でるとこ攻略日本史メルマガ

11/14 定番の落とし穴と壁を打ち破る2ステップ


カテゴリー: 2018年11月14日
◆◇━━━━━━◇◆

 予備校講師 石黒拡親の
 でるとこ攻略日本史メルマガ
 第634号

 毎週水・土曜日発行
 http://www.derutoko.com/

◆◇━━━2018/11/14


■定番の落とし穴と壁を打ち破る2ステップ

ある現役生から勉強法について相談を受けました。
学校で日本史をやっていないというハンデを背負っている人で、日本史が苦手とのことです。
もっとも、話をよく聞いてみると偏差値は50台後半には届いていました。
ただ、ノートの復元がきちんとできないために問題は少ししか解いておらず、過去問にはまだ手をつけていないと言うのです。

こういう話はよく聞きます。
そしてこの後、良くないコースに進んでしまう人も多いです。
良くないコースとはいくつかあるのですが、共通するのは「勉強するものを減らしてしまう点」です。
ノートが覚えられないからと、一問一答集に走ったり、『読むだけ日本史』の赤字覚えに走ったり、はたまた私大受験なのにセンター試験に的をしぼり、センターの過去問ばかりを解いたり……。
いずれも撃沈コースまっしぐらです。
第一志望の私立大学に、センター試験で受かるなんてことはまずありません。
その話は以前に書きました。
http://www.derutoko.com/blog/20100703/000003
だから一般入試の過去問こそ解くべきなのです。

こういう話をすると、これまた決まって返されるセリフがあります。
この彼女もご多分に漏れず、やっぱり返してきました。
「過去問を解くのが怖いんです」と。
オイオイ、そんなんじゃ本番はどうなるんですか。
ま、いわゆる「逃げ」ってヤツですね。
そんな消極的な姿勢で第一志望に受かる人なんて、ふつういません。

そう話したところ、この彼女は意外と自分を客観視できていて、笑って「やっぱりそれじゃあダメですよね?」って言ってました。
もしかしたら乗り越えられるかもしれませんね。


さて、この手の壁にぶつかっている人には、次のアドバイスをします。

(1)ノート覚えは、制限時間と範囲を決めて取り組む。
これは問題演習の時間を確保するための策です。
ノートをだらだら覚えるのはやめましょう。
近現代ならよりスピードが上がるでしょう。
夏に近現代をしっかりやった人なら、1面30~40分ですむのではないでしょうか。
予習と授業中の集中度合いしだいかもしれませんね。
時間が来たら中途半端でも切り上げて、(2)の段階に進んでください。

(2)内容を覚えているうちに過去問を解く。
記憶したものは、数分後と一日後にチェックするのが効果的という説があります。
少なくとも、思い出す作業をしてこそ定着するのは間違いありません。
ならばノートを思い出すこともしたいですが、実戦重視で入試問題も解くべきです。
そこで解ければ自信もつきます。
「ノート覚えはあやふやだったけど、意外と解けた!」ってのはアリなのです。
そのうえで、再びノート復習をしてまた問題にチャレンジしましょう。

過去問は、第一志望の自分の受ける学部のものから取り組み、次に第二志望、第三志望と進めてください。
いろんな大学を受ける場合は、各大学の出題形式や正誤問題レベルの違いにも着目しましょう。
解きやすい大学とそうでない大学が出てくるかと思います。
それがわかれば、克服するためにどんな学習をすべきかも見えてくるはずです。
過去問で8割が取れる学習をしてください。8割を取れない学習は見直すべきです。


こんな質問もありました。

<Tさん>
私は近現代になってから成績が伸び悩んでしまった方の人間です。
夏は1学期の内容を復習するのに精一杯で、早稲田が第一志望なんですが赤本は立教をやったくらいで進んでません。
私のような場合、受験生が本当にほしかった問題集をやるのと赤本で近現代をやるのとどっちの方がいいですか?

<石黒>
成績の伸び悩みとはどのくらいのことなのでしょうか?
模試の偏差値などを教えてくださるとわかりやすいです。
ところで、本気で早稲田というなら、正直な話、問題集も赤本も両方やらなきゃ無理でしょう。
一方、立教というなら、問題が単純なので解くのにあまり時間がかかりません。
なので両方やることは苦にならないと思います。
過去問だけで問題演習をすませようとすると、抜けてしまう範囲がたくさん出てきてしまいます。

<Tさん>
偏差値はずっと69前後をキープしていたんですが、こないだ返ってきた私大模試では60まで下がってしまいました。
(私大模試の時はその週に授業でやった近現代のところが大問で出て、まだ覚えてなかったのでそこをまるまる落としてしまいました。)
普段の授業の復習も古代よりも時間がかかってしまってます。
やっぱり赤本だけじゃだめですよね。
今日から早速問題集と赤本を平行してやっていこうと思います。
ありがとうございました!

<石黒>
ほお。69前後とはまたすごいじゃないですか。
でも私大模試で60はまずいですね。
なぜなら私大模試は最上位層が受験していない模試だからです。
全統記述模試の偏差値を標準としてとらえてください。
そして、古代より復習時間がかかるのはおかしいですね。
なぜなら難しい漢字が少なく、耳慣れない単語も少ないからです。
古代~近世とは暗記のしかたを変える必要があると思います。
工夫してみてください。


□■ 関連ブログ記事 ■□
赤本の正しい使い方って?
 http://www.derutoko.com/blog/20051116/000051
日本史勉強法をおさらいします
 http://www.derutoko.com/blog/20070508/000043
地方受験生のベストな問題演習法
 http://www.derutoko.com/blog/20120418/000001
初心者からの脱却
 http://www.derutoko.com/blog/20071019/000032


◆◇━━━━━━◇◆

「でるとこ攻略日本史メルマガ」

◇発行者:石黒 拡親

◇お問い合わせ:mailmaga@derutoko.com
※メールの件名(Subject)に、必ず氏名を明記してください。
※携帯のアドレスをご利用の方は、指定受信リストへinfo@derutoko.comを登録してください。
 登録方法 http://www.derutoko.com/mobile/mailsetting.html
※いただいたメールは、メルマガやブログで紹介させていただくことがあります。
 (お名前はイニシャルにさせていただきます。)

◆公式サイト:http://www.derutoko.com/
◆ブログ:http://www.derutoko.com/blog/
◆Facebook:http://www.facebook.com/derutoko

Copyright(C) 2018 石黒拡親 All Rights Reserved

◆◇━━━━━━◇◆

でるとこ攻略日本史メルマガ

RSSを登録する
発行周期 毎週水・土曜日発行
最新号 2018/11/14
部数 268部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

でるとこ攻略日本史メルマガ

RSSを登録する
発行周期 毎週水・土曜日発行
最新号 2018/11/14
部数 268部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング