お金と幸せを引き寄せる 富の法則

お金と幸せを引き寄せる 富の法則★第75号~パート収入と年金収入がある親の扶養

カテゴリー: 2014年11月01日
──────────────────────────────
 ☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆

  お金と幸せを引き寄せる 富の法則  《第75号》

 ☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆           
──────────────────────────────

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
編集担当の関山郁子です。

音楽動画を視るのが楽しみです。
先日、見つけたケイト・ブッシュのPV。超高音で、不思議な
ゆらめきのある歌声は、大昔、友達と物真似ごっこをした記憶が
あります。あぁ、懐かしい。一番有名なのは『恋のから騒ぎ』
というTV番組のオープニングで使われていた曲でしょうか。
(皆さんもご存じでは?)

洋楽が好きな割には、英語のリスニングが苦手で、歌詞の内容が
よく分からなかったのですが、動画のタイトルを見たら、今まで
聞き取れなかった歌詞がハッキリと。

「ヒースクリフ、私よ、キャシーよ、寒いの、窓をあけて……」

こ、これは、エミリー・ブロンテ作『嵐が丘』ではありませんか。
ユーレイになったキャサリンの歌だと、数十年の時を経て判明。
※Kate Bush 『Wuthering Heights』
 
そして、少し前のこと、街中やカフェでもよく流れていたポップな
メロディーと軽快なリズムの曲を、気に入って口ずさんでいたら、

「ねぇ、お母さん、その曲、銃乱射事件の犯人の歌だよ」

「……」  ※Foster The People『Pumped Up Kicks』
 
知らないとは、恐いものでありました。


それでは気をとり直して、お役立ちFPコラムをどうぞ~☆

                         
┏□───────────────────────────
┗┛ お役立ちFPコラム 
              
   パート収入と年金収入がある親の扶養
┏┓  
┗□───────────────────────────

ファイナンシャル・プランナー 関山 郁子


早いもので、今年も残り2カ月となりました。

年末調整の時期も近づいてきていますので、今回は、
「公的年金受給者の親」の扶養についてお話してまいります。


■年金受給者の親がパートをしている場合

会社員のAさんと同居している64歳のお母様は、
パートをしながら、今年から年金をもらい始めました。
遺族年金ではありません。

パートの年収80万円と年金収入80万円で、合計160万円
の収入があるそうです。

「103万円をずいぶん越しちゃっているから、
今年の年末調整で扶養にするのは無理ですよね?」

というご質問がありました。

いえいえ、パート収入は給与所得で、年金収入は雑所得に
なりますから、お母様には、それぞれ別の控除が効きます。

扶養にできる方の所得は、38万円以下となっていますから、
この金額だったらOKです。


■合計所得が38万円以下かどうか

扶養の可否は、収入ではなく、所得で見ます。

よく103万円が限度額と言われのは、給与所得者の場合であって、

給与収入103万円=給与所得控除の最低額65万円+基礎控除38万円

という計算で成り立っています。

つまり、非課税限度額、扶養に入れる限度額38万円とは、
基礎控除の額のことで、今回のケースのように、
給与所得と雑所得という異なる所得のある方は、
それぞれ、【 収入-控除=所得 】で計算し、
合計した所得金額が38万円以下であればいいんですね。
 
 ※同じ種類の所得の場合は、別々に控除はできません。


■給与所得の計算

さて、こうしたことを踏まえて計算してみると
Aさん母の給与所得の計算式は、以下のようになります。

80万円-給与所得控除の最低額65万円=給与所得15万円

それでは、年金のほうはどうでしょうか?


■雑所得(年金所得)の計算

年金収入を考える際に注意をしていただきたいことは、
もらっている年金が遺族年金の場合は、
非課税であるということです。

年金の一部や全部が遺族年金の場合は、その分を所得額を出す
計算には含めません。

Aさん母がもらっているのは、ご自分の年金です。
雑所得はいくらになるでしょうか?

公的年金等の控除額は、65歳未満と65歳以上とでは金額が異なり、

・65歳未満の控除の最低額は 70万円
・65歳以上の控除の最低額は120万円 となっていますので、

64歳のAさん母の場合は、
年金収入80万円-控除の最低額70万円=10万円


■合計所得は下回る

つまり、Aさん母の所得は、
給与所得15万円+雑所得10万円=所得合計25万円

扶養に入る所得の限度額38万円を下回っていますから、
息子であるAさんの扶養になることができるんです。


・異なる所得には、それぞれ控除の計算がある
・収入と所得は、指し示す金額が違う
ということを、覚えておいてくださいね。


今回は、扶養に入るかどうかの限度額のお話でしたが、
給与や年金は、収入に応じて、控除の額が異なります。
詳しく知りたい方は、以下のページでどうぞ~☆


<参考>
国税庁:No.1410 給与所得控除
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

国税庁:No.1600 公的年金等の課税関係
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私のやりかたは合っているのかしら? 
もっと上手に節約できるんじゃないかしら? 

ゆりもとFP事務所では、
そんな疑問を抱えたまま家計管理で奮闘されている、
多くの主婦のみなさまを応援するために、
本格的な家計診断のサービスを提供しております。 


家計診断サポートパックはこちらから↓
http://yurimotofp.com/gosodan/gkakei.html


今回のコラムはいかがでしたでしょうか?
次回もどうぞお楽しみに☆

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
《執筆・監修》ゆりもとひろみ

家計見直し専門FP。CFP。
1級ファイナンシャル・プランニング技能士。
家計管理・住宅購入・保険見直し・資産運用等の相談業務を行う。
「幸せ家族のためのライフプランセミナー」講師、
「MSNマネー」にてコラム執筆などを務める。
著書に『ママさんFPが教える 
貯蓄をラクラク10倍にする家計見直し術』ローカス社、
『年収別! お金がみるみる貯まる本』学研、ほか執筆多数。
高1の男の子と小6の女の子の子育てにも奮闘中。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
発行元   ゆりもとFP事務所 ゆりもとひろみ
ゆりもとFP事務所HPはこちら→ http://yurimotofp.com/


メルマガの内容を誰かに紹介したい場合、
ご自由に転送・転載ください。
ただし全文の転送でお願い致します。

メルマガ「お金と幸せを引き寄せる 富の法則」は
まぐまぐを通じて発行しています。
登録・解除はこちらから→ http://www.mag2.com/m/0001293590.html
______________________________
 最後までお読みいただき、まことにありがとうございました☆ 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む