営業マン河村操はコミュニケーションする

第166号   徹底して聞く

カテゴリー: 2015年05月26日
<営業マン河村操コミュニケーションする>
2015年5月20日
第166号   徹底して聞く


■徹底して聞く


『コミュニケーションの基本は聞くことだ』


と、今さら声高らかに宣言されても、
もはや閉口したい、と思えるほど、
言い尽くされた感がある、聞くことについての考え。


あらためて、ここに出したのは、これについて
やはり今一度語りたいと思ったからだ。


現在このメルマガの発行元である河村総研では
依頼を受けてふたつの案件について、研究と分析を
行なっている。


そのうちのひとつが、チーム営業について。
人が二人以上集まったなら、もはや、それはチーム。
チーム一丸となって業務を遂行するには、
チームをどのように動かすのか、またチーム内で
どういった行動をとればいいのかというのが
求められる。


うちのチームはまったく機能しない、
なにかよい方法はないですかという
ことで、弊所に白羽の矢が立ったてわけだ。


そしてあらためて、チームとはというのを見直し、
チームをより活性化させるためにはどうすればいいかについて、
弊所のプログラムを叩き台に、カスタマイズしていたのだが、
その中でやはりともいうべき、言葉にであった、それが、
冒頭示した


『コミュニケーションの基本は聞くことだ』


ということだった。


さて、こんな使い古された言葉はもういいよ、話を聞く重要性は
わかっているよとおっしゃる方は多いが
今一度見直していきたい。聞くってなにか。


うんうんとうなづきを多めに入れたり、質問ぜめをすることでは、
まったくない。聞くとは、相手を理解することにほかならない。


言葉は何かの目的があって発せられる。あなたが今話しておられる
上司やクライアントは、何かの目的があって、あなたに、言葉を
投げかけているのだ。


あなたは全身全霊を傾け、相手が何を言わんとしているかを
それこそ命がけとも言わないしせい、一言一句逃さないのはもちろんのこと、
相手の表情、いきづかい、熱意や目線、ジェスチャーも含めて
全部を見る。


これが聞くということなのだ。


相手が何を言いたいかは、時に、その表面に現れてくる言葉と
全然違ったりする。その中身を裏を読もうとする姿勢が
あなたの聞く力を増大させる。


もちろんしっかり相手を見て、相手に向きあい、うなづきや
意味のある質問をするというのも大切。それは絶対に
しなくてはならないが、それが形だけには終わらないように、


相手の言いたいことを完璧に汲み取るという思いを
心のど真ん中において、聞いて見ていただきたい。


きっと今まで以上に相手のことがみえてくると思う。




そういった聞く力はもちろん営業マンには絶対に求められるものだが
そんな営業マンのコミュニケーションについての姿勢について書く、
ブログを始めました。よろしければ、そちらもお読みいただければ
さいわいです。


http://teamsaleslab.com/?p=62








河村総合研究所
主任アナリスト
河村 操


  

■ 発行者情報

メルマガ名:営業マン河村操コミュニケーションする
サイト:www.kawamuramisao.com
発行責任者:技術理論研究所 河村 操
住所:〒525-0027 滋賀県草津市野村5丁目9-34
連絡先:kawamuramisao@gmail.com





メルマガ解除希望の方はこちらからお願いします。
http://www.mag2.com/m/0001463450.html






ついでに読みたい

営業マン河村操はコミュニケーションする

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2018/12/17 部数:  749部

他のメルマガを読む