[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法  2018/2月 第78号


カテゴリー: 2018年02月26日
@@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@@
[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法 
2018/2月 第78号
@@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@@

*★*★*★*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*★*★*★*
<今月のメールマガジン内容>
■コラム「勝利者の瞑想法」(坂本知忠)
■2月開講 プレクシャ・メディテーション 指導士養成講座レベル1のご案内
■お知らせ「坂本知忠先生と行く最高のインド・聖地瞑想巡礼の旅」
■編集後記~エドガー・ケイシーの映画「THE READINGS」を視て~七林秀郷
*★*★*★*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*★*★*★*

旧暦の正月を迎えることになった2月。新しい年をどのように迎えましたで
しょうか?

二十四節気において旧暦2月5日(新暦3月21日)の春分、旧暦2月20日
(新暦4月5日)の清明(せいめい)を迎えるのが如月(2月)です。昼と
夜の長さがほぼ同じになる春分。この日から夏至まで、昼がだんだん長く、
夜が短くなります。清明というのは「清浄明潔」の略で、芽吹いた草木が
何の種類かがわかるようになってくるという意味です。桜が咲き、鳥は謳
い、すべてが清々しく感じられ、季節が急ピッチに前へ前へと進んでいく
ようです。

前回同様、冬に労わる臓器「腎」についてですが、「先天の本」と呼ば
れる「腎」は、「後天の本」である「脾」の働きにより補充されます。
腎の調節により幼児期、青春期、壮年期への成長、機能の発達、衰退が
顕在化します。腎は消化液の分泌の他、血液やホルモンなどの体液をコ
ントロールし、内分泌系の中心です。腎は生命の泉であり、身体に潤い
と若さをもたらしてくれます。その一方、極陰性なエネルギーを持つ電
磁波や放射線の影響を最も受けやすいのが陽性の腎です。一番影響が出
やすいのが甲状腺のため、幼少期に浴びたレントゲンの影響が往々にし
て甲状腺ガンの増大へ繋がっていると考えられます。また、腎は白血球
の製造に関わる骨髄を支配しているため、電磁波、放射線、極陰性の白
砂糖の影響で白血病に罹りやすくなります。対策として、放射線や電磁
波を吸着する働きのある天然の塩、それらを排出する力の強いアミノ酸
を豊富に含む味噌、醤油、梅干、漬物の摂取により腎の働きを強めまし
ょう。

2018年2月号のメルマガをお届けします。

________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■コラム「勝利者の瞑想法」 (坂本知忠)

私のヴァーサナー

 外は吹雪。夜中に風が吹いて、ここ二階の窓ガラスに風に運ばれてき
た粉雪がびっしり付いている。昨夜は電気炬燵に足を突っ込んで寝てい
た。温かい寝床から渋々起きて、階下に降りる。室温-6度。厳冬の朝、
先ずしなければならないことは居間の石油ストーブに火をつけること、
そして、電気炬燵をONにすることだ。今朝は室内でも素手がかじかんで
しまうぐらい寒い。昨夜、ストーブの上で湯が沸いていた薬缶は夜の間
に冷えきって中まで凍っていた。外の積雪はゆうに2mを超えている。

私は今、新潟県との県境の町、福島県只見町にある福島県指定重要文化
財古民家・叶津番所に2週間の予定で滞在している。叶津番所は250年程
前に建てられた奥会津地方最大規模の古民家で、そこに一人で夜を過ご
している。その歴史を刻んだ大きな古民家の圧倒的な雰囲気のもとでは、
孤独に強くなければ一晩たりとも過ごすことは出来ないだろう。吹雪の
夜は建物のあちらこちらでさまざまな音がする。建物がしゃべっている
ようでもあり、目に見えない精霊の声のようにも聞こえるからだ。
叶津番所の周りには、番所を核として100年以上前に建てられた伝統的な
「蔵」、13年前の2005年に新築した古民家風多目的道場の「みずなら只
見ユイ道場」、「小番所」と称する中古住宅がある。私はその4棟の建
物のオーナーなので、豪雪から建物を守るために滞在しているのである。
平成30年1月27日午後4時、アメダスランキング積雪量情報は只見が271
センチで青森の酸ヶ湯353セン、山形の肘折についで3位であると報じて
いる。

雪に閉ざされた中で、囚われの身になったような状態で日々を過ごして
いると、「何が原因で自分はこのようなことを体験しているのだろうか
?」という思いが強くなる。「なぜ叶津番所を買ったのか、どうして道
場を創ったのか。」「文化財の保護と活用を続けたこの30年間はなんだ
ったのか。」などと考える。何もすることがなく、ボーとした頭に反省
的な心が沸いてくる。そんな時、ふと、「今、私がこのような形で存在
し、このようなことを体験しているのは、原因と条件と結果の糸が必然
的に連綿と悠久の過去につながっているからだ。」と解った。

叶津番所を所有することになるまでに数えきれない御縁があった。その
、どんなに小さな御縁が欠けても叶津番所に出会うことは無かっただろ
うし、また所有することもなかった。私が高校一年生の時、山岳部に入
部しなければ、佐藤勉さんという山登りの先輩に出会わなければ、20歳
で肺結核にかからなければ、ヨガの導師・沖正弘先生に出会わなかった
ら、沖先生の言葉が無かったなら、私がヨガやインド哲学に興味を持た
なかったら、そのようなことは起こらなかったであろう。しかし、その
ような無数の御縁があって今の私が存在している。人間存在は孤独に思
えるがそうではない。あらゆる他のものとの御縁によって支えられてい
るのである。宇宙全体が私という存在を支えてくれているのである。

物を所有するということは、土地であれ建物であれ、家族であれ、美術
品、骨董品、職場、財産、ペット、その他なんでも後々、管理しなけれ
ばならない、世話をしなければならない苦労がつきまとう。所有し使用
する喜びと、それに伴う苦労は必ずついてまわる一体のものだ。人間だ
けがこの苦しみを喜びに替えることが出来る。それが人間の理性的な心
であり、他の動物にはない仏性というものなのだ。さまざまな経験をす
ることで人間の霊性が高まっていくのだと思う。どのようなことを経験
するのかはその人が自由意思で選んでいることである。その自由意思の
根源がヴァーサナーであり、サンスカーラーという。その人の持つ個性
、性向、志、夢や希望の出発点のことである。

番所の周りの4棟の建物で一番問題なのが、「小番所」である。小番所
は道路を挟んで番所と向かい合っている2階建ての中古木造住宅である。
私が2010年に買い受ける前は90歳近いおばあさんと息子が住んでいた。
おばあさんが高齢になったので、姉さんの居住地近く福島県郡山市に
二人で引っ越していった。番所の隣接地であり、建物からの山や川の
風景が絶景なのが気に入って、番所でのヨガ合宿や国際交流の利便性
が高まることもあり、その住宅を買ったのである。売り主の条件とし
て家具や什器備品を全て残置していくというものであった。私はその
条件を承諾して、建物の引き渡しを受けたが、建物内部は不用品でご
み屋敷のようだった。そのとき私は地獄のようなこの環境を天国にし
てみせると心に誓った。今では佐藤松義さんキエ子さん夫婦の協力も
あり地獄のような雰囲気が天国に替わった。近年、2階の一室を綺麗
に整えて只見での私のプライベートな居室にしている。

小番所は建物の構造上致命的な欠点があった。冬の只見の豪雪に対応
していない事だった。それに、極めて安普請で構造材も細かった。屋
根勾配が緩く、積もった雪が滑り落ちなかった。1階部分に下屋が6、
5間×1、5間で付いている。およそ畳20枚分の下屋屋根に雪が積も
る。さらにその上に2階屋根からの落雪が積み重なる。屋根に積もった
雪を放置するとこの家は雪に押しつぶされてしまうのだ。平成27年1月
母が亡くなり葬儀などに追われて只見に来ることが出来なかった。そ
の年は大雪の年だった。屋根に積もった雪が落雪せずに積み重なって、
その重量に押されて小番所二階の梁と柱が折れてしまった。保険に加
入していなかったので修理代は痛い出費となった。

番所や倉は管理を委託している三瓶こずえさんの家族が雪下ろしをし
てくれる。道場は地下水をスプリンクラーのように出しているので、
急こう配の屋根から自然に落雪したあと融けるので、手間がかからな
い。私が冬に只見に滞在する目的は主に小番所を雪害から守るためで
ある。

なぜ、これほどまでに小番所にこだわるのかと言えば、私はこの場所
で自分の理想を表現したいからである。私はここに借景を取り入れた
枯山水の庭を造ってみたい。チャンスがあれば建物を建て替えて、皆
がアッと驚くような素敵な建物を創ってみたいとも思っている。

60歳の時には前途があり、まだいろいろ出来ることがあると思ってい
た。今、70歳を超える年齢になってこの後、何が出来るのだろうか
と考えてしまう。私が只見で活動していることを引き継いでくれる人
は家族にも友人にもいない。妻が私にいつも言っている。「あんたみ
たいな馬鹿な人はいないよね。お金をみんな只見につぎ込んでしまって
・・・。」「あなたが死んだらどうするの?早く只見を始末してよね。
」「私は何も解らないんだから、あなたのやったことの後始末は出来な
いから・・・。」 もっともなことである。

どうやら、私の先が見えてきた。只見での活動は道半ばで終わりそうで
ある。私に働いていた求心力が拡散力に変わったことを感じる。今後、
10年程度かけて只見での活動の整理をしようと思う。成し遂げられなか
った夢を抱えて、今生で経験した様々なカルマを潜在意識に宿して、そ
れらによって熟成したヴァーサナーとサンスカーラが私を次の人生に導
くであろう。

私は過去を振り返り、現在の状況を考察することで、自分の未来が少し
ずつ見えてきた。前世で私を導いたキーワードは海と軍艦だった。今
生で私を導いたキーワードは山と健康と瞑想だった。来世で私を導く
キーワードはユニークな建築物と日本庭園と水晶のような気がする。
私は6のプレクシャ・メディテーションとアヌ・プレクシャで自己の
内部観察を深めていけば、自分の来世がどのような場所に生まれ、ど
のような人生を歩んでいくのか大まかに知ることができると思っている。

__________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■2月開講 プレクシャ・メディテーション 指導士養成講座レベル1のご案内
このクラスは資格取得者のみならずプレクシャをこれから学んでみたい人、
続けて学びたい人さらにすでに準指導者の資格を取った方が復習のために
ご自分のご都合のいい時に参加できます。

繰り返し、繰り返し学び、実践することによりより深い理解を得られます
ので、どうぞ皆様のご参加をお待ちしております。

単発受講OK、初心者でも参加できます。

日時:毎週木曜日 19時~20時30分
受講料:2,000円/回
場所:池袋駅西口 平舎hiraya(豊島区西池袋5-12-3)
*池袋駅西口 八千代銀行西口支店を左に入り一本目を右に入り、突き当たり

プログラム:
第1回   2月8日  講義:瞑想とは何か どのように行うのか*終了
         実習:カーヨウッサグ 
第2回   2月15日 講義:カーヨウッサグの理論*終了
         実習:カーヨウッサグ
第3回   2月22日 講義:アンタール・ヤートラの理論*終了
         実習:アンタール・ヤートラ
第4回   3月1日  講義:ジャイナ教瞑想と仏教瞑想の相違点と類似点
         実習:アンタール・ヤートラ 
第5回   3月8日  講義:シュヴァーサ・プレクシャの理論
         実習:シュヴァーサ・プレクシャ 
第6回   3月15日  講義:呼吸法とプラーナヤーマについて
         実習:プラーナ・サンチャラニー・ムドラ

※   3月22日    講師海外旅行のため休講

第7回   3月29日  講義:マントラを唱える意味
         実習:スマブリッテイ・シュヴァーサ・プレクシャ
第8回   4月5日 講義;身体の宗教哲学的意味
         実習:シャリーラ・プレクシャ
第9回   4月12日  講義:肉体、電磁気体、カルマ体、魂について
          実習:シャリーラ・プレクシャ

※   4月19日   講師北海道講演のため休講

第10回   4月26日 講義:8つの主要なケンドラについて
         実習:ジョーテイ・ケンドラ・プレクシャ

第11回   5月10日 講義:4ステップ瞑想の組み合わせ時間配分について
         実習:4ステップ瞑想

第12回   5月17日 特別瞑想 1.5時間連続瞑想
(マントラメディテーションと4ステップ瞑想)

*プログラムの都合により変更になることがあります。

問い合わせ先:日本プレクシャ・ディヤーナ協会会長 坂本 知忠
Email-tomotada@jcom.zaq.ne.jp TEL-090-8844-4009

__________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■お知らせ「坂本知忠先生と行く最高のインド・聖地瞑想巡礼の旅」

訪問地:デリー、ラドヌーン、チェンナイ、ティルバンナマライ・アルナチャ
ラ、オーロビンドアシュラム、マハバリプーラム
日程: 2018年11月5日(月曜日)~11月18日(日曜日)
旅行代金:未定・30万円前後

詳しい内容は決定次第、募集チラシを作成し皆様にお知らせします。
早めに休暇の予定を立ててください。
2週間のインド旅行で最善のプランを考えました。


【旅行のお誘い】
ラドヌーンはインドの北西、ラジャスターン州の砂漠地方に位置し、ジャイナ
教テーラパンタ派の本拠地の町です。僧、尼僧が滞在する施設の他、瞑想ホー
ルやリトリートのための施設、女子修道学校や大学、図書館などを備えたジャ
イナ教の一大センターになっています。日本でいえば高野山のようなところで
す。今でも2500年前と同じ生活スタイルで僧、尼僧が徹底的な無所有、非
暴力の実践生活をしています。私たちはここに滞在し、インド国内でも高く評
価されているプレクシャ・メディテーションやジャイナ教哲学を直接僧、尼僧
から学びます。

アルナチャラは南インド、タミールナドウ州にある聖なる山で、世界最古の行
者の山として知られています。古代から沢山の瞑想行者が修行した山です。平
らな大地に聳え立つ花崗岩の独立峰はとても神秘的です。山そのものがシバ神
としても崇拝されています。近代インドのヨガの聖者・ラーマナ・マハリシが
少年のころ引き付けられてアルナチャラにやってきて、生涯そこから離れなか
ったという山です。私もかつて一度だけ行ったことがありますが、是非もう一
度そこに行きたいと思っています。アルナチャラの麓にあるテルバンナマライ
のアルナチャ・レシュワラ寺院もとても良い所です。アルナチャラに登り、山
麓を巡礼する予定です。

南インド、ポンデチェリーにあるオーロビンドアシュラムは、ラーマナ・マハ
リシと同時代、インドに活躍したシュリ・オーロビンド・ゴーシュとマザー・
アルファサが作ったヨガ哲学による理想郷です。今でも大勢の弟子たちが二人
の理想を引継ぎ独特の共同体を作っています。アシュラムの中心には蓮の花に
浮かぶ地球を表現したマトリ・マンデールという瞑想施設があります。私が前
回、訪れたときはマトリ・マンデールは建設中でした。マトリ・マンデールが
どのように出来上がったか、そこで瞑想するとどうなるかとても楽しみです。
花崗岩を掘りだして作った建築物で有名な海岸の町マハバリ・プーラムも訪れ
宿泊します。

_________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

<編集後記>
~エドガー・ケイシーの映画「THE READINGS」を視て~(七林秀郷)

 先日23日、板橋にて「リーディング~エドガー・ケイシーが遺した、道筋~
」の先行上映会があり視聴してきました。
ホリスティック医学(全体的医療)の原点といわれるエドガー・ケイシーは、
催眠状態に入ると相手がどこにいても、その肉体を透視し、病気の原因やその
治療法を的確にリーディングする(述べる)ことができました。彼がリーディ
ング中に語るその知識は医学のみならず、たとえ宇宙についての質問でも答え
ることが出来たと言われています。現代人の抱える病をモチーフにし、日本エ
ドガー・ケイシーセンター会長の光田秀氏らとともに、ケイシーの半生と彼が
遺したリーディングの謎に迫っていく、という内容でした。24歳の頃、自分自
身の病気を治すために催眠療法(ヒプノセラピー)を試したところ、自分が知
らないはずの医学用語を使い自らの病気を診断し、治療したことが原点となっ
ています。1923年以降、彼が催眠中に語ったことは全て速記され、「リーディ
ング」と呼ばれるようになりました。1945年に他界するまで1万4千件を超える
リーディングを行った記録が残されています。
 医療は確実にホリスティックへ向かっています。プレクシャ・メディテー
ションとエドガー・ケイシーの相補性の研究にワクワク感を覚えました。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

下記Facebookページでも随時、ご案内いたしますので、この機会に各
グループに参加申請ください。

プレクシャ・コミュニティ 
https://www.facebook.com/groups/465120036943301/?fref=ts

プレクシャ・メディテーション
https://www.facebook.com/groups/276947325739512/?fref=ts

日本プレクシャ・ディヤーナ協会
https://www.facebook.com/jp.preksha/?fref=ts

(メールマガジン編集・発行責任者:七林秀郷)

お気軽にメールマガジンの感想や、プレクシャや瞑想についてのご質問、
ご自身のプレクシャ体験談などメールにてお寄せください。協会のプログ
やSNSに掲載いたします。

メールアドレス:japan@preksha.com

■メルマガの配信停止は以下のページからお願いします■
http://www.mag2.com/m/0001262370.html

過去に配信したメルマガは下記URLから読むことができます。
http://archive.mag2.com/0001262370/index.html

過去に掲載したコラムとエッセイは、協会ブログにも掲載しております。
http://prekshajapan.blogspot.jp/

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
発行:日本プレクシャ・ディヤーナ協会
ホームページ http://jp.preksha.com/
ブログページ http://prekshajapan.blogspot.com/
Copyright (C) 2010-2017 Preksha Dhyana Association of Japan.
___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/08/28
部数 129部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/08/28
部数 129部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング