リフォーム成功実践法

【リフォーム成功実践法】マンションの床下地、根太組工法のデメリットとは?その2

カテゴリー: 2017年02月10日
【リフォーム成功実践法】

マンションの床下地、根太組工法のデメリットとは?その2

「2、隠ぺい配管の取り回しが、大変である。」

※このメルマガ リフォーム成功実践法は、工務店・リフォーム業界
 これからリフォーム考えている人の、すべてに向けて発行しています。
  
 登録・解除はこちら⇒http://www.mag2.com/m/0001404450.html

                                               
                            #496  2017_2_10


        目標1000部!頑張って発行いたします。


●まぐまぐ!メールマガジン『リフォーム成功実践法』

 いつもメルマガのご購読、ありがとうございます。

 本年も変らぬご愛顧の程、よろしくお願いしますね。


 「新年もあけたなぁ~」と思っていたら、あっという間に2月です(笑)

 「2月にどうしても、やっておきたい」こと。

 あなたなら、どんなことがありますか?


 アキラの場合、「やっぱり」。あれ、かなぁ~。

 この続きは編集後記で・・・。



■マンションの床下地、根太組工法のデメリットとは?その2

  「2、隠ぺい配管の取り回しが、大変である。」


 前回の記事では、なぜ?「マンションの根太組工法がデメリットなのか」から、


その理由、その1 「床の高さを低くすることができない」
について、紹介したよね。


「根太組工法」の下地ではその構造上、「角材」を根太に使うためどうしても
マンションの床を低くすることができない。


そこで、今回の記事では、さらにデメリットになっている理由、

「2 隠ぺい配管の取り回しが大変である」から紹介しよう。



●床下の隠ぺい配管って、いったいどんなものなの?


あなたは「隠ぺい配管」と言われて、いったいどんなものを想像しますか?


「うーん。配管と言うんだから、水とかお湯の管のことかな」


まさに、ビンゴです!正解です。すごいです。さすがです。やっぱり、アキラの
メルマガを購読しているあなたは、勉強家です!(ちょっとおだてすぎました)


「隠ぺい配管」とは文字通り、隠れて見えなくなる配管。
水の場合は「給湯配管」。お湯の場合は「給湯配管」のことです。


しかし、隠れて見えなくなる配管は他にもあります。
例えば、「排水管」や「ガス管」もそのひとつです。


「あれ、電気は隠ぺい配管になるのかな?」


電気の場合は、配管というより「配線」になりますね。しかし、その配線も
電気の線、専用の「CD管」を使って配線すれば、りっぱな配管です。

「CD管」については、ここでは深く紹介しませんが、CD管とはプラスチック
で出来ている樹脂管で、より配線を保護する目的で使用します。


もちろん、鉄筋コンクリートの建物ではコンクリートを打ち込む前に
この「CD管」で配管を行いCD管ごとコンクリートを打ち込む。

そのくらい、「CD管はしっかり配線できる」ということを覚えておこう。


おっと、それからもうひとつありました。「CD管」には、電気の配線の他にも
もっと重要な配線が通っています。


「アキラさん、ちょっと前置きが長すぎますよ」


いやいや、そんなに焦らしているわけではないけど、あなたにもちょっとだけ
考えてほしいだけです。

その配線とは、「火災報知器」の配線のこと。マンションの場合は、たいがい
自動火災報知機が設置してあり、火災により「熱」や「煙」を感知すると非常ベル
や音声でしらせます。それと、同時に警備会社にも通報されるようになっていま
すね。

最近では、住宅用でも電池式でどこにでも取付られるタイプのものが主流です。


●隠ぺい配管はなぜ、床下の取り回しが大変なのか?


それでは、そろそろ本題に入りますよ。

なぜ、「隠ぺい配管は取り回しが大変なのか」。その理由は、床下のふところ、
つまり高さがないからである。


マンションの床下が「根太組工法」の場合、ほとんどないことは、前回の記事で
も紹介した通り。マンションの場合は、戸建と違ってそもそも部屋の高さを確保
するために、床を低く、天井をできるだけ高くするしかない。

となれば、根太組、つまり角材で床下地を作った場合には、床下の高さがない。


「隠ぺい配管」は工事の工程上、床下地を作る前に配管する。ということは、
コンクリリートスラブのになるべく低い場所で配管することになる。


しかし、なるべく低くといってもどうしても配管が交差する箇所がある。例えば
「給水管」と「給湯管」が交差する場所や、あるいは「ガス管」が交差する場合
もある。


それぞれの「配管」は、ひとつの管であればそれ程厚みは無い。しかし、それが
交差すれば、当然厚みも増す。その場合、床下地の根太材はどうなるのか?


当然、「根太材」はそこでいったん途切れることになる。そう、切断するのだ。


角材の根太材をその都度、切断することは、その都度、切断した箇所を補強しな
ければならない。


しかし、これはまだ序の口です。それより、もっと大変のことがある。


どんなことだと思います?それを次の項で紹介しよう。



■床下の隠ぺい配管で、もっとも大変なこととは?


隠ぺい配管の中でも比較的「径」の細い、給湯・給水・ガス配管などは、交差
しなければ、まだ根太に使う角材には支障がない。まぁ、それでも全くないわけ
でもないのだか。

その隠ぺい配管の中で、もっとも頭を悩ます、設備屋さんがもっとも嫌う配管が
ある。


「え~。そんなに頭を悩ますほど大変なの?」


そうなんです~。もっとも大変な隠ぺい配管。それが「排水配管」です。


なぜ、「排水配管」がもっとも大変で設備屋さん泣かせなのか?
その理由を順を追って紹介しよう。



■隠ぺい配管の中でなぜ、「排水配管」が大変なのか?


隠ぺい配管の中でなぜ、「排水配管」が大変なのか?その理由を説明する上で、
排水配管をちょっとだけ紹介しますね。

「排水配管」と言われて、あなたならどんなものを想像しますか?


「え?排水管のことですよね。床下にあるものは見たことがありませんが、台所
の流しの下に少しだけ見えているグレーの管のこと?それとも、洗面台の下に見
えているあのジャバラの配管のことかな~」


そのどっちも正解です!


どちらも「排水管」であることは間違いありません。ですが、
アキラが紹介するのは、そのさらにずっと下。そう、床下の配管です。

あなたが、工事中でなければ決して見ることができない床下の排水管。その排水
がなぜ、取り回しが大変なのか?


その理由は「排水管」の場合、必ず排水管の径の太さに応じて『管の勾配』を
とらなければならないから。


地球という星に住む以上、重力に逆らえないことはわかるよね。


「え、何をいまさら。そんなことは当たり前ですよ」


そう、木になっている「りんご」は必ず、地面に落ちる。空を見れば、流星も
落ちてくるし、バンジージャンプで飛び降りれば必ず下に落ちる。

間違っても、上に上がることはないよね。


それと同じで、あなたが普段、なにげなく飲む「水」についても同じことが言える。


「水」の性質は今更説明するまでもないよね。


水という液体は、必ず高いところから低いところ移動する。ということは、水に
圧をかけて流す「給湯管」や「給水管」と違い、排水管の場合には、一定の勾配
をとらないかぎり、流れていくことがない。


それどころか、流れていかずに詰まってしまうことや、漏水の原因にもなる。


ここまではいいかな。


では、なぜ勾配を取ることと「床下の取り回し」が大変なのか?


それは、次回のメルマガで紹介ますね。


かーなーり、長文になってしまいましたね。お疲れ様です。


しかし、次回もさらに奥深く切り下げて紹介しますよ!こうご期待!



実際の排水工事の様子は、下のサイトで紹介しています↓

http://akira-rehome.net/new1067.html

お時間のある方は、しっかり勉強しておくように!なんてね。



次回のメルマガでは「マンションの床下地、根太組工法のデメリットとは?」か
ら、マンションの床下地、根太組工法のデメリット その2 

『排水管の勾配をとることが、なぜ大変なのか』から紹介します。

ちょっと脱線していますが、さらに深く掘り下げますね。

まぁ、重要なところですので・・・。

 

■編集後記


あなたはが「2月にやりたいこと」は、どんなことですか?


節分の豆まき。それとも、最近流行りの「恵方巻き」を食べること?
そうやって、考えると結構2月でもいろいろありますね。


しかし、アキラがこの時期もっともやっておきたいこと。


それは、「2月にスキー」に行くことですね。

なぜかって。それは、この時期の雪が、もっとも雪質がいいからです。
あのスキーで滑る『パウダースノー』のゲレンデ。


まさに、至福の瞬間ですね。


しかし、それとは裏腹に、この時期はもっともスキー場が冷える時期です。
スキーで滑る時は、晴れの日がいいですよね。

ああ、それとスキー場の事故が最近、増えています。

特に、夕方が多いみたいです。
スキーで滑る場合は、安全速度でお願いしますね(笑)


 
■リフォーム成功実践法で役立つその他の記事です。

 ○マンション直貼りフローリングの際用ベニヤは使わない場所とは?

 ⇒ http://akira-rehome.net/new1174.html
 

  ○リノベーション物件購入後にトラブル 床断熱材が入っていない?

  ⇒ http://akira-rehome.net/new1166.html


 ○マンションの断熱工事はトータルでしないとダメなんです。

  ⇒ http://akira-rehome.net/new1123.html


  ○マンション直貼りフローリングは、なんでもいい訳ではない?
 
  ⇒ http://akira-rehome.net/new1079.html


  ○マンションで和室を洋室に変える間仕切りリフォームはできるのか?その1
 
  ⇒ http://akira-rehome.net/new1195.html


 ○マンションでLGS下地とは間仕切り壁・天井の下地材です。
 
  ⇒ http://akira-rehome.net/new1200.html


 ■戸建にお住まいの方に読まれている関連記事です。

 ○トイレの床が腐る。和便ではよくあることです。 
   
 ⇒ http://akira-rehome.net/new1118.html
 

  ○戸建床リフォーム失敗編 クレームの理由は床の水平が悪いから?
 
 ⇒ http://akira-rehome.net/new1071.html


 ○腐っている木造戸建て土台を取り替えるには?
 
 ⇒ http://akira-rehome.net/new1119.html


 ○浴室の柱や土台が腐っている場合、取替補強どの程度すればいいのか?

 ⇒http://akira-rehome.net/new1159.html


 ○南京下見張りの外壁はなぜ漏らないのか?

 ⇒http://akira-rehome.net/new1001163.html



■ファンレター


 ファンレターをはじめ
 苦情、ご要望、ご提案、クレームは
  info@akira-rehome.net
 までお願いします。

 ファンレターを頂いた際には
 いつもじっくり読ませてもらい
 記事のかてにして頂いています。

                  
■発行者

 アキラ
  リフォーム成功実践法
  http://akira-rehome.net/
  info@akira-rehome.net
  
※本メルマガの著作権は、アキラに属します。無断転載は固くお断りします。
  尚、掲載希望の場合にはメールでお知らせください。


■発行元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
■配送技術:株式会社アットウェア http://www.atware.co.jp/
 
-----------------------------------------------------------------------
裏)今週は、かなり大荒れみたいですね。寒さ対策、万全でお願いしますよ

リフォーム成功実践法

発行周期: 不定期 最新号:  2017/02/10 部数:  183部

ついでに読みたい

リフォーム成功実践法

発行周期:  不定期 最新号:  2017/02/10 部数:  183部

他のメルマガを読む