子育て主夫ネットワーク「レノンパパ」

主夫コラム第4回「主夫の子どもはどう育つ?」


「主夫の子どもはどう育つ?」


我が家では、5歳と3歳の息子がいます。
育児はもっぱら私がしていることになります。
子どもの幼稚園の準備、食事の支度、トイレの世話やお風呂、社会のルールやお友達との付き合い方など
いろいろなことを教えたり、話したりしています。
きっと、一般のママ達がしていることとさほど変わらないとは思いますが、
パパがそれを主に担うことを子どもはどう思っているのでしょうか?

そこで5歳の息子に訊いてみました。
『パパがご飯作ったり、いつも一緒にいるのはどう?ママの方が良かった?』
「んー、別にどっちでもいい」

どっちでもいいそうです(笑)
でも確かに普段関わっていても、「ママがいい」とかそうしたことは聞きませんね。

思い起こせば、私が主夫になったのは、上の子どもが3歳の頃。
それまで妻が子ども達と一緒に過ごしていたので、急にパパに代わることで子ども達は不安にならないか
とても心配しました。
でも3日で子ども達は慣れました(笑)

子ども達は予想以上に順応と切り替えが早く、
「ママが仕事でいないからパパがいるんだ。」と素直に理解しているようです。


さて、ここでもう少し踏み込んで考えたいのですが、
ママじゃなくてパパが育児を主体にした時、子どもはどう育つのでしょうか?
これは、実際に統計を取らないとなんとも言えませんので、我が家の場合で考えてみたいと思います。

まず、やんちゃに育ちます(笑)
男親に男の子の兄弟。自然と遊びも激しいものになってしまいます。
子ども達は私に、日常的に「ケンカごっこ・鬼ごっこ」などを要求します。
自分もそうした遊びが嫌いではないので、一緒に体を使って遊びます。
結果、体力がやたらつくようです。
また、ケガなども多いのですが、「そんなの大丈夫」と私がさらっと流してしまうので、
痛みやケガに強く、よく言えば頑丈に、悪く言えば鈍感に育つようです。
これがママだったら、日常的にはケンガごっこなどしないだろうし、もう少し大人しい遊びをさせるかもしれませんよね。


そうした一方で、片付けやお風呂の習慣など、基本的な生活やマナーなどについては、少々いい加減になっている気がします。
それは自分自身がいい加減なところがあるせいだと思います。
例えば、子ども達がケンカしていても、私は結構放っておいたりしますが、
お母さん達は割とすぐ介入するか、ケンカする前に止めてしまっている気がします。
子ども同士の付き合い方などにお母さん達は敏感なように感じますが、私の場合はあまり気にしないので、
いい加減になっているかもしれません。
他にもお風呂に入りたがらなかった場合、2日はくらいは目をつむってしまったりすることもあります。
きっと、お母さん達はきちん毎日お風呂に入れるようにされてるのではないでしょうか?


さてさて、簡単に我が家の子ども達の様子を考えてみましたが、
これが主夫の子どもの一般的なものとは言い難いですね。
もし、子どもが女の子だったらどうだったか分からないし、
子どもの性格もその子その子で違います。
また主夫の家庭でも、大人しい性格の男の子もいますし、
ママ以上にきちっとされている主夫の方もいます。

こんな風に考えていくと、「結局人それぞれ」とあいまいな結論になってしまいますが、
でもむしろその通りで、「主夫だから」と言って、子どもの育ちが何か変わるとも正直思いません。

「どんな風に育てるのか」
それは主夫だろうと主婦だろうと、その家庭の方針によります。
それに「どんな風に育つのか」は、その子どもによります。
ですから、「主夫の家庭の子どもがどう育つのか?」はその問い自体が不自然なのかもしれませんね。


でも、そうは言っても実際に統計を取ってみたら、傾向などが出てくるかもしれません。
それ以前に統計を出すほどの主夫がいないかもしれませんが・・・
今後もっともっと主夫が増えて、「主夫の家庭の子どもはどう育つのか?」その問いが解明されるようになるといいですね!


文章:レノンパパ梶


レノンパパお問い合わせ
syuhunet@lennonpapa.org
レノンパパホームページ
http://www.lennonpapa.org/
レノンパパブログ
http://blog.lennonpapa.org/ 

このメルマガは現在休刊中です

子育て主夫ネットワーク「レノンパパ」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2012/09/28
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

子育て主夫ネットワーク「レノンパパ」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2012/09/28
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング