営業マン河村操はコミュニケーションする

第126号 主役は相手

カテゴリー: 2014年08月05日
<営業マン河村操コミュニケーションする>
2014年8月5日
第126号 主役は相手 


■主役は相手


「敵を知り己を知れば百戦危うからず
by孫子


現在開催しているプレゼン講座のメインコンセプトでもある。
徹底的にプレゼン聴者の研究分析をしましょう、
とやっている。


ほとんどの場合聞く人がどういう方達なのか事前に
ある程度知ることができる。どういう方達が参加するか
解ったら、出来る限り彼らを分析してください。
そして、彼らをイメージしてプレゼンの内容を組み立ててください。
そう話している。


ここがずっぽり抜けている人が多くない。
ん?こいつはいったい何の話をしてるんだ?
俺たちにとって有益なのか?
と疑問を抱かせるようでは、上手くない。


そうそう、それそれ、それって俺のことじゃんと
ならすことが出来ればコッチのものである。
そのためには徹底的に自分が出来る範囲でやればいい。
それだけで全然ちがってくる。


プレゼンは相互コミュニケーションっぽくないので
難しいということは先週号で書いた。


そう考えると1対1のコミュニケーションはうんと楽である。
相手と軽い挨拶を交わしながら、相手がどういう人かを知ればいい。
どういう人なのかわかったら、コミュニケーションはそう難しくない。


プレゼンにしても1対1のコミュニケーションにしても、
この前提をすっ飛ばすから、難しくなるのだ。


相手の気持ちになって考えましょうってお母さんや
学校の先生が言ってたよね。そのとおりやればいいのである。










河村総合研究所
主任アナリスト
河村 操


  

■ 発行者情報

メルマガ名:営業マン河村操コミュニケーションする
サイト:www.kawamuramisao.com
発行責任者:技術理論研究所 河村 操
住所:〒525-0027 滋賀県草津市野村5丁目9-34
連絡先:kawamuramisao@gmail.com





メルマガ解除希望の方はこちらからお願いします。
http://www.mag2.com/m/0001463450.html






営業マン河村操はコミュニケーションする

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2018/12/17 部数:  753部

ついでに読みたい

営業マン河村操はコミュニケーションする

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2018/12/17 部数:  753部

他のメルマガを読む