いまココ

川端康生メルマガ『いまココ』2015年4月3日号


カテゴリー: 2015年04月03日
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
川端康生メールマガジン Vol.13

『いまココ』 2015年4月3日号
―――――――――――――――――――――――――

◆冒頭のご挨拶

 桜吹雪の夜です。
 我が家の前の桜の樹、すでに老木なので賑々しく咲き乱れたりはしないのですが、そのひなびた感じがまた趣き深く。
 けれど、今日の強風で、明朝にはかなり散った姿になっていそうな。
 みなさん、お花見はしましたか?
 僕は、今年はどこからも誰からもお誘いがないので、一人、ジョギングの途中に眺めておしまいになりそうです。

 もっともピンクの花びらが散り始めてからの「葉桜」も実はとても好きです。あれはあれで、ひっそりと美しいなぁと。
「かわいい!」とか「やばい!」とかが苦手な僕向きなのかもしれません。
 あ、あと、あれ見ると「ネギタン塩」を食べたくなるんです。似てませんかね?


◆今年も福島へ行きました。

 今年も3月11日は福島で迎えました。直前に友人が亡くなったので、その葬儀で茨城へ行き、そのまま北上。全線開通したばかりの常磐道で相馬まで行ったのですが、大熊や双葉あたりでは放射能が高く、ビビっている自分に驚きました。僕はそういうことは平気だと常々思っていたので。
 やっぱりテレビやネットで感じるのと、その場に身を置くのとでは、恐怖や不安のリアリティが違う。常磐道には数キロおきに「放射線の表示」があるので、その値がどんどん上がっていくのを見ながら、背筋が少しぞくっとしたのでした。
と言いつつ、相馬と南相馬で一泊ずつ(もちろん車中泊)しているので、鈍感は鈍感なのでしょうが。

 3月11日の当日は、昨年に続いてJ・villageへ立ち寄り、そのままいわきの塩屋崎灯台。昨年は家の基礎(コンクリート土台)がそのまま放置されていたのですが、今年はきれいにならされ、造成中でした。
 復興が進んで……と言いたいところですが、4年も経ってようやく放置されていた家の残骸が片付けられたというだけのことです。
 いわきでさえこのレベルなのですから、宮城、岩手あたりは本当にあの日のままの風景がいまもあちこちに広がっています。
 なので、高層ビルが次々と建て替わる東京へ戻ってくると、どうしても嫌な気分になってしまう。「絆」とか言って、いい気持ちになっている人のことも嫌いになってしまうから困ったものです。

 ちなみに僕は、千葉から青森まで、房総から下北まで、太平洋岸をすべて走りましたが、いつも帰路に感じるのは「東京に住んでなくてよかったなぁ」ということです。もし自分が東京に住んでたら、いたたまれない。とても「絆」とか言えないと思うのです。「風化」とか言えない日常がいまもあります。
 都内在住の人、すみません。でも、それくらいギャップは大きいです。


◆近況など

 3月の終わりから九州へ行ってきました。日本代表の大分での試合にかこつけて、「生まれ故郷」である中津と耶馬溪、それに宇佐を駆け足で回り、試合が終わった後には「育ち故郷」である福岡に寄りました。
 えー、あまり人には言ってないのですが、僕は「邪馬台国」好きなのです。老後は邪馬台国研究をしながら過ごしたい、と子供の頃から思っていたのです。
 宇佐は、いま現在、僕が邪馬台国の有力地と思っているところ。そんなわけで訪れてみたのですが、あまりに駆け足だったので……。
 近いうちに、今度はゆっくり回ってみたいと思っています。

 というわけで、今年もクルマ旅は続行する予定です。
「うちにも遊びに来て」という方はぜひお声がけください。日本全国どこでも出かけます。


◆お知らせ

◎「Yahooニュース個人」に拙文を掲載しています。
 ついさっき「ハリルホジッチと新たな日本代表」についての原稿をアップしたところ。サッカー好きな方、ぜひ御一読ください。

◎それから「Yahooニュース個人」の「有料版」で、「ベルマーレ史」の連載を行っています。
「クラブ史」というのを前から書いてみたかったのです。どんどん人が変わって、<これまで>のことがなかったことにされていくのは、<これから>のためにもよくないだろう、という思いもありましたし。
 昔の資料や取材ノートなんかを引っ張り出して調べていると、僕自身も新たな発見があったりして、なかなか筆は進みませんが、それでも「百年後にも読める原稿」を意識しながら綴っています。
 いま第4回。初年度のJリーグ参入争いに敗れたあたりです。行きつ戻りつしながらになるとは思いますが、現在に辿り着くまで続けるつもり。

 カワバタのトップページからどうぞ。こちら↓↓
 http://bylines.news.yahoo.co.jp/kawabatayasuo/


◆これで「月刊カワバタvol.13」はおしまいです。
 ……全然「月刊」じゃないですね。すみません。

◆ご意見・ご感想・ご質問などは ⇒ post@teamknet.com
―――――――――――――――――――――――――
『いまココ』vol.13(2015年4月3日号)
発行者 川端康生
http://www.teamknet.com
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

いまココ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/02/03
部数 16部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

いまココ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/02/03
部数 16部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング