploads/image/20160918/371058e3.png

   - 张昌武CEO [Zhang Changwu] -
    中国版スペースX社を目指す
    http://www.spaceflightfans.cn/wp-content/uploads/2018/05/%E8%93%9D%E7%AE%ADCEO%E5%BC%A0%E6%98%8C%E6%AD%A6.jpeg

  計画中のロケットは 朱雀二号(Zhuque-2)と称し、全長 48.8m 直径3.35m、
 高度200kmの地球低軌道(LEO)に4トン、高度500kmの太陽同期軌道(SSO)に
 1.8トンの打ち上げ能力を有する。

   - Illustration of the Zhuque-2 (ZQ-2) -
    2段ロケット
    http://www.spaceflightfans.cn/wp-content/uploads/2018/07/landspace-zhuque-2-rocket.jpg
    HPでは3段ロケットイメージに見える・・ http://www.landspacetech.com/site/zq2
    http://www.spaceflightfans.cn/wp-content/uploads/2018/07/11-768x476.jpg

   - 世界3位の性能を誇示 -
    https://n.sinaimg.cn/tech/transform/185/w630h355/20180705/BFcN-hexfcvk1630239.png

   ◆ Chinese space company Landspace plans methane rocket [2分半] ◆
    https://youtu.be/N2ox5hNwyyY

  現在、エンジンの燃料室の試験を完了、エンジンシステムとしての試験に向けて、
 全力を向けているようだ。

   ◆ インジェクタフローテストの模様 [数秒] ◆
    http://n.sinaimg.cn/translate/438/w280h158/20180615/JfkP-hcyszrz9684466.gif

   - 10トン級エンジンの燃焼室(試験成功) -
    http://www.landspace.com/img/new_top.jpg
    http://www.spaceflightfans.cn/wp-content/uploads/2018/06/LandSpace-10%E5%90%A8%E7%BA%A7%E6%B6%B2%E4%BD%93%E7%81%AB%E7%AE%AD%E5%8F%91%E5%8A%A8%E6%9C%BA%E6%8E%A8%E5%8A%9B%E5%AE%A4%E8%AF%95%E8%BD%A6.jpeg

   ◆ 3Dプリンターによるスラストチャンバー部の製作 [数秒] ◆
    http://n.sinaimg.cn/translate/436/w280h156/20180615/Kite-hcyszrz9684523.gif

  中国版スペースX社を狙うだけあって夢も大きい。ロケットのシリーズ化は元より
 宇宙往還機まで描き込む。2019年には、朱雀二号に先立ち個体燃料式ではあるが、
 3段ロケットの 蓝箭一号[LandSpace-1 (LS-1)]の打ち上げを計画している。

   - スペースシャトル型の宇宙往還機をも狙う -
    なんと100名も搭乗できる とある
    http://www.spaceflightfans.cn/wp-content/uploads/2018/07/13-768x576.jpg

   - LS1のイメージ図 -
    https://forum.nasaspaceflight.com/assets/41280.0/1407951.jpg

   - 開発中エンジンシステム群 -
    左 10トン級 右 80トン級
    http://www.landspace.com/lib/skrollr-master/img/tq1_img.png
    http://www.landspace.com/lib/skrollr-master/img/tq2_img.png

  
  壮大な計画に、苦言を呈する専門家もいるようだが、政府の技術獲得政策に後押し
 されてもおり、これからの動きは注視したい。規模は小さくとも、日本のベンチャー
 にも期待し、喰い込んでいってもらいたいものだ。


   ◆ 张昌武CEOインタビュー [13分強] ◆
    mp4ファイルのため 掲載HP link
    http://cj.sina.com.cn/articles/view/2695676131/ma0acc0e301900a2lr


  中国語情報
   http://www.spaceflightfans.cn/34147.html
   http://www.spaceflightfans.cn/category/%E6%89%80%E5%B1%9E%E5%9B%BD%E5%AE%B6/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%88%AA%E5%A4%A9/china-private-space/%E8%93%9D%E7%AE%AD%E7%A9%BA%E9%97%B4%E7%A7%91%E6%8A%80
   http://www.spaceflightfans.cn/34165.html#more-34165
   http://cj.sina.com.cn/articles/view/2695676131/ma0acc0e301900a2lr
  日本語情報
   http://d.hatena.ne.jp/t-naka/20180714/p12
  英語情報
   https://spacenews.com/commercial-chinese-companies-set-sights-on-methalox-rockets-first-orbital-launches/
   https://www.satellitetoday.com/launch/2018/07/18/landspace-unveils-highly-ambitious-new-rocket/
  蓝箭航天 HP
   http://www.landspace.com/
 


 ▼改良続く アポロ時代のロケットエンジン?! 3D技術が画期的前進?!
 
 
  宇宙開発は、どうしても 打ち上げロケットに注目が集まる。しかし、最重要部品は
 ロケットのエンジンである事に、異論はないだろう。
  実は、このロケットエンジンに 1959年から改良を続け 継続して使われている
 モデルがある。それは米国 エアロジェット ロケットダイン社[Aerojet Rocketdyne]
 RL-10というモノで、アポロ時代には、第2段目に 6基搭載された。宇宙は実績
 が一番、多くのエンジンには 歴史がある。

   - RL-10 と 他の大型エンジン -
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/90/RL-10_with_cutaway.JPG/250px-RL-10_with_cutaway.JPG
    https://spaceflightblunders.files.wordpress.com/2017/09/engines_for_manned_flight.jpg?w=616

  このRL-10は 10C-1からステップUPし、現在 10C-X という形で開発
 が進む。メインとなるのは 3Dプリンターで製造されたモデルという。
  同社はこれまで、銅合金製 スラストチャンバー、ニッケル合金製 インジェクター
 の製造に成功し、それらを組み立てたアッセンブル状態での試験が待ち望まれていた。
 今回は 最終形ではないものの アッセンブル状態での試験を成功させた。 

   - 3-D printing, the additive manufacturing technique - 
    selective laser melting (SLM) to manufacture large rocket engine parts
    金属粉にレーザー光線を照射、薄く固化し 何層にも積み重ねる
    https://spacenews.com/wp-content/uploads/2014/11/SLM_NASA4X3.jpg

   ◆ Aerojet Rocketdyne Additive Manufacturing [1分半] ◆
    https://youtu.be/C6kcZ2uJazo

   - A 3D-printed copper alloy thrust chamber in 2013 -
    successfully passed hotfire tests 
    https://res.cloudinary.com/engineering-com/image/upload/w_640,h_640,c_limit,q_auto,f_auto/Jet2_tqx40u.jpg

   - A 3D-printed thrust chamber for the RL10 engine undergoes a hotfire test -
    https://spacenews.com/wp-content/uploads/2018/06/rl10test-3dprint.jpg

  これにより、数ヶ月の部品製造リードタイムと製造コストが大幅削減されると言う。
 従来は、複雑な材料をロー付けしており、その製造には 膨大な時間と費用をを必要と
 したが、3Dプリンターにより、90%もの低減に成功した。

   ◆ RL10C-1 First Flight [2014 3分半] ◆
    https://youtu.be/VVBRT1d8Eks

  現在、このエンジンは 米ULA社の 打ち上げロケット ヴァルカン[Vulcan] の
 第2段目のエンジンとして採用が決まっている。スペースX社やブルーオリジン社の
 再利用ロケットと競合すべく、ロッキード・マーティン社とボーイング社の合弁設立
 された ULA社は、老舗宇宙企業の意地を掛けて参入、ヴァルカンは失敗できない。
  
   ◆ Vulcan...in 134 seconds [2分強] ◆
    https://youtu.be/SqCTK7BmLHA


  コストダウンの方策は、次々と考えられ 採用されていく。元々 高価な世界には、
 ちょっとした事だけでも大変な効果だ。更に良いアイデアの登場が、人類の宇宙への
 ハードルを下げる事を願い スペースベンチャーを見守りたい。


   ◆ RL-10 Turbopump Cutaway [1分弱] ◆
    https://youtu.be/yAg6GSeTBo4

   ◆ Aerojet Rocketdyne Celebrates 100 Year Anniversary [4分半] ◆
    https://youtu.be/E1eH94RoANI

   ◆ RL10 Rocket Engine Progress Report No. 11, Oct-Dec 1964 [20分弱] ◆
    https://youtu.be/Qvectnuxo_0

 
  英語情報
   http://www.spaceflightinsider.com/organizations/aerojet-rocketdyne/rl-10-successfully-completes-hotfire-tests/
   http://www.spaceflightinsider.com/organizations/ula/ulas-vulcan-rocket-upper-stage-to-use-rl10-engine/
   http://spaceref.biz/company/testing-of-re-generatively-cooled-rl10-thrust-chamber-assembly-validates-3-d-printing-techniques.html
   https://3dprint.com/170213/aerojet-3d-printed-rl10-chamber/
   https://spacenews.com/41626aerojet-rocketdyne-to-3-d-print-rocket-engine-parts-under-air-force-demo/

  RL-10について
   http://www.rocket.com/rl10-engine
   https://ja.wikipedia.org/wiki/RL-10
   https://spaceflightblunders.files.wordpress.com/2017/09/engines_for_manned_flight.jpg?w=616
   http://www.rocket.com/files/aerojet/documents/Capabilities/PDFs/RL10%20data%20sheet%20Feb%202016.pdf
  米ULA社について
   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9
  ヴァルカン・ロケットについて
   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%B3_(%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88)



 ▽木星に新たな衛星12個!! 新しいカメラで 新発見連発か?!

  
  木星の衛星に新顔が12個加わった。それは、冥王星よりも外にあるとされている
 プラネットX探索中に、木星付近が観測範囲に入ってきた際、木星領域の探査も実行
 したからなのだ。それは、偶然の発見とも言えるものだ。

   - 研究チームリーダー スコット・シェパード博士 [Scott Sheppard] -
    https://carnegiescience.edu/sites/carnegiescience.edu/files/styles/large/public/Sheppard.jpg?itok=dnId3Mow

   - 発見された衛星の軌道 -
    https://www.sciencealert.com/images/2018-07/processed/jupiter-new-moons-cover-static_1024.jpg

   ◆ 12 new moons discovered around Jupiter [4分弱] ◆
    https://youtu.be/tSGMrzFlSUA

  この内2個は1年以上前に発見されていたようだが、新たな発見の確認などが続き、
 確認などを得て、ようやくの発表となった。
  大きさは、直径1-3km程度の小さな天体で、木星に近い2個は、木星の自転と
 同方向に周回、その他 9個の衛星は、木星の自転と反対回り 逆行 で周回している。

   ◆ SheppardJupiterMoonsMovie [1分] ◆
    https://youtu.be/8sOFuNbdeWM

  最後に残る1個、変わり者とされる衛星は、唯一 ウァレトゥード [Valetudo] と
 命名される予定。木星の自転と同方向で周回するものの、その回転面が、木星とは、
 大きく傾き、3つの逆行衛星群を横切っているため、なんらかの衝突の結果、現在の
 3つの逆行衛星群ができたと 推察されているが、今後も 衝突の可能性が残る。

   - 横から見た軌道面 -
    https://www.evolving-science.com/sites/default/files/Jupiter-moons.jpg

   - マゼラン望遠鏡が撮影した ウァレトゥード -
    背景の星々の中で、新たに見つかったウァレトゥードが動いている様子
    https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/071900318/02.jpg?__scale=w:350,h:430&_sh=0ed08707b0


  探査衛星に搭載されるカメラは、日進月歩で高性能となっているが、新しいカメラ
 による観測は、まだまだ これからだ。同じ天体対象でも、又 新たな発見に巡り会う
 機会に恵まれたいものだ。


   ◆ How Many Moons Does Each Planet Have? [2分弱] ◆
    https://youtu.be/-jyXNsgh584

   ◆ JUPITER - A Travelers' Guide to the Planets [50分弱] ◆
    https://youtu.be/vVLGTPaT-9s


  日本語情報
   http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/071900318/?n_cid=nbpnng_twed
   https://www.cnn.co.jp/fringe/35122611.html
  英語情報
   https://carnegiescience.edu/node/2367
   https://www.universetoday.com/139641/twelve-new-moons-discovered-around-jupiter-and-one-of-them-is-pretty-odd/
   https://www.evolving-science.com/space/valetudo-moons-jupiter-00731
 


 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛

 <発行にあたり> 

  このメルマガは、NPO法人 ASTROがお贈りする、宇宙を始めとする
  世界中の最先端の科学や技術の情報をご紹介するものです。

  日本では、あまり報道されない、面白いネタニュースを探して、分かり易く
  説明・解説し、科学技術の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。

  ご意見、ご感想もお待ちしております。宜しくお願いします。

 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛
 ┏┓                                  ┏┓
 ┗┛ ASTRO Sci-Tech NEWS      創刊;12.04.17 ┗┛

  ◇ 発行人 NPO法人ASTRO 
      Advanced Science-Technology Research Organization 
      http://npoastro.wixsite.com/toppage
      http://scitech.seesaa.net/ (ブログ形式)
  ◇ ご意見などは、このアドレスへ npo.astro.org.news(アット)gmail.com  
 ┏┓                                  ┏┓
 ┗┛                                  ┗┛
 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛

 <まぐまぐ> マガジンID 0001502650  購読者数(00049)

 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。 
      発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・

 <メルマ!> マガジンID 195104    購読者数(00066)

 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。 
      発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

 <最後に・>

 ・本メールは、月1回の発行を目指し努力しております。
 ・本メールは、ウエッブ情報をキャッチして、独断と偏見で選び、素人コメント
  を付記した程度のものです。よって、紹介している情報の正確性・信頼性は、
  保証できません。これを読む各人の責任でのご利用をお願いします。 
 ・本メールは、皆様ご自身の任意の申し込みにより、配信されております。
  従いまして、本メールの受信に関する全ての責任、また関連する全ての損害に
  関し、発行人はその一切の賠償責任を免れます。 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
 ┃                END: 2018.07.24 VOL.07-15 :END          ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

ASTRO Sci-Tech NEWS

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2019/02/05 部数:  48部

ついでに読みたい

ASTRO Sci-Tech NEWS

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2019/02/05 部数:  48部

他のメルマガを読む