草野球で強い相手に勝つとっておきの方法

内野ゴロを審判にセーフにみせる方法とは?

これは草野球で審判が一人の場合につかえるとっておきの方法です。
つまり主審一人の場合です。

やり方は簡単です。
一塁ベースに足から滑り込みます、高校生のように足からではダメです。
あれは自己満足のアピールにすぎません。
ヘッドスライディングをしたら、アウトと認めたと同じ。
主審はアウトと叫び、ヘッドスライディングを有終の美でかざる役割を演じさせる逆効果です。

足から滑り込みます。
一塁ベースまで届かない
1メートル手前で止まるくらいで、早々にスライディングし、体を静止します。
一塁ベースまで届いていないわけですから、それだけ早く体を静止させます。

そうすると、あら不思議、セーフになることがあります。
なぜなら主審一人の場合、ホームベース側から打者走者と一塁手、一塁ベースは重なって
死角になります。

つまり打者走者と一塁手、一塁ベースの距離感は主審にはわかりにくいのです。
したがって、アウトかセーフの判定は‘タイミング’での判定にならざるえません。

それを逆利用して、打者走者は早く一塁にたどり着いたことをアピールするために
静止するのです。

ベースよりも手前でスライディングしていますので、ボールが届くより早くみえます。
審判は打者走者が一塁にたどり着いたと<錯覚>し、セーフと叫ぶことになります。

その後、なにげな~くたちあがり一塁ベースに・・・。

一塁手はきっと抗議することでしょう。
でもアウトセーフはそうくつがえりません。

打者走者が立ち上がるころには、主審は試合の進行のために次の動作にはいり、
なにがな~く走者がたちあがって移動しているのは気が付きません。

もちろん、明らかなアウトはだめですよ。
それなりにきわどいタイミングであることが前提です。

皆さんは一塁をかけぬけて、自分がセーフなのにアウトと宣告されたことはありませんか?
あれは、主審が走者の一塁へ到達した瞬間がわかりずらいから、無難にアウトをいってしまうんです。
ですからベースを普通に駆け抜けるのではなく、ベースをしっかり踏む動作などでアピールしなくちゃ
いけませんね。

この錯覚、死角を利用した方法は使えますよ~。

以上

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む