世界へ飛び出すための【海外起業家's EGG】レポート!

【海外起業家's EGGレポート】とある学生の挑戦!今の大学生は何を考えているのか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   世界へ飛び出すための【海外起業家's EGG】レポート!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  このメルマガは、海外で起業したい!外国人とビジネスをしたい!
  もっと世界を知りたい!という方のための海外情報を発信します。
───────────────────────────────────
目次

1. 世界は、今日も動いている。世界ビジネスニュース!
2. 減少する海外へ出ていく大学生。留学生の減少は、本当か?
3. とある学生の挑戦!今の大学生は何を考えているのか?
4. 起業家のための名言、格言!ピックアップ!
5. 編集後記

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


  2013年第一弾、海外起業家勉強会!  3月2日(土)開催
→ http://worldsegg.com/seminar7.html

今回は、外国人起業家とのコラボが成功!海外ビジネスのノウハウ、
外国人のビジネス、考え方を学び、そして、交流してみよう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようござます!

海外起業家's EGGのオダッチです。


さて、今週の気になる世界のニュースといえば、、、


<中国で「新鮮な空気の缶詰」、大気汚染悪化で富豪男性が配布>

北京で深刻化する大気汚染。

そんな中、新鮮な空気が詰まった缶が販売されているそうです。

この空気は未開の土地から取り寄せたものだとのことですが、
通常は1缶当たり5元(約70円)で販売されているとのこと。



<丸亀製麺>モスクワで1号店開店>

讃岐うどんの専門店「丸亀製麺」(株式会社トリドール)が、
モスクワで1号店を開店。

丸亀製麺の海外出店は米国や中国などに次いで5カ国目で、
欧州大陸で初の店舗だそうです。

果たして、日本のうどんは、世界のうどんになることができるのか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 減少する海外へ出ていく大学生。留学生の減少は、本当か?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

よく、今の大学生は、海外へ出ていきたがらないという話を聞きます。


果たして、それは、本当なのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日、とある出版社の元編集者、Nさんにこんな話を聞きました。


海外好きなら誰もが一度は読んだことがある
ガイドブックを出している出版社の元編集者のNさん。

Nさんは、そこの留学のためのガイドブックを編集していたそうです。

実は、私も、学生の時に、その本を読んで、留学することができました!


Nさん曰く、


「今では、留学向けの本は、出していないとのこと。

 理由は、留学生の減少。昔のように、自分で留学手続きをせず、
 留学エージェントを使って、留学するか。もしくは、留学しないか。
 という風になり、海外留学の本は売れなくなった。」


とのことでした。。。。非常に、残念なことです。


やはり、大学生が、海外へ出ていかなくなったというのは、本当のようです。


一方、積極的に、海外へ出て行こうとする学生がいるのも確か。

今回は、そんな学生の一人に、今どきの大学生事情を聞いてみようと思います!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ とある学生の挑戦!今の大学生は何を考えているのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回、1週間後に世界一周の旅に出るという大阪大学の学生、
兼若さんに、今時の学生事情について聞くことができました。


質問1:まず、簡単な自己紹介をお願いします。


答え:はじめまして。

      私、大阪大学大学院修士1回生の兼若勇基と申します。
      大学院では、船舶海洋工学を専攻しております。


      2月10日から「世界一周×エコライフ」と題して、海外を旅します。

     「エコライフ」というのは、「人と地球に優しい暮らし」という意味です。
      今回の旅ではそのような暮らしのヒントを得ようと考えています。



質問2:なぜ、世界一周旅行に行こうと思ったのですか?目的は何ですか?


答え:将来的な自身の目的を成し遂げるためには、
      今世界一周で多くのことを学び、経験することが最も良いと思えるからです。

      ちなみに、将来的にはまちづくりに関わる仕事をしたいです。

      多くの都市を見て、実際に暮らしながら必要な分野
      を勉強することで、その道に近づけると感じています。
  
    

質問3:世界一周旅行の計画に当たり、友達、家族はどんな反応をしましたか?


答え:友達、家族とも基本的に賛成してくれています。

      友達は、社会人なら、「うらやましい!」、
      「行くなら今しかないもんな!」、
      「俺も行きたい!」などと言ってくれます。

      学生なら、「自分も行きたい!けど。。。」
      「休学したら、1年遅れるけど大丈夫?」などと言ってくれます。


      基本的に興味はあるけど、実際自分が行くとなると、
      そこまでは踏み切れない、と感じているんだと思います。

      家族は、基本的に自由にさせてくれるので、止めはしないですね。

      ただ、身の危険がないかとか、帰国後の就職のことなど、
      心配はしているようです。



質問4:世界一周旅行に当たり、最も不安なことは何ですか?


答え:正直あまり不安はないです。

      実は海外初めてなんですけどね(笑 )
      あえて挙げるとすれば、盗難と強盗です。



質問5:逆に、最も楽しみにしていることは何でしょう?


答え:世界各地の異なる文化や人との出会いです。

      今まで日本という枠組みでしかものを捉えてこなかったので、
      異なる文化や人の出会うことで自分の発想の幅が広げたいです。



質問6:どの国を訪れるのを一番楽しみにしていますか?


答え:デンマークです。

      環境への取り組み、教育制度の充実、国民幸福度数が高いなど、
      自身の旅のテーマに最も合っている国だと感じています。



質問7:今の学生は、海外へ出て行こうとする人は少ないと思いますか?
    海外についてどう思っているのでしょうか?


答え:前の世代のことを知らないので比較はできないですね。

      ただ自身が海外に興味を持つようになって、
      意外に海外に行きたい人が多いんだなとは感じています。
      (実際に行くかどうかは別として。)


      昨年、僕は阪大バックパッカー会という、
      海外への旅の後押しを目的とする団体の設立に関わりました。

      その最初の企画で、海外への旅に興味がある人向けにイベントを行いました。

      このイベントに参加した数十人の学生が
      実際に今年の春休みに海外旅行を企画しています。


      このことからも分かるように、多くの学生が海外に興味はあるけど、
      何か不安を抱えているのかもしれませんね。

      そもそも、日本の普段の生活で海外の存在を意識する機会って、
      なかなかないとも感じています。

      学生に身近な誰かが、海外の魅力を伝えたり、
      海外での不安を取り除けるような活動が必要だと思います。

      実際、僕のまわりではそういう活動も行われているので、
      意外にこれから海外に行く人が増えてくるかもしれませんね。



質問8:最後に何かあれば、一言。


答え:何か目的を達成するための手段として、
      海外への旅、という選択肢があってもいいと思います。

      決まった場所で長く滞在して学ぶ「留学」、
      ただ楽しむことを目的とする「旅」、
      それぞれいいと思いますが、学びも楽しみも両立できる
      海外での「テーマ性のある旅」をおすすめしたいです!



兼若さん、ありがとうございました。


世界一周旅行、有意義なものにしてもらいたいものです。
是非、頑張ってください!


兼若さんのサイトは、こちらです。
旅行の様子は、こちらに掲載していくそうです。
→ http://uk-kanewaka.com/


海外起業家’s EGGは、何かに挑戦しようとする人を応援しています!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 起業家のための名言、格言!ピックアップ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「Twenty years from now you will be more disappointed 
 by the things you didn’t do than by the ones you did do. 

 So throw off the bowlines, sail away from the safe harbor. 

 Catch the trade winds in your sails. Explore. Dream. Discover.」

(今から20年後、君はやった事よりもやらなかったことに、より後悔するだろう。
 ゆえに、もやいを解き放て。安全な港から船を出せ。貿易風を帆に捕らえよ。

 探検せよ。夢をみよ。発見せよ。)


『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られる
アメリカの作家、マーク・トウェイン氏の言葉です。


20年後、後悔しないためには、どうすればいいのか?
今一度、考えてみるのも重要かもしれませんね!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私も、大学生の時、初めて、一人でトルコに旅行しました。

正直、すごくビビりましたが、その経験があるからこその、
今の私だと思います。勇気を出して、一歩踏み出す。

そうすれば、新たな世界が生まれるのだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行者:海外起業家's EGG   http://worldsegg.com/
─────────────────────────────────

 ■本日のメルマガをお読みいただき、ありがとうございます。
  ご意見やご感想など、今後の参考のため是非、お送り下さい。
  こちらからどうぞ⇒ http://worldsegg.com/contact.html

 ▽配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001295311.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界へ飛び出すための【海外起業家's EGG】レポート!

発行周期: 不定期(最新情報、本当に役立つ情報があった時のみ発行) 最新号:  2019/02/05 部数:  803部

ついでに読みたい

世界へ飛び出すための【海外起業家's EGG】レポート!

発行周期:  不定期(最新情報、本当に役立つ情報があった時のみ発行) 最新号:  2019/02/05 部数:  803部

他のメルマガを読む