1分で人気教室になれる! 生徒募集の教科書

パーナトーシップが教室を発展させる!

こんにちは。

世界一カンタンわかりやすい!
教室集客の専門家、増地 崇志です。



3連休最終日は、いかがお過ごしですか?

僕の住む広島は、今日は秋晴れの
とても気持ちのいいお天気です。


そんな空気に感化されて
心地よい気持ちでメルマガを書いています。



今日も、心込めてあなたに役立つ情報を
お届けしたいと思います。



●パーナトーシップが教室を発展させる!

いきなりですが

僕は、ここ1年くらい毎日ストレッチや
筋トレを行っています。


もともと体育大学まで出るくらいなので
体は、継続的に動かしていました。



しかし、毎日はできませんでしたね。


それが今では、
1年間ほぼ毎日行っています。



なぜ僕は、毎日トレーニングを
つづけられるようになったのか?



その理由は、とてもシンプルです。

妻と一緒にやってるからなんです。



毎朝、決まった時間になると
どちらからともなく

「(トレーニングを)やる?」と
声をかけます。



どちらかが気乗りしない日も
あると思います。

けれど、相手がやるので
それに合わせるように行っています。


お互いがお互いの
ペースメーカーなんですね。



実はこのように、何かに取り組むとき

一人ではなく、二人のほうが
効率性や継続性が高いと言われています。



そして、それはビジネスにおいても
同じことが言えるのだそうです。

一人よりも二人のほうが
ビジネスが発展しやすいんですね。



例えば、

iPhoneやiPadでおなじみの
アップル。


アップルには、創業時“二人のスティーブ”が
いたことは有名です。


スティーブ・ジョブズ氏と
スティーブ・ウォズニアック氏です。


端的に言うと、マシンのアイデアを
ジョブズ氏が掲げ、

それを

製品として具現化していたのが
ウォズニアック氏だと言われています。



日本では、ソニーやホンダなどが
この例に当てはまります。

ソニーは、創業者の井深大氏と
森田昭夫氏。

ホンダでは、創業者の本田宗一郎氏と
藤沢武夫氏。


このパートナーシップが
事業を推進してきたことは有名です。




または、このような大企業でなくとも
田舎の地元の有力企業さんなんかは

いまだに社長の奥さんが
経理をなさっているようなケースが多いと思います。



そして、奥さんがわりと従業員さんを
うまくフォローしてくれてたりします。



こうしたパートナーシップが、
事業を発展させるエンジンになるんです。




さらには、これを応用した例が
医療の現場で行われています。


 福井大病院が、開発した
「パートナーシップ・ナーシング・システム」です。


一人の患者さんを看護師がペアになって
日々ケアを行うシステムなんだそうです。


これにより、福井大病院では
以下のような効果が挙がっています。

・看護師さんの超過勤務の減少
・オカレンス(ミス)の減少
・人材育成の促進 etc



つまり、仕事の効率性や正確性、
それに伴う生産性が向上するんですね。



このときポイントになるのは
「ペアの関係性」です。


あくまで、
ペアは対等な関係でなければいけません。

事実、先述のソニーやホンダなどは
お互いの意見を言い合える関係だったそうです。



このような話を聞くにつれ
僕は、あることに気づきました。



実は、僕のクライアントさんは
最近、ご夫婦の方が増えているんですね。


そして、どなたもご夫婦で足りない部分を
補い合っているように感じます。



旦那さんが整体師で
奥さまが鍼灸師の治療院さん。

旦那さんがプログラマーで
奥さまが営業をなさる某FC教室本部。

旦那さんが、プロ志向の生徒さん
奥さまが初心者を指導されるバイオリン教室 etc。



このように、それぞれ役割分担があり、

お互いが対等に、それぞれの立場から
事業について意見を述べておられます。




見方を変えれば

「相手もがんばってくれてるんだから
 自分もやんなきゃな」

というモチベーションにもなりますよね。




以上のことから僕は、

事業において、パートナーシップが
自然な発展を促進してくれるのだと考えています。




そして、おそらく

ライザップのようなパーソナルトレーニングも
これに当てはまると思うんですね。


そういう意味では、僕が先生の教室集客を
代行している「ドリコラ」もそれに当たると思います。

https://highcommunication.jp/kobetsu-session.html



僕は、ネット集客については専門家ですが、

ピアノや空手や英語といった分野は
専門家ではありません。


ですので、お互いの立場から生徒募集について
意見を交わしながら集客施策を行っています。




また、同じような境遇の仲間がいることも
これに当てはまると思います。


同じくらいの事業規模や
同じような事業。

同じような年齢や
住んでいる地域が同じ。

同じくらいのネットスキル
同じようなネット集客の実践 etc。



こうした仲間がいると
切磋琢磨し合える関係が生まれます。



さらには、先生が勝手に上記のような方を
パートナーに見立てることもアリかもしれません。



自分と同じような境遇の方が書いてるブログを
たまたま見かけたとします。

そしたら、その方を勝手に
パートナーに見立てるんです。


そして

「あの人がこれだけやってるんだから
 自分もがんばろう!」


と、自分のペースメーカーにするんですね。



名づけて「エアパートナーシップ(笑)」。

ですが、これはこれで効果的だと思います。





以上のように「パートナーシップ」とは
夫婦や恋愛など男女の関係だけではありません。

教室経営を推進して行くための
パートナーシップもあります。



そして、パートナーシップは

自然な教室の発展を
促してくれると僕は思っています。







●好評につき、オンラインで開催が決定!

【夢を叶える願望の“書き方”とは?】

僕が15,6年の歳月をかけて見つけた
最適な“願望の書き方”をお伝えして、

先生がホンネの願望を書き出せるようになる
ワークショップを開催することにいたしました。

https://highcommunication.jp/5d-writing.html



このワークショップでは、
つぎのような内容を予定しております。

・引き寄せのメカニズムについて
・あなたのホンネを探るワーク
・キーログを見つけよう
・スタンダードな願望の書き出し方
・願望を書き出す時に役立つ万能フレーズ
・願望が実現しやすい●●思考とは?
・ホンネがわからないときの願望の書き方
・お金に関する願望の書き方
・相手がいる場合(恋愛・親子・人間関係)の願望の書き方
・あなたが書き出した願望を添削
・予祝パーティ etc




先生の“ホンネ”を最適な言葉で書き出し、

理想の教室経営・理想のライフスタイル実現の
一助になれればうれしいです。



ぜひ、先生とお目にかかれることを
楽しみにしています。



ワークショップの詳細はコチラをクリック↓
https://highcommunication.jp/5d-writing.html





ということで、
本日のメールは以上です。



今回も最後までお読みくださり、
感謝しております。




先生が最適な教室経営ができるための
ヒントになれば幸いです。



どうぞ、安全にお過ごしくださいね。





それでは、また次回。




------------------------------------------------

■こちらもオススメ!

------------------------------------------------

【限定5名さま】
●無料コンサルティングを試してみませんか?
https://highcommunication.jp/free-consultation.html


【集客代行:ドリコラ】
●教室集客のプロがネット集客を代行いたします
https://highcommunication.jp/kobetsu-session.html


【単発サポート:個別コンサルティング】
●新時代の集客を体験しませんか?
https://highcommunication.jp/session.html


【動画教材:渦の法則&7つのステップ】
●大富豪が教えてくれたビジネス成功の秘策とは?
https://highcommunication.jp/consulting.html


【ワクワクセールスレター作成代行】
●生徒募集は「伝え方が10割!」
https://highcommunication.jp/letter.html


●増地 崇志プロフィール
https://highcommunication.jp/profile.html


●成功事例
https://highcommunication.jp/case-study.html


●サポートについてのおねがい
https://highcommunication.jp/please.html


●増地のアメブロ
http://ameblo.jp/hc2011/


●メールからのお問い合わせも、増地が回答いたします
https://highcommunication.jp/form-inquiry/







--------------------------------------------------------------------------
無料メールマガジン
■1分で人気教室になれる! 生徒募集の教科書
□発行責任者:増地 崇志
□公式サイト:https://highcommunication.jp/
□問い合わせ:https://highcommunication.jp/form-inquiry/
--------------------------------------------------------------------------

1分で人気教室になれる! 生徒募集の教科書

発行周期: 不定期 最新号:  2018/10/08 部数:  179部

ついでに読みたい

1分で人気教室になれる! 生徒募集の教科書

発行周期:  不定期 最新号:  2018/10/08 部数:  179部

他のメルマガを読む