世界へ飛び出すための【海外起業家's EGG】レポート!

【海外起業家's EGGレポート】海外進出は、大手企業が有利か?個人、中小企業にチャンスがあるのか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   世界へ飛び出すための【海外起業家's EGG】レポート!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  このメルマガは、海外で起業したい!外国人とビジネスをしたい!
  もっと世界を知りたい!という方のための海外情報を発信します。
───────────────────────────────────
目次

1. 世界は、今日も動いている。世界ビジネスニュース!
2. やはり海外進出は大手企業が強いのか?個人、中小企業に勝ち目はあるか?
3. 海外起業家インタビュー(南米編)
4. 起業家のための名言、格言!ピックアップ!
5. 編集後記

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


おはようございます!

海外起業家's EGGのオダッチです。


今週、気になるニュースと言えば、楽天が中国市場からの撤退です。

楽天と言えば、社内公用語として英語を採用。
中国市場に進出、2010年にはフランスの最大のECサイトを買収し、
欧州進出にも非常に力を入れていた企業です。

その楽天が、中国市場から撤退というニュースには驚きました。


中国でのサイト名、「楽酷天」


この酷は、最初、え?と思いましたが、中国では、
酷=イケテル、クールという意味があるそうです。

でも、どうも、中国ではイケテなかったようですね。。。


そんな訳で、今回のメルマガのテーマも、海外進出は大手に有利か?
個人、中小企業に有利か?ということを見ていきたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ やはり海外進出は大手企業が強いのか?個人、中小企業に勝ち目はあるか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

南米、ボリビアで起業している島袋さんから情報をもらいました。

島袋さんについては、こちらです。
→ http://worldsegg.com/interview_bo1.html


   ~~「南米の起業環境について」~~

日本では起業しやすい条件として、諸手続きが簡素であることや、
法的保障が整っていることをまず第一条件にしますが、そのように
環境が整った国は競合が多くなることも覚悟しなければなりません。

投資環境が整った国では日本の商社もかなり進出しています。


起業しようとする者が特殊な技能や技術があるなら、
進出企業との競合も戦えるでしょうが、
たいていは資本的に進出企業に太刀打ちできませんので、
隙間産業的な起業、ビジネスになってしまいます。

つまり成功はしても大成功はないのです。


例をあげると、南米ではチリがその整った国で、
二国間自由貿易協定を多くの国と締結しており、
日本の水産商社は全て進出しています。


ですからチリでサーモンの買い付けをしようと試みても成功しません。

大きな商いはがっちり握られているのです。

起業環境が整った国なら進出企業も現地法人を簡単に設立できます。
そのような整った国で起業するには、進出企業には成し遂げられないことか、
進出企業では採算が取れない事業を行わなければなりません。


あるいは、私のようにあえてリスクを取って、
商社が進出しないリスキーな国を選ぶしかないのです。
(私はリスクを取った覚えはないのですが・・)


  ~~~~~( 以上、転記内容 )~~~~~~


島袋さん、ありがとうございました。


やはり大手企業のほうが資本金などがあり、
発展途上国でも有利に働くようです。


ただ、マーケットが小さい分野、国には大手企業は参入しないこともあり、
その面では、機動力がある個人、中小企業にも有利と言えるでしょう。

個人、中小企業が海外で挑戦する場合は、大手が参入してこない
ニッチなビジネス、国で始めるのがいいのかもしれませんね!


ニッチな分野にこそ、チャンスがある!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 海外起業家インタビュー(南米編)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中学時代はヤンキーで暴走族副総長として暴れ回り、19歳で少年院へ。
そして、その後、南米に渡り、そこで何が起きたか???

波乱万丈の人生を送り、南米で活躍している吉永さんのインタビューです。
→ http://worldsegg.com/interview_br2.html


実は、吉永さん、『ヤンキー記者、南米を行く』という書籍も書いていて、
これがまた面白い。すっかりファンになりました。

南米が気になる方にはお奨めです。是非、お読みください。
→ http://www.fusosha.co.jp/book/2009/06069.php


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 起業家のための名言、格言!ピックアップ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「何故私が航空業界にチャレンジしたか。それは、既成の
 航空会社が料金に見合ったサービスを提供していなかったからです。

 そこで、私たちが質の高い、コストに見合ったサービスを
 提供することで独占状態に風穴を開けられると考えたのです。

 私にとっては、「ヴァージン」とは、「チャレンジ精神」と同義語なのです。」


これは、ヴァージングループを作り出したイギリスの
起業家、リチャード・ブランソンさんの言葉です。


彼が作った航空会社と巨大企業ブリティッシュ・エアウェイズとの対決は、
旧約聖書のダビデとゴリアテの戦いに例えられます。

小さくても、大企業に勝つことができる見本です!

資本がないからこそ、アイデア、誰も挑戦していない
マーケットに果敢に攻めて行きましょう!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここ最近、雨が降る日が続きます。まだ梅雨入りではないのですが。。
でも、雨自体がほとんど降らず、水不足に悩まされている国があります。

そう考えると、豊かな恵みをもたらす雨でさえ、うっとおしいと感じてしまう。

豊かさ過ぎる上、大事な事を忘れてしまっている可能性もありますね。
反省です。。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行者:海外起業家's EGG   http://worldsegg.com/
─────────────────────────────────

 ■本日のメルマガをお読みいただき、ありがとうございます。
  ご意見やご感想など、今後の参考のため是非、お送り下さい。
  こちらからどうぞ⇒ http://worldsegg.com/contact.html

 ▽配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001295311.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界へ飛び出すための【海外起業家's EGG】レポート!

発行周期: 不定期(最新情報、本当に役立つ情報があった時のみ発行) 最新号:  2019/02/05 部数:  803部

ついでに読みたい

世界へ飛び出すための【海外起業家's EGG】レポート!

発行周期:  不定期(最新情報、本当に役立つ情報があった時のみ発行) 最新号:  2019/02/05 部数:  803部

他のメルマガを読む