ASTRO Sci-Tech NEWS

ASTRO Sci-Tech NEWS Vol.7-08 18.04.17


カテゴリー: 2018年04月17日
 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛
   A S T R O   S c i-T e c h   N E W S
  ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
  ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
 ┃                      2018.04.17 VOL.07-08            ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 
 ┌                                    ┐ 
   宇宙技術を中心に航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術
   ニュースを分かり易く解説します!! 幅広い方々にお楽しみ頂けます!! 
 └                                    ┘
 ┌                                    ┐
   ブログHPでは動画リンクしています!! 是非訪問下さい。
   1月より引っ越し⇒ http://scitech.seesaa.net/  
     旧アーカイブ⇒ http://npoastro.blog.shinobi.jp/
 └                                    ┘
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
  目 次   
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 


 ◆宇宙技術

  宇宙ホテルにニューカマー登場!! でも12日の滞在パックは超豪華!!

 ◆宇宙技術

  次なるスペースX社 コストカット?! 大きなネットで部品をキャッチ?!

 ◆天文科学

  月面には水がイッパイ?! でも使える水とは ちょっと違う?!
  


 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛


 ▼宇宙ホテルにニューカマー登場!! でも12日の滞在パックは超豪華!!
  
 
  宇宙ホテルの分野にも 新たなスペースベンチャーが参入した。オライオン・スパン
 という、宇宙産業のメッカ 米ヒューストンの企業だ。計画では、2021年に打上げ、
 2022年から稼動だ。
 
   - 宇宙ホテル オーロラ・ステーション -
    https://www.cnn.co.jp/storage/2018/04/09/6c869870be1b5c55c2a016e6f2ca3110/aurora-station-interior-orion-span.jpg
 
  全長13.3m、全幅4.3m 容積 160立方mの空間に、6名が滞在できるが、
 ISSの全長109m、容積916立方mに比べると、カワイイサイズだ。
 
   - 3棟を連結すると ISS的な宇宙ステーション -
    https://www.cnn.co.jp/storage/2018/04/09/7cd946bfd57f16d55ee123614d7e8ffd/aurora-station-future.jpg
 
   ◆ 'Luxury Space Hotel' Unveiled by Startup [1分] ◆
    https://youtu.be/PHY_vAKLzzo
 
  旅行プランとしては、12日の連泊で950万ドル(約10億円)。一泊で考えると
 約80万ドル(8500万円)となる。ロシアのソユーズで物資輸送に便乗し、ISS
 に9日間滞在した 米富豪のチトー氏の場合の2000万ドル(約22億円)に比べて、
 画期的なコストダウンであるのは間違いない。
 
   - チトー氏のISS 宇宙遊泳 2001年 -
    http://www.spudislunarresources.com/blog/wp-content/uploads/2012/12/Tito-on-ISS.jpg
 
   ◆ April 30, 2001: First Space Tourist [1分弱] ◆
    https://youtu.be/MLlSMD7XWAI
 
  これには 事前準備の期間を、これまでの2年から3ヶ月というスピードUP効果も
 含まれる。手付金8万ドル(1000万円弱)で、この宇宙の旅12日間が予約できる
 というから、高いとは言え、手が届く人もでてきそうだ。
  ホテル滞在中は、90分で地球を一周するというスペクタル映像を楽しみながら、
 バーチャルリアリティのサービス、宇宙での植物栽培の体験、地上とのライブなTV
 会議などで過ごすという。コンセプトは「宇宙飛行士になる体験」という事だ。
 
 
  この他にも いくつかの宇宙ホテルプロジェクトが進行中だ。競争が激しくなって、
 例え1日でも 1000万円程度で実現できる旅行プランが、出てくる日も近いかも
 しれない。そういう日を心待ちに、お金を貯めておこう。
 
 
   ◆ "Space hotel" successfully added to ISS [2016年 1分] ◆
    The Bigelow Expandable Activity Module (BEAM)
    https://youtu.be/DwRElVPRTQA
 
   ◆ CNN: Russians unveil space hotel [2011年 1分強] ◆
    https://youtu.be/FFSzL5F2mUM
 
 
  日本語情報
   https://www.cnn.co.jp/travel/35117429.html
   http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/041000159/
   http://www.jaccs.co.jp/lesson/moneyplan/0119/
  英語情報
   https://www.nextbigfuture.com/2018/04/startup-will-launch-luxury-space-hotel-in-2021-and-charge-about-800000-per-night.html 
 
 

 ▼次なるスペースX社 コストカット?! 大きなネットで部品をキャッチ?!
 
  
  打ち上げロケットの再利用技術を進める スペースX社。コストダウンに 再利用の
 技術は非常に大きい。これまでに、打ち上げロケットの回収・再打ち上げに5回ほど
 成功しており、順調に進んでいる。
 
   - ファルコン・ヘビーの試験打ち上げで使われた ブースター の地上帰還 -
    このブースターは、この前にファルコン9として打ち上げ・回収されたもの
    https://news.mynavi.jp/article/20180302-592765/images/002.jpg
 
   ◆ Booster Landing Falcon Heavy Feb 6 2018 [1分強] ◆
    https://youtu.be/pX60GB3nv1I
 
  そして、次なる再利用にも挑み始めた。それは、ロケット先端部、衛星などの荷物
 を積んでいる部分を覆う フェアリング だ。
 
   - ファルコン9のフェアリング -
    全長約13m、直径5.2mの大きさ
    https://news.mynavi.jp/article/20180302-592765/images/003.jpg
    https://news.mynavi.jp/article/20180302-592765/images/006.jpg
 
  実はこの部品が 意外と高価だ。即ち 1個300万ドル(3億円強)。2個あるので、
 600万ドル(6億円強)。ロケット全体 9500万ドルとも言うコストの10%近く
 にも達する高価な部品だという。
  では、どういう方法で回収するのか、頭の体操で考えて頂きたい。それは、なんと
 パラシュートが開いて落下してくるフェアリングを、船上の網でキャッチするという。
 
   - フェアリング回収船 ミスター・スティーヴン -
    大型スピード船 全長62m 最大62名が乗船でき、時速60km近くまで出る
    https://news.mynavi.jp/article/20180302-592765/images/001.jpg
 
   ◆ CNN:  SpaceX tried to catch part of a rocket with a net [1分] ◆
    https://youtu.be/L7M4Z6mEQY8
 
  残念ながら初回は、確保には失敗、回収船から数百m離れた地点への着水となった。
 しかし、次回は パラシュートを改良 落下速度を落として確実にキャッチするという。
 
 
  回収費用なども考えると、どの位のコスト削減効果が出るのか 良く分からないが、
 上手くいき始めると 確実に安いに違いない。また 波及効果も考えられているようで、
 これまで海上へ着水している 補給船のドラゴンそのものの回収や、更には同じ位の
 質量の第2段目のロケットの回収である。
  なんとも 直ぐには信じがたい話ではあるが、有言実行のマスクCEOの事、必ず
 実行していくであろう。新しい時代の宇宙開発の幕開けを 早く見てみたいものだ。
 
 
   ◆ SpaceX Fairing Separation Test [1分] ◆
    https://youtu.be/LtI1V624vWM
 
 
  日本語情報
   https://news.mynavi.jp/article/20180302-592765/
   https://jp.techcrunch.com/2018/02/21/2018-02-20-spacex-to-use-a-net-boat-called-mr-steven-to-recover-next-rocket-fairing/
   https://jp.techcrunch.com/2018/02/23/2018-02-22-spacex-misses-catching-falcon-9-rocket-fairing-with-a-giant-net-on-a-big-ship/
  英語情報
   https://techcrunch.com/2018/02/20/spacex-to-use-a-net-boat-called-mr-steven-to-recover-next-rocket-fairing/
   https://techcrunch.com/2018/02/22/spacex-misses-catching-falcon-9-rocket-fairing-with-a-giant-net-on-a-big-ship/
   https://www.nasaspaceflight.com/2018/02/spacexs-mr-steven-fsv-fairing-catcher/
   https://www.space.com/39784-spacex-catchers-mitt-boat-narrowly-misses-rocket-fairing.html
  ミスター・スティーヴン スペック pdf アレンジメント pdf
   http://www.seatranmarine.com/_Assets/Vessels/_Specs/STM_-_Mr_Steven_FINAL.pdf
   http://www.seatranmarine.com/_Assets/Vessels/_Specs/Vessel_GA/STM%20-%20Mr%20Steven-2.pdf
 
 

 ▽月面には水がイッパイ?! でも使える水とは ちょっと違う?!
  
 
  月における水の存在については、諸説ある状況だが、2つの観測データを複合して、
 新たな事実が分かってきた。それは、一見すると信じがたい内容だ。即ち、月面には
 常に水が存在するという 見た目には想像できない事だった。
 
   - 誰でも知ってる 月 の画像 どこにも水らしきものは見えないが -
    https://news.mynavi.jp/article/20180302-593018/images/001.jpg
 
  見直したのは、NASAの月探査機 ルナー・リコネサンス・オービター (LRO)と、
 インド宇宙研究機関(ISRO)の月探査機 チャンドラヤーン1 (Chandrayaan-1)の
 月面探査データだ。
 
   - LRO(打上2009年) & Chandrayaan-1(打上2008年) -
    https://news.mynavi.jp/article/20180302-593018/images/002.jpg
    http://images.indianexpress.com/2017/09/chandrayaan-759.jpg
 
  2つのデータには それぞれ特徴がある。LROは 月面温度を正確に計測しており、
 チャンドラヤーン1は 近赤外線の3μm付近のスペクトルを正確に計測している。
 月面自体も 水の存在を示すデータも 3μm付近にあるため、両者の温度差を分析し、
 水の存在を見極めたのだ。
 
   - LRO 月面温度の計測例 と チャンドラヤーン1 近赤外線の計測例 -
    https://sos.noaa.gov/ftp_mirror/astronomy/lro/diviner/media/thumbnail_big.jpg
    https://i2.wp.com/www.vssc.gov.in/VSSC_V4/images/imagegallery/chandra1.jpg?resize=348%2C342
 
  結果 月の水は 地形表面の組成に関わらず、広い範囲で 全体的に存在し、そして
 表面に張り付いた そんな状態になっているという。更に 時間の経過にも関わらず、
 あまり動いていないという事も判明し、水の状態ではなく OH(ヒドロキシ基)の
 状態ではないかと推察されている。これは、鉱物などと化合し、容易に水としての
 利用は難しいかもしれないともいう。
 
 
   - 研究リーダー ジョシュア・バンドフィールド [Joshua Bandfield] 氏 -
    スペース・サイエンス・インスティテュート所属
    http://www.spacescience.org/
    http://gemelli.spacescience.org/jbandfield/josh_pic.jpg
 
 
  大きな発見であるが、ハードルのひとつにもなりそうだ。次は、このヒドロキシ基
 から水抽出技術を極めていく事も必要だ。宇宙開発は、地球でもできる事が多くある。
 日本が貢献できる分野も増えていきそうだ。
 
 
   ◆ NASA's Lunar Reconnaissance Orbiter (LRO) [2分] ◆
    Finds New Evidence of Water on Moon's South Pole
    https://youtu.be/ij1C5X1PVGI
 
   ◆ Chandrayaan discovers water on moon [1分半] ◆
    https://youtu.be/Y0p3HKv0wNU
 
 
  日本語情報
   https://news.mynavi.jp/article/20180302-593018/
  英語情報
   https://www.nature.com/articles/s41561-018-0065-0 
  当該論文概要(nature geoscience) link
   http://www.nature.com/articles/s41561-018-0065-0
 
  ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)について
   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%8D%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%BC
  チャンドラヤーン1号について
   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%B31%E5%8F%B7
  
   

 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛

 <発行にあたり> 

  このメルマガは、NPO法人 ASTROがお贈りする、宇宙を始めとする
  世界中の最先端の科学や技術の情報をご紹介するものです。

  日本では、あまり報道されない、面白いネタニュースを探して、分かり易く
  説明・解説し、科学技術の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。

  ご意見、ご感想もお待ちしております。宜しくお願いします。

 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛
 ┏┓                                  ┏┓
 ┗┛ ASTRO Sci-Tech NEWS      創刊;12.04.17 ┗┛

  ◇ 発行人 NPO法人ASTRO 
      Advanced Science-Technology Research Organization 
      http://npoastro.wixsite.com/toppage
      http://scitech.seesaa.net/ (ブログ形式)
  ◇ ご意見などは、このアドレスへ npo.astro.org.news(アット)gmail.com  
 ┏┓                                  ┏┓
 ┗┛                                  ┗┛
 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛

 <まぐまぐ> マガジンID 0001502650  購読者数(00047)

 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。 
      発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・

 <メルマ!> マガジンID 195104    購読者数(00062)

 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。 
      発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

 <最後に・>

 ・本メールは、月1回の発行を目指し努力しております。
 ・本メールは、ウエッブ情報をキャッチして、独断と偏見で選び、素人コメント
  を付記した程度のものです。よって、紹介している情報の正確性・信頼性は、
  保証できません。これを読む各人の責任でのご利用をお願いします。 
 ・本メールは、皆様ご自身の任意の申し込みにより、配信されております。
  従いまして、本メールの受信に関する全ての責任、また関連する全ての損害に
  関し、発行人はその一切の賠償責任を免れます。 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
 ┃                END: 2018.04.17 VOL.07-08 :END          ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

ASTRO Sci-Tech NEWS

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/16
部数 47部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ASTRO Sci-Tech NEWS

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/16
部数 47部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング