[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法  2018/6月 第82号


カテゴリー: 2018年06月26日
@@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@@
[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法 
2018/6月 第82号
@@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@@

*★*★*★*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*★*★*★*
<今月のメールマガジン内容>
■コラム「勝利者の瞑想法」(坂本知忠)
■9月開講 プレクシャ・メディテーション 指導士養成講座レベル2のご案内
■2018年プレクシャ・メディテーション・キャンプの延期のご案内
■お知らせ「坂本知忠先生と行く最高のインド・聖地瞑想巡礼の旅」
■日本プレクシャ・ディヤーナ協会 協会員継続または新規ご入会のご案内
■~南沢あじさい山と山梨・北杜~(七林秀郷)
*★*★*★*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*★*★*★*

すっかり梅雨が明け、30度を超える日々が始まった今週、皆さまはいかがお
過ごししょうか?

二十四節気において旧暦6月11日(新暦7月23日)の大暑、旧暦6月26日
(新暦8月7日)の立秋を迎えるのが水無月(6月)です。一年のうちで最も
暑くなり快晴が続く時期になります。大暑の日には「打ち水」が行われます。
6月の晦日は一年の折り返しにあたり、「水無月の祓い」を行う風習が各地に
残っています。「夏越祓(なごしのはらえ)」とも呼ばれ、半年分の罪や穢れを
祓い、残る半年の無病息災を祈願します。また、土曜の丑の日には暑い時期を
乗り切るため、栄養価の高い鰻を食する風習があります。七十二候の「涼風至
(すずかぜいたる)」の頃には秋の気配が感じられるようになります。

新暦の6月~8月までの時期が陰陽五行の夏、心・小腸系に相当します。一日
の中で「夏」に相当するのは「正午」です。お昼を迎える頃に疲れ果ててしま
っている場合、心臓(血液循環の原動力である)と小腸(食べ物を血液に変え
る)が弱っています。心は精神が宿るところでもあり、意識や思考、睡眠を支
配します。嬉しい時には心臓がトキメクように、心と喜びには関係があります。
喜び過ぎは心臓に負担がかかりますので要注意です。「笑い」は小腸を動かし、
腸管造血力を高め、血液を全身に循環させる血行促進機能も担っています。緊
張を緩め、血行を良くし、熱を全身に循環させてくれます。「笑顔」を意識して
暑い夏を乗り切っていきましょう!

2018年6月号のメルマガをお届けします。
__________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■コラム「勝利者の瞑想法」 (坂本知忠)

四つの身体と霊的色彩光

 ヴェーダンタ哲学とジャイナ教哲学では、人間の身体は目に見える粗雑な物
質の肉体と、精妙な物質的身体である電磁気的な体と、最も微細な物質からな
る体原因と、物質でない魂が層のように結合したものだと説いている。
 ジャイナ教ではその四つを肉体、テジャス体(電磁気的な身体)、カルマ体
(原因体、汚れた魂、個我の源)、ドラビヤ・アートマン(純粋な魂)に分け
て説明している。
 ヴェーダンタ哲学では肉体(粗雑な体・アンナマヤ・コシャ・食物で出来た
体)、スークシュマ・シャリーラ(精妙な体)、カーラナ・シャリーラ(原因
体・潜在意識)、アートマン(魂)に相当する。
 仏教では魂を説明しないので身体の複合性・重層性を説かないが、四つの身
体を説くジャイナ教とヴェーダンタ哲学には共通の思想がある。『スワーミー
・メーダサーナンダ著「輪廻転生とカルマの法則」参照。』
 魂の二面性についても純粋なる魂をヴェーダンタ哲学でシュッダートマンと
言い、ジャイナ教ではドラビア・アートマンという。本性が覆い隠された魂を
ヴェーダンタ哲学ではジヴァートマンと言い、ジャイナ教ではパーヴァ・アー
トマンと言う。何によって魂が本性を覆い隠されるのか。ヴェーダンタ哲学で
は、それは無知・マーヤ(迷い)であると説いている。その迷いとは誤解、妄
想、迷信である。
 ジャイナ教では魂に付いた汚れであるカルマ(業)であるとして、中でもカ
シャーイが原因であるとしている。カシャーイとは怒り、慢心、虚偽、強欲の
ことである。ジャイナ教では全ての生き物の魂にはカルマが付着していて、カ
ルマが原因となって輪廻が起こっていると説いている。そして輪廻する魂を持
つ生き物全てをジーヴァと呼んでいる。汚れたジーヴァの魂が純粋になること
がモークシャ(解脱)であり、モークシャに到達することが全ての輪廻する魂
の目標である。人間として肉体を持った状態でモークシャに到達した人をアラ
ハン又はアラハトと言う。アラハトが肉体を捨てて魂だけになるとモークシャ
に到達しているので、もう輪廻転生が起こらない。その輪廻転生しない肉体を
持たない魂をシッダと言う。ジーヴァという言語、シッダという言語はジャイ
ナ教由来のものである。もしかするとヴェーダンタ哲学で説く四つの体は、い
つの時代か、ジャイナ教哲学の影響を受けているのかもしれない。
 ジャイナ教哲学では純粋なる魂は色彩を超越したまばゆく輝くものであるが
、純粋なる魂にカルマが結びつくと輪廻する魂、ジーヴァ、つまり生き物、生
命になる。生命の中の魂はある種のバイブレーションを起こしている。その精
妙なバイブレーション(ある種の周波数を持った波動)が周囲に存在している
様々な微細な物質を引き寄せる。その微細な物質が魂に付着してカルマの材料
となる。人間であれば、五つの感覚器官を通じて微細な物質が魂に引き寄せら
れてくる。色、音、味、匂い、触感として微細な物質が魂に入ってくる。それ
は外から内への方向性である。
 魂の内奥から常にある種の霊的精神的エネルギーが身体外部に放射されてい
るが、そのバイブレーションは内から外に向かって放射されるときに魂に付い
た汚れの影響を受けて着色される。それがジャイナ教哲学でいうレーシャとい
う霊的色彩光である。霊的色彩光はカルマ体(アートマンにカルマが結びつい
て出来た原因体であり、自我意識であり、個我でもある。)のカシャーイ領域
を通過するときにカシャーイに影響されて着色される。原因として蓄積されて
いるカルマによってカシャーイ(情欲・パッション)が出来てくるが、カシャ
ーイの領域を通過して着色されたレーシャは、次にカルマ体のアデヴァシャー
イの領域に入り、感情が生起する元となるエネルギーを生み出している。この
段階(カルマ体の段階)ではレーシャの周波数が高いので我々はまだ霊的色彩
光を知覚することはできない。
 レーシャがテジャス体に入ると周波数が低くなり、テジャス体に流入したレ
ーシャは生命力や内部感覚に影響し、テジャス体のレーシャの領域(霊的色彩
光の見える領域)に到達すると我々はレーシャの色を知覚することが出来るよ
うになる。更にレーシャが肉体のレヴェルに入ると中枢神経に到達し内分泌系
に影響を及ぼして、そこで化学物質・ホルモンが分泌され感情が生起する。感
情によって思考が生まれ、知性が心で考えたことを分析判断し決定する。決定
することで行動となる。行動の源を辿っていくとカシャーイがその根源となっ
ていることが解り、行為の結果であるカルマがそのカシャーイを生み出してい
ると理解できる。
 又、カルマはレーシャに引き寄せられていることがわかる。つまりレーシャ
が我々の行動の全ての根源だということがわかる。レーシャによって我々は行
動させられ、そしてその行動が新たなカルマを引き寄せ新たな原因を作ってい
るのである。
 だからカルマを変えたかったらレーシャを変えればよい。それがジャイナ教
のカルマを変える瞑想法レーシャ・ディヤーナの理論である。霊的色彩光の知
覚を通じてレーシャの色をより良い色彩に変えていく、因果律の負の連鎖を正
の連鎖に変えて魂の純粋化を目指すのである。
 カルマによって汚れた魂となったパーヴァ・アートマンをもつジーヴァ(生
き物、特に人間)が修行によってアカルマ(純粋)になると、モークシャが達
成されて輪廻転生しない普遍的なドラヴィア・アートマンになる。このことを
解脱と言う。解脱がジャイナ教・仏教・ヒンドゥー教の理想である。それは、
今も昔も変わらない。レーシャ・ディヤーナ(霊的色彩光の知覚)は瞑想の目
的と目的地とそこに到達する方法を示している。
 感情を生み出すホルモンの内分泌線と関係が深いケーンドラ(チャクラとも
いう)という霊的中心点に善い色彩をイメージし、善い言葉と共に潜在意識で
あるカルマ体に浸透させる。この瞑想の継続によって我々の潜在意識は変容し
カルマも変わり、カシャーイも善きものとなる。
 自分自身を知るというのは自己のカルマを知ることである。自己コントロー
ルとは自己の行為の結果であるカルマによって作られたカシャーイをコントロ
ールすることである。また、カルマによって形成された心の癖、願望、傾向、
好みであるヴァーサナー・サムスカーラをコントロールすることでもある。
 我々は自分自身を肉体としての体だけであると見ていたのでは救われない。
常に肉体だけでなく、自分の体を電磁気的な体として、原因の体として、純粋
なる魂として見なくてはならない。それが、自分で自分を救う道である。ジュ
ニヤーナの道、智慧のヨガ、論理的思考を好む人の歩む道、プレクシャ・メデ
ィテーションがそれである。

__________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■9月開講 プレクシャ・メディテーション 指導士養成講座レベル2のご案内

7、8月は坂本講師がイタリアに長期旅行(イタリアの沖道ヨガグループとの
交流が目的)のため夏休みとなります。

レベル2は9月6日からスタートとなります。是非ご予定ください。

日程の詳細は決まり次第ご案内いたします。

__________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■2018年プレクシャ・メディテーション・キャンプの延期のご案内

6月29日(金)~7月1日(日)にかけて開催予定でおりました「2018年プレク
シャ・メディテーション・キャンプ」の開催は諸事情により秋(10月19日
(金)~21日(日))に延期とさせて頂きます。

詳細は決まり次第ご案内いたします。

__________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■お知らせ「坂本知忠先生と行く最高のインド・聖地瞑想巡礼の旅」

訪問地:デリー、ラドヌーン、チェンナイ、ティルバンナマライ・アルナチャ
ラ、オーロビンドアシュラム、マハバリプーラム
日程: 2018年11月5日(月曜日)~11月18日(日曜日)
旅行代金:未定・30万円前後

詳しい内容は決定次第、募集チラシを作成し皆様にお知らせします。
早めに休暇の予定を立ててください。2週間のインド旅行で最善のプランを考
えました。


【旅行のお誘い】
ラドヌーンはインドの北西、ラジャスターン州の砂漠地方に位置し、ジャイナ
教テーラパンタ派の本拠地の町です。僧、尼僧が滞在する施設の他、瞑想ホー
ルやリトリートのための施設、女子修道学校や大学、図書館などを備えたジャ
イナ教の一大センターになっています。日本でいえば高野山のようなところで
す。今でも2500年前と同じ生活スタイルで僧、尼僧が徹底的な無所有、非
暴力の実践生活をしています。私たちはここに滞在し、インド国内でも高く評
価されているプレクシャ・メディテーションやジャイナ教哲学を直接僧、尼僧
から学びます。

アルナチャラは南インド、タミールナドウ州にある聖なる山で、世界最古の行
者の山として知られています。古代から沢山の瞑想行者が修行した山です。平
らな大地に聳え立つ花崗岩の独立峰はとても神秘的です。山そのものがシバ神
としても崇拝されています。近代インドのヨガの聖者・ラーマナ・マハリシが
少年のころ引き付けられてアルナチャラにやってきて、生涯そこから離れなか
ったという山です。私もかつて一度だけ行ったことがありますが、是非もう一
度そこに行きたいと思っています。アルナチャラの麓にあるテルバンナマライ
のアルナチャ・レシュワラ寺院もとても良い所です。アルナチャラに登り、山
麓を巡礼する予定です。

南インド、ポンデチェリーにあるオーロビンドアシュラムは、ラーマナ・マハ
リシと同時代、インドに活躍したシュリ・オーロビンド・ゴーシュとマザー・
アルファサが作ったヨガ哲学による理想郷です。今でも大勢の弟子たちが二人
の理想を引継ぎ独特の共同体を作っています。アシュラムの中心には蓮の花に
浮かぶ地球を表現したマトリ・マンデールという瞑想施設があります。私が前
回、訪れたときはマトリ・マンデールは建設中でした。マトリ・マンデールが
どのように出来上がったか、そこで瞑想するとどうなるかとても楽しみです。
花崗岩を掘りだして作った建築物で有名な海岸の町マハバリ・プーラムも訪れ
宿泊します。

_________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■日本プレクシャ・ディヤーナ協会 協会員継続または新規ご入会のご案内

日本プレクシャ・ディヤーナ協会は坂本知忠先生が代表を務める協会です。
協会員の皆さまは、年会費の納入をお願い申し上げます。

また、プレクシャ・ディヤーナ(知覚瞑想)を学んでいる皆さまにおかれま
しては、特に、一層の学びを得るためにぜひ協会に入会されることをお勧め
いたします。

新入会者、年会費を納入された方には下記を進呈いたします。
「ジャイナ教瞑想と仏教瞑想の相違点と類似点」の講義とアンタールヤート
ラの実習90分のライブDVD 1枚
 自宅で瞑想を学べ、受講された方は復習ができます。

*新規ご入会
1入会申込書
下記メールアドレス宛にご連絡ください。申込書をメールまたはFAXにてお送
りさせていただきます。ご記入後、ご返信またはプリントアウトして坂本先生
にお渡しください。

tomotada@jcom.zaq.ne.jp (坂本知忠)

入会申込書をご郵送の場合は下記までお願いいたします。

272-0145
千葉県市川市島尻3-2
坂本知忠 宛

2年会費 2,000円 振込みまたは現金
3進呈DVD郵送希望者
 年会費とDVD送料140円 計2,140円をお振込み願います。
 
*協会員継続
1年会費 2,000円 振込みまたは現金
2進呈DVD郵送希望者
 年会費とDVD送料140円 計2,140円をお振込み願います。
3登録情報変更
 住所、電話、メールアドレスなど変更がある方は、添付の入会申込書また
は伊東真知子 machiko@kej.biglobe.ne.jpまでご連絡願います。

※振込先
 三菱東京UFJ銀行 浦安支店 普通預金 0137217 
 口座名 日本プレクシャ・ディヤーナ協会

ご不明点等ございましたら、下記までお問い合わせください。

坂本先生 090-8844-4009 tomotada0919@docomo.ne.jp 
伊東真知子 080-1163-2983 machiko@kej.biglobe.ne.jp

ご継続とご入会をお待ちしております。

_________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

<編集後記>
~南沢あじさい山と山梨・北杜~(七林秀郷)
 梅雨の時期の楽しみの一つがアジサイ鑑賞ですね。先々週末は、東京都
あきる野市にある"アジサイの名所"である南沢あじさい山には約1万株の
アジサイが植えられています。当日は降雨後の泥が混じり足元があやしい
中、ケガもせずにアジサイ鑑賞を楽しめました。
 また、先々週の中日には山梨・北杜を訪問しました。こちらでもアジサイ
が綺麗に咲いておりました。天下泰平のブログでもお馴染みの滝沢泰平さん
が住まうドームハウスを見学させて頂きました。いつ何時天災があるか分か
らない中、確実に天災があることが分かっているため、防災意識以上の意識
の向上を住の面から体現されているお住まいが印象的でした。
 何かあった時に柔軟に対応できるよう心の穏やかさと周囲の環境を整えて
まいりたいと思いました。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

下記Facebookページでも随時、ご案内いたしますので、この機会に各
グループに参加申請ください。

プレクシャ・コミュニティ 
https://www.facebook.com/groups/465120036943301/?fref=ts

プレクシャ・メディテーション
https://www.facebook.com/groups/276947325739512/?fref=ts

日本プレクシャ・ディヤーナ協会
https://www.facebook.com/jp.preksha/?fref=ts

(メールマガジン編集・発行責任者:七林秀郷)

お気軽にメールマガジンの感想や、プレクシャや瞑想についてのご質問、
ご自身のプレクシャ体験談などメールにてお寄せください。協会のプログ
やSNSに掲載いたします。

メールアドレス:japan@preksha.com

■メルマガの配信停止は以下のページからお願いします■
http://www.mag2.com/m/0001262370.html

過去に配信したメルマガは下記URLから読むことができます。
http://archive.mag2.com/0001262370/index.html

過去に掲載したコラムとエッセイは、協会ブログにも掲載しております。
http://prekshajapan.blogspot.jp/

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
発行:日本プレクシャ・ディヤーナ協会
ホームページ http://jp.preksha.com/
ブログページ http://prekshajapan.blogspot.com/
Copyright (C) 2010-2018 Preksha Dhyana Association of Japan.
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/09/27
部数 130部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/09/27
部数 130部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング