仕事と育児の両立メルマガ【ANDで考えよう!】

【ANDで考えよう】ワーク・ライフ・バランス、まだまだ


カテゴリー: 2018年08月08日
━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年8月8日
「ANDで考えよう!」第312号

■ ワーク・ライフ・バランス、まだまだ

http://think-and.blogspot.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━

◎本メールマガジン(ANDで考えよう!)は

外資系企業に勤務し、三児の母でもある筆者が、

「仕事と育児の両立」を目指して悪戦苦闘の日々を送るなかで、

・先輩方から学んだこと
・気づいたこと/感じたこと

について、等身大の思いを発信しています。


◆ 仕事と育児の両立を希望する女性

だけでなく、

◆ そんな女性をパートナー、友人、部下に持つ、男性のみなさん

また、

◆ 仕事と「何か」を両立させたい方

にも、広くお読みいただき、働き方やキャリアについて考える一助になれば幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
【最近のできごと】

 間もなくお盆

----------------------------------
■おはようございます!

もうすぐお盆ですね。
筆者も短い日数にはなりますが、双方の実家に帰省をして、お墓参りをしたり、両親に子供たちの顔を見せたりしてこようと思います。


■さて本日は、

「ワーク・ライフ・バランス、まだまだ」

というテーマでお届けします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今週のテーマ】

ワーク・ライフ・バランス、まだまだ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 筆者は企業に勤める会社員でありますが、たまにヘッドハンティングのお誘いが入ることがあります。

仕事の内容、待遇、条件をチェックする中で、休みの取りやすさ、弾力性を持たせた働き方やリモートワークへの理解、は必須項目として確認をしています。

そして気づきました。

これらの取り組みについては、まだまだこれから、という企業の方が、圧倒的多数であることに。


■ 「ダイバーシティを強化したい」、あるいは「多様な人材を入れて、新しい風を吹かせたい」という企業に限って、「勤務時間は8:30-6:00固定です」、「リモートワークに対応していません」という場合が多いです。

働き方が画一的なのに、ダイバーシティもなにもあったものじゃないのでは?と思うのですが、このあたりは「鶏が先か卵が先か」という議論になりそうですね。

リモートワークが思ったほど普及していないことにも驚かされます。

だから、今でも「〇〇会社、テレワークを拡大」みたいなニュースが新聞メディアで記事として取り上げられるのですが・・・


■ 筆者の勤務する米系企業は、裁量労働制、成果主義、休みも取りやすく、リモートワークも当たり前、という環境なので、家庭とのバランスを取るという面では恵まれていると思っています。

もちろん、ものすごく忙しい時には責任を放棄はできないし、夜中でも必要な電話会議があれば参加することを期待される、という暗黒面もありますが、それでも自分のスケジュールを自分の裁量でコントロールしてゆくことができるのは、とてもありがたいこと。

自分の中では「もはやこの柔軟性ない環境では仕事ができない」というくらいまで定着している働き方なのですが、世間一般では、まだまだなのだなぁと。

裁量労働制、成果主義、リモートワークがもっと浸透したら、仕事と育児を抱える人だけでなく、仕事と介護、仕事と趣味、本業と副業?など、仕事と「何か」を両立させたい全員が幸せを感じる社会になるのになぁと、つくづく思うのです。


Think AND, not OR.
今週も「AND」で考えましょう!

※次回は8/22(水)配信です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 発行者からメッセージとお願い
http://think-and.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html#more

■仕事と育児、仕事と「何か」を両立したい等、本メルマガの内容が役に
立ちそうな方がお近くにおられましたら、ぜひ転送してご紹介ください。

■メルマガへのご感想・ご質問、講演や執筆のご依頼は以下メールアドレス宛にお問合せください。
thinkand.info@gmail.com

■blog「ANDで考えよう!」
http://think-and.blogspot.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(c) 2012-2018 Think AND project & shimotsukihazuki all rights reserved.

仕事と育児の両立メルマガ【ANDで考えよう!】

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/08/08
部数 71部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事と育児の両立メルマガ【ANDで考えよう!】

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/08/08
部数 71部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング