ASTRO Sci-Tech NEWS

ASTRO Sci-Tech NEWS Vol.8-06 19.03.19

 ┏┓                                  ┏┓
 ┗┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓  ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓  ┏┓┏┓┏┓┏┓┛
   A S T R O   S c i-T e c h   N E W S
 ┏┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛  ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛  ┗┛┗┛┗┛┗┛┓
 ┗┛                                    ┗┛
                ☆2019.03.19 VOL.08-06☆
 ┌                                    ┐ 
   宇宙技術を中心に航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術
   ニュースを分かり易く解説します!! 幅広い方々にお楽しみ頂けます!! 
 └                                    ┘
 ┌                                    ┐
   ブログHPでは動画リンクしています!! 是非訪問下さい。
           http://scitech.seesaa.net/  
 └                                    ┘
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
  目 次   
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 


 ◆宇宙技術

  スペースX ISS往還機に王手!! 無人デモフライト成功!!

 ◆宇宙技術

  新たな月探査に向け 日本の方針決まる!! 遂に月面車開発も!!  

 ◆天文科学

  太陽の近くに小惑星 新発見!! 見落とし天体 もっとあるかも?!  

  
 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛


 -------------------------------------------------------------------------
 ▼スペースX ISS往還機に王手!! 無人デモフライト成功!!
 -------------------------------------------------------------------------


  米国の宇宙開発に、待ちに待った 往還機が帰ってきた。スペースシャトル以来、
 ロシアソユーズに頼っていた ISSへの人員輸送が 米国自前でできるようになる。

  何かと話題に事欠かない イーロン・マスクCEOのスペースX社が開発している
 通常7人乗りのクルー・ドラゴン [Crew Dragon] 無人デモフライトに成功したのだ。

   - The Crew Dragon -
    https://blogs.nasa.gov/commercialcrew/wp-content/uploads/sites/230/2018/12/DM-1-20181218-129A8083-2-apprvd-1024x683.jpg
    https://blogs.nasa.gov/commercialcrew/wp-content/uploads/sites/230/2018/12/DM-1-20181218-129A8110-208x300.jpg

   - The Crew Dragon spacecraft on top its Falcon 9 rocket -
    during pre-mission prep on Feb. 28, 2019.
    https://i.kinja-img.com/gawker-media/image/upload/s--H4wo0fAk--/c_scale,f_auto,fl_progressive,q_80,w_800/qy5s3lujmmr336usgxkp.jpg

   - ISSに接近するクルー・ドラゴンの試験機 -
    https://news.mynavi.jp/article/20190304-782386/images/002.jpg

  無人ではあるが、各種計測のため 映画 エイリアンの登場人物 リプリー の名を
 借りたダミーが載せられた。頭、首、背骨の周りにセンサーを備えた特別な乗客だ。

   - Crew Dragon DM-1 Ripley -
    https://www.teslarati.com/wp-content/uploads/2019/03/Crew-Dragon-DM-1-Ripley-SpaceX-1.jpg
    https://www.teslarati.com/wp-content/uploads/2019/03/Crew-Dragon-DM-1-Ripley-SpaceX-6.jp

   ◆ SpaceX's 'Ripley' Mannequin is Full of Sensors [2分] ◆
    https://youtu.be/ulUCkJ5DtAQ

  地上410kmの軌道上を航行するISSは、時速2万7千kmという超高速度、
 ドッキング作業は、意外と難しく ユックリと行われる。宇宙船の速度と ISSの
 速度を合わせるのを慎重に進めるためだ。
    
  まず 約150m離れる ウェイポイント1 に到着した上で、緊急対応能力を試験
 する目的で、一旦 約180mまで後退した。そして、そこから 約20m 離れた 
 ウェイポイント2へ向かった。このウェイポイント2で、SOFT CAPTURE と呼ばれる
 ソフトウェアー上のドッキングを完了した。ここで 最終的な go/no-go を判断する。

   - SOFT CAPTURE! -
    https://pbs.twimg.com/media/D0uohjKVAAEh3cX.jpg

  ここからが、実ドッキング HARD CAPTURE 作業に入る。全てが自動で行われるが、
 約10分で無事完了。スペースシャトルも使っていた Node 2 のポートだ。

   - SpaceX Falcon 9 rocket docked with ISS during the Demo-1 mission -
    https://3c1703fe8d.site.internapcdn.net/newman/csz/news/800/2019/thisvideogra.jpg

   ◆ Crew Dragon docking time-lapse [2分半] ◆
    https://youtu.be/l8ITqofUwKc
 
   - ISS Configuration for Commercial Crew -
    http://spaceflight101.com/iss-expedition-50/wp-content/uploads/sites/118/2017/03/7535545_orig-512x420.jpg

  そして ISSから3人の宇宙飛行士が、乗り込んだ。そこに待つのは、リプリー
 だけではなかった。zero-g indicator の 地球のぬいぐるみ だった。 

   - 搭載されたぬいぐるみより 大きなサイズの "Our Precious Planet" -
    Celestial Buddies' "Our Precious Planet" Earth plush 
    https://www.geek.com/wp-content/uploads/2019/03/Screen-Shot-2019-03-05-at-10.34.55-AM.png

   ◆ SpaceX Crew Dragon Hatch Opened, Astronauts Enter [7分半] ◆
    https://youtu.be/Ct80WPZl1h0

  所定の予定を完了し、無事 地球へ帰還した クルー・ドラゴン。次は、遂に有人
 デモを7月に予定する。

   ◆ SpaceX Dragon undocks from the ISS [1分半] ◆
    https://youtu.be/snpNh6fUSMA

   - 7月予定 クルー・ドラゴンの有人試験飛行に搭乗する宇宙飛行士 -
    ロバート・ベンケン [Robert Behnken] 氏 (左) ダグラス・ハーレイ [Douglas Hurley] 氏 -
    https://news.mynavi.jp/article/20190304-782386/images/005.jpg


  この成功は、単に米国のISS民間往還機の成功だけに留まらない。年間何十回
 もの商用打ち上げを目標とする スペースX社 事業計画の第一ステップを完了し、
 次、即ち 火星旅行や月旅行への足へと進む。宇宙が近づく実感が持てるだろうか。


   ◆ SpaceX Demo-1 Crew Dragon Docking to ISS - Part 1 [2時間] ◆
    https://youtu.be/3ZiqyN4hO5Y

   ◆ SpaceX Demo-1 Crew Dragon Docking to ISS - Part 2 [2時間] ◆
    https://youtu.be/SHSnOPZAIDI

   ◆ SpaceX Crew Dragon Returns from Space Station [13分強] ◆
    https://youtu.be/QVEBO6Zuppk

   ◆ Inside the SpaceX Crew Dragon Spacecraft [1分弱] ◆
    https://youtu.be/mE_hCTfMdng


 日本語情報
  https://news.mynavi.jp/article/20190304-782386/
  https://www.businessinsider.jp/post-186467
 英語情報
  https://www.forbes.com/sites/jonathanocallaghan/2019/03/03/spacexs-crew-dragon-spacecraft-just-docked-with-the-international-space-station/#49218ab7742e
  http://www.planetary.org/blogs/jason-davis/crew-dragon-docks.html
  https://phys.org/news/2019-03-spacex-dragon-capsule-successfully-docks.html
  https://www.bbc.com/news/science-environment-47477617
 関連資料(commercialcrew press kit) pdf
  https://www.nasa.gov/sites/default/files/atoms/files/commercialcrew_press_kit.pdf
 関連資料(米国SpaceX Demo-1ミッション概要) pdf
  http://iss.jaxa.jp/iss/flight/spx-demo1/item/demo-1_f.pdf



 -------------------------------------------------------------------------
 ▼新たな月探査に向け 日本の方針決まる!! 遂に月面車開発も!!
 -------------------------------------------------------------------------


  ISSの次、月周回宇宙船 ゲートウェー [Gateway] の開発枠組みが見えてきた。
 月探査や火星など深宇宙探査へ向けた中継地となる宇宙船、2022年からの建設
 開始を目指している。これまでは、米国中心に検討が進んできた。

   - ゲートウェイの宇宙船構成コンセプト図 -
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190309001797_comm.jpg

   - ゲートウェイの宇宙船イメージ図 -
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190309001798_comm.jpg

   ◆ Lockheed Martin Lunar Gateway Animation [2分] ◆
    https://youtu.be/K4YMFP9O-as

   ◆ Boeing Concepts for NASA's Lunar Orbit Deep Space Gateway [3分] ◆
    https://youtu.be/pKzzZaYxNvo

  ISSの後継的な存在としては、小さめの1/6程度で、ISS同様 いくつかの
 ブロックが結合されて 全体構成される。

   - ゲートウェー(白)とISS(灰色)との比較 -
    https://pbs.twimg.com/media/Dlsx1saU8AADAYY.jpg

  完成は2026年だが、2023年には 4名滞在できる 宇宙船の開発を目指す
 計画だが、日本の参画方針も決まった。居住棟と無人補給船を担当するという。

   - Lockheed Martin's habitat is designed to form one module of NASA's proposed Deep Space Gateway -
    https://media1.s-nbcnews.com/j/newscms/2018_34/2537751/180820-hab-cutaway-graphic-ac-648p_dd013337240aef3d8b09789774eef028.fit-1240w.jpg
    https://media3.s-nbcnews.com/j/newscms/2018_34/2537776/180820-interior-shot-mock-up-on-concept-ac-645p_dd013337240aef3d8b09789774eef028.fit-560w.jpg

   - EU案:Cis-lunar habitation module at a glance -
    http://www.russianspaceweb.com/images/spacecraft/manned/lunar/mpp/hab/imp_hab_info_1.jpg

  そして 月面車の開発にも挑む。JAXAとトヨタ自動車が発表したのだ。その
 雄姿は、これまでになく クルマであり、ローバーと一線を画している。

   - JAXA・トヨタ 月面車イメージ -
    https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/i2mp6n4w6hko/v1/760x-1.jpg
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190312003024_commL.jpg

   ◆ TOYOTA:Pressurized Rover Movie [2分弱] ◆
    https://youtu.be/1kd2nFHAAtU 

  燃料電池で動く月面車は、密閉した空間が確保され、宇宙服を必要としない与圧
 構造をしており、長距離の移動を想定したものだ。現実の月面探査で使われるのは、
 随分と先になると思われるが、日本の宇宙開発に頼りになる企業が参入してくれた。


  各国の競争が高まる 宇宙や月の探査・開発。少しビジネスの香りがしてきたのか、
 参入企業も増えてきた。とは言え、まだまだ 国間競争、当面は チームジャパンで
 勢いをつけてもらいたい。


   ◆ 月を周回する有人宇宙ステーション計画 日本が提案 [37秒](19/03/11) ◆
    https://youtu.be/hlh1DuRYt4Y

   ◆ Designing a tiny home to orbit the Moon [8分弱] ◆
    Loren Grush heads to Lockheed Martin to visit a mockup of one of these space 
    habitats and see what living in it might actually feel like
    https://youtu.be/BXjP7kWpuZw


 日本語情報
  https://www.asahi.com/articles/ASM382BWNM38UHBI008.html
  http://www.jwing.net/news/9643
  https://www.asahi.com/articles/ASM3C6H2QM3CULBJ017.html
  https://www.businessinsider.jp/post-186749
  https://www.bestcarweb.jp/news/61872
 英語情報
  https://www.nbcnews.com/mach/science/astronauts-could-stay-space-motel-way-mars-ncna903166
  http://www.russianspaceweb.com/imp-che.html
 関連資料(月軌道ゲートウェイの検討状況) pdf
  http://fanfun.jaxa.jp/event/files/event_20190128_ws_01.pdf



 -------------------------------------------------------------------------
 ▽太陽の近くに小惑星 新発見!! 見落とし天体 もっとあるかも?!
 -------------------------------------------------------------------------


  水星の公転周期 88日、金星のは 225日。今年 新たに発見された小惑星は、
 165日という短さだ。
  地球より内側の軌道を動く 2019 AQ3 は、地球からとんでもなく近いのに 初めて
 その存在が明らかとなった。

   - 新たに発見された 小惑星 2019 AQ3 の軌道 -
    白色がその軌道 青:地球 紫:金星 ピンク:水星
    https://cdn.mos.cms.futurecdn.net/HJo74Cpz6YnRZGJ6C6AT7U-650-80.jpg

   - @ztfsurvey のツイッター映像より -
    It is quite large (~1.4 km) and has the shortest orbital period of all known asteroids (~165 days).
    https://pbs.twimg.com/media/DwRIp4kU8AELMnZ.jpg
    https://twitter.com/Yeqzids/status/1082070735323942913

  小惑星には 分類法があり、地球の公転軌道の内側に存在する天体を アティラ群
 [Atira asteroid]と称しているが、2019 AQ3 は その一つとなった。
  この発見は、非常に珍しいと見られており、即ち これからも 同じような天体が
 見つかるかもしれないという期待に満ちたものだ。

   - アティラ群の名前の元となった 小惑星アティラ -
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/de/Atira.20jan17.u2.s1p0.gif

   ◆ How to Characterize an Asteroid [1分半] ◆
    https://youtu.be/tlfFuZOBjmM

  発見したのは、米国 カリフォルニア南部にある、パロマー天文台 ズウィッキー
 トランジェント 観測装置 [ZTF, Zwicky Transient Facility]だ。
  メインとなるのが、48インチ(112cm)望遠鏡に装備された 576メガピクセル
 広視野カメラ。銀河を1晩に2回、夜空を3晩でカバーでき、広大な領域を短時間
 で精査する。

   - ベースとなった 48インチ Samuel Oschin telescope と 広視野カメラ
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/a9/P48_1994_Jean_Large.jpg/220px-P48_1994_Jean_Large.jpg
    https://sciencesprings.files.wordpress.com/2017/11/zwicky-transit-facility-schematic.jpg

   ◆ Zwicky Transient Facility Opens Its Eyes to the Volatile Cosmos [5分強] ◆
    https://youtu.be/aVhMVwwUwUE

   - 発見者:カリフォルニア工科大学 Caltech 研究者 YE Quanzhi, PhD [叶泉志] -
    https://pbs.twimg.com/profile_images/975579951490461697/Cl0Aiwse_400x400.jpg

  但し 軌道の特定は、ZTFデータの他、見落とされていた 他の天文台データも
 集められ 最終的に推定された。言わば、 天文台データに見落としがあったという
 事だが、それが 益々 次の発見に期待を掛けるのだろう。

  2019 AQ3 は、公転面の角度が 47度も傾く。これまでの天体事例から考えると、
 太陽系の惑星群の仲間と言うより、太陽系外から 流れ着いた可能性もある。また、
 近年 地球に近い天体は、地球近傍天体 [NEO, Near Earth Object]として 特別に
 管理されているが、この 2019 AQ3 は そこまで心配する事はなさそうだ。

   - Known Near-Earth objects - as of January 2018 -
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/ce/Asteroids-KnownNearEarthObjects-Animation-UpTo20180101.gif/600px-Asteroids-KnownNearEarthObjects-Animation-UpTo20180101.gif


  観測技術の進歩は、まずます 宇宙を見る眼の精度を上げていく。TV画像の世界、
 4K、8KとレベルUPする技術に合わせて、もっと 素晴らしい発見が続くだろう。


   ◆ Newfound Asteroid Orbits Sun in Just 165 Days - CG [2分強] ◆
    https://youtu.be/QVozvmSilJc

   ◆ NASA's NEOWISE: Four Years of Asteroid and Comet Data [1分] ◆
    https://youtu.be/1zpXL6fYafE

   ◆ All Known Asteroids in the Solar System (1999-2018) [1分弱] ◆
    https://youtu.be/vfvo-Ujb_qk


 日本語情報
  https://shigurechan.com/space/rare-asteroid-2019-aq3
 英語情報
  https://www.space.com/43263-fastest-orbiting-asteroid-found-2019-aq3.html
  https://scitechdaily.com/latest-discoveries-from-zwicky-transient-facility-supernovae-stars-and-more/
 Zwicky Transient Facility HP 
  https://www.ipac.caltech.edu/project/ztf
 アティラ群 について
  https://en.wikipedia.org/wiki/Atira_asteroid
 関係資料(Zwicky Transient Facility) pdf
  https://indico.bnl.gov/event/1675/sessions/387/attachments/2528/3021/Bellm_ZTF_160525.pdf



 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛

 <発行にあたり> 

  このメルマガは、NPO法人 ASTROがお贈りする、宇宙を中心とする
  世界中の最先端の科学や技術の情報をご紹介するものです。

  日本では、あまり報道されない、面白いネタニュースを探して、分かり易く
  説明・解説し、宇宙の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。

  ご意見、ご感想もお待ちしております。宜しくお願いします。

 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛
 ┏┓                                  ┏┓
 ┗┛ ASTRO Sci-Tech NEWS      創刊;12.04.17 ┗┛

  ◇ 発行人 NPO法人ASTRO 
      Advanced Science-Technology Research Organization 
      http://npoastro.wixsite.com/toppage
      http://scitech.seesaa.net/ (ブログ形式)
  ◇ ご意見などは、このアドレスへ npo.astro.org.news(アット)gmail.com  
 ┏┓                                  ┏┓
 ┗┛                                  ┗┛
 ┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓┏┓
 ┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗┛

 <まぐまぐ> マガジンID 0001502650  購読者数(00047)

 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。 
      発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・

 <メルマ!> マガジンID 195104    購読者数(00072)

 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。 
      発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

 <最後に・>

 ・本メールは、月1回の発行を目指し努力しております。
 ・本メールは、ウエッブ情報をキャッチして、独断と偏見で選び、素人コメント
  を付記した程度のものです。よって、紹介している情報の正確性・信頼性は、
  保証できません。これを読む各人の責任でのご利用をお願いします。 
 ・本メールは、皆様ご自身の任意の申し込みにより、配信されております。
  従いまして、本メールの受信に関する全ての責任、また関連する全ての損害に
  関し、発行人はその一切の賠償責任を免れます。 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
 ┃                END: 2019.03.19 VOL.08-06 :END          ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

ついでに読みたい

ASTRO Sci-Tech NEWS

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2019/03/19 部数:  47部

他のメルマガを読む