日刊株式投資情報新聞

【日刊株式投資情報新聞】日経平均は軟調だが材料株など強くTOPIXやマザーズ指数は高い

カテゴリー: 2019年01月17日
■■////////////////////////////////////////////////////////////
■■   日刊株式投資情報新聞(日本インタビュ新聞社提供)
■■
■■               2018年1月17日(木)
■■////////////////////////////////////////////////////////////

 ※ほぼ日刊で配信しておりますが、お休みをいただく場合が
  ありますので、あらかじめご了承ください。(土日祝日はお休み)

    ⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
    【株式投資のための投資情報メールマガジン】
        場中の記事をそのまま配信!
        http://media-ir.com/news/

★株式投資情報ツイッター=https://twitter.com/mediaircom
☆厳選注目銘柄=http://kabu-ir.com/category/16067736-1.html

*:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:*
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 日経平均は軟調だが材料株など強くTOPIXやマザーズ指数は高い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【株式市場】

◆日経平均は2万402円27銭(40円48銭安)、TOPIXは1543.20ポイント(5.43ポイント高)、出来高概算(東証1部)は11億4873万株

 1月17日後場の東京株式市場は、13時にかけて日銀総裁が「人口減少下で低金利続くと金融システムの不安定化も」(ブルームバーグニュースより)と語ったと伝えられたため、現行の量的緩和策の後退などを懸念する様子があり、個別物色の色彩が強まった。
モバイルファクトリー<3912>(東1)が12月決算への期待再燃とされて一段とジリ高傾向を見せ、プレミアグループ<7199>(東1)は新株予約権の権利行使を期限付きで停止との発表が注目されて値戻し幅を拡大。日経平均は小幅続落となったが、TOPIX、日経400は反発し、東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均も高い。

 日経平均のマイナス寄与度銘柄としてはファーストリテイリング<9983>(東1)やリクルートホールディングス<6098>(東1)が挙げられていた。

 キクカワエンタープライズ<6346>(東2)が今3月期の大幅増収増益見込みへの期待再燃とされて一段高となり、Aiming<3911>(東マ)はゲーム企画・開発・運営の非上場会社との資本業務提携が注目されてストップ高。セルシード<7776>(JQG)は引き続き自己細胞シートによる軟骨再生治療の承認が材料視されて再び急伸。

 東証1部の出来高概算は11億4873万株(前引けは5億7511万株)、売買代金は1兆9778億円(同9579億円)。1部上場2128銘柄のうち、値上がり銘柄数は1366(同1316)銘柄、値下がり銘柄数は682(同712)銘柄。

 また、東証33業種別指数は24業種(前引けも24業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、パルプ・紙、証券・商品先物、その他製品、その他金融、保険、電力・ガス、不動産、非鉄金属、鉄鋼、精密機器、銀行、などとなった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   _______
   業績&株価分析
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■ケンコーマヨネーズは調整一巡感、19年3月期減益予想だが20年3月期収益改善期待

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)はマヨネーズ・ドレッシング分野から、タマゴ加工品およびサラダ・総菜分野への事業領域拡大戦略を推進している。19年3月期減益予想だが、20年3月期の収益改善を期待したい。株価は地合い悪も影響して安値圏だが調整一巡感を強めている。反発を期待したい。なお2月8日に第3四半期決算発表を予定している。

■マヨネーズ・ドレッシング類、ロングライフサラダの大手

 サラダ・総菜類、タマゴ加工品、マヨネーズ・ドレッシング類の調味料・加工食品事業、フレッシュ総菜(日配サラダ、総菜)の総菜関連事業等、その他(ショップ事業)を展開している。ロングライフサラダは業界のパイオニアとして国内1位、マヨネーズ・ドレッシング類は国内2位の市場シェアである。

 18年3月期の商材別売上高構成比はサラダ類45%、タマゴ類29%、マヨネーズ・ドレッシング類24%、その他2%だった。分野別売上高構成比はCVS(コンビニエンスストア)28%、外食26%、量販店22%、パン14%、給食5%、その他6%だった。

 マヨネーズ・ドレッシング分野から、タマゴ加工品およびサラダ・総菜分野への事業領域拡大戦略を推進している。ショップ事業の「Salad Cafe」は百貨店などへの展開を進めている。

 収益面では、鶏卵や野菜などの原材料価格が変動要因となりやすく、プロダクトミックス、工場操業度、原燃料コストなどの影響を受ける。利益還元については連結ベースでの配当性向20%を意識し、配当の継続性に配慮しつつ、今後の成長と発展にあわせて安定配当水準を高めていくことを基本方針としている。

■事業領域拡大戦略と生産能力増強を推進

 新中期経営計画「KENKO Value Action~価値の創造~」では、経営目標値に21年3月期売上高850億円、経常利益46億円率を掲げている。サラダNO.1企業として、市場ニーズに応える商品開発、事業領域の拡大などの戦略を推進する。

 目標値達成に向けて生産能力増強も推進し、18年4月ダイエットクック白老が新工場(サラダ・総菜類)を稼働、18年6月関東ダイエットクック神奈川工場(サラダ・総菜類)が稼働した。また19年2月稼働で静岡富士山工場(タマゴ加工品)の増設、19年3月稼働で西日本工場(サラダ・総菜類)の増設を予定している。

■19年3月期減益予想だが、20年3月期収益改善期待

 19年3月期連結業績予想(11月9日に下方修正)は、売上高が18年3月期比2.4%増の745億円、営業利益が30.0%減の29億20百万円、経常利益が27.7%減の30億円、純利益が21.1%減の22億70百万円としている。配当予想(11月9日に下方修正)は、18年3月期比7円減配の年間30円(第2四半期末15円、期末15円)としている。予想配当性向は21.8%となる。

 第2四半期累計は売上高が前年同期比1.0%増の374億09百万円、営業利益が32.4%減の14億56百万円、経常利益が30.8%減の15億12百万円、純利益が39.4%減の9億03百万円だった。

 売上面では、ダイエットクック白老および関東ダイエットクック神奈川工場の稼働も寄与して増収を確保したが、計画比ではサラダ・総菜類が減少し、地震や台風などの自然災害も影響し、全体として計画を下回った。事業別には、調味料・加工食品事業はタマゴ加工品が増加したが、サラダ・総菜類の減少で1.3%減収だった。総菜関連事業はポテトサラダが好調に推移して14.7%増収だった。利益面では、売上高の計画未達に加えて、原材料価格の上昇、人件費の増加、新工場関連での立ち上げ費用発生や生産効率低下の影響で大幅減益だった。

 通期ベースでも第2四半期累計の影響が残り減益予想とした。ただし20年3月期は新工場関連などの一時的要因が一巡し、生産効率向上効果などで収益改善を期待したい。

■株主優待制度は毎年3月末の株主対象

 株主優待制度は毎年3月末日現在で1単元(100株)以上~10単元(1000株)未満所有株主に対して当社商品1000円相当、10単元以上所有株主に対して当社商品2500円相当を贈呈する。

■株価は調整一巡感

 株価は地合い悪も影響して安値圏だが、12月25日の1822円から切り返して調整一巡感を強めている。反発を期待したい。1月16日の終値は2009円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS137円78銭で算出)は約15倍、今期予想配当利回り(会社予想年間30円で算出)は約1.5%、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS1880円61銭で算出)は約1.1倍、時価総額は約331億円である。

────────────────────────────────

●[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
 http://kabu-ir.com/category/20186867-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ______
   編集長の視点
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■SKIYAKIは連結子会社の業績が寄与し第3四半期業績上向く

 SKIYAKI<3995>(東マ)は、2017年10月26日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、プラットフォーム事業、コンサート・イベント制作事業、旅行・ツアー事業を行っている。
 ファンのためのワンストップ・ソリューションプラットフォーム「SKIYAKI EXTRA」を中核として、アーティストに係るファンクラブサービス(FCサービス)、アーティストグッズ等のECサービス及び電子チケットサービス「SKIYAKI TICKET」、オンデマンドグッズサービス「SKIYAKI GOODS」、映画・映像製作、旅行・ツアー事業、コンサート・イベント事業を展開している。

 同社は、「FCサービス」、「SKIYAKI TICKET」の取扱いアーティスト数及び提供サービス数を増やし、取引規模を拡大させているほか、FC、EC、TICKET、旅行及びイベント等の既存サービスに加え、スマートフォン向けキャッシュレス決済サービス「SKIYAKI PAY」のリリースや、
事業譲受によるライブ・イベントの同行者を探せるSNSサービス「AMIPLE」及び国内最大級の音楽ライブ情報サービス「LiveFans」の取得、ファンの熱量を見える化する「bitfan」の機能を備えたファンクラブを誰でもすぐに開設できるオープン型ファンクラブサービスをローンチするなど、新たなサービスチャネルの展開を積極的に進めるとともに、
株式会社SKIYAKI LIVE PRODUCTION及び株式会社SKIYAKI APPSを連結子会社化、株式会社ピーリンクを持分法適用関連会社とするなど、シナジー効果が見込まれる企業への積極的なM&Aを実施している。昨年10月31日現在における「SKIYAKI EXTRA」の総登録会員数は229万人を突破し順調に伸びている。

 昨年12月13日に発表した今19年1月期第3四半期業績実績は、売上高28億2000万円(前年同期比59.4%増)、営業利益1億0900万円(同34.4%減)、経常利益9600万円(同37.3%減)、純利益3500万円(同71.6%減)に着地したが、8-10月期業績実績は、売上高11億3800万円(同97.2%増)、営業利益3400万円(同21.4%増)、経常利益2700万円(同58.8%増)、純利益2700万円(同2.5倍)と上向いた。
 第3四半期累計では、FCサービスと第2四半期から連結子会社化したSKIYAKI LIVE PRODUCTIONの好調により、売上高が前年同期比で大幅増。ECサービスにおける商品の保管・配送料の値上げ及び事業拡大に向けた投資のための人件費増等に伴い、原価・販管費が増加したため、増収減益となった。

 今19年1月期業績予想は、売上高37億5600万円(前期比51.0%増)、営業利益1億1100万円(同54.1%減)、経常利益1億1700万円(同45.6%減)、純利益4100万円(同77.2%減)を見込む。年間配当予想は、未定(同15円を実施)としている。

 株価は、2017年10月30日につけた高値1912円から18年12月28日に上場来安値383円まで調整を挟んで1月16日高値756円と買われている。
 8-10月期決算は上向いているうえ、bitfanを中心とした、M&Aを含むチャネルの強化やデータ分析型のファンマーケティングへの進化、社内業務の自動化を目的としたINTRAの強化を実施しており、来20年1月期は増収増益に転じる見通し。
 3月15日前後に予定される本決算の発表は注目される。ただ、株価は底値からほぼ倍化しており、目先は上げ一服で、もみ合いそうだが、下値がどのあたりになるか見極めるところだろう。

・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆
 (記事の詳細は下記をご覧ください)
http://syoukenn.seesaa.net/category/1589503-1.html

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

■ ニュース・トピックス ━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

【どう見るこの相場】相場展望
 http://kabu-ir.com/category/23195154-1.html

●【特集】注目銘柄
 http://kabu-ir.com/category/16067736-1.html

■決算情報 Media-IR
 http://www.media-ir.com/press/kessann/gyouseki/index.shtml

 ■高配当利回り特集
 http://www.media-ir.com/press/kouhaitou/hai201201/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

★国内初の報道型IR:個人投資家向け企業情報ポータルサイト
http://www.media-ir.com/mediairpress/

*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
 「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

株式会社 日本インタビュ新聞社
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-6-8
-----------------------------------------
Webサイト:
◎日本インタビュ新聞社公式サイト
 http://www.media-ir.com/
◎株式投資情報 総合サイト(株式投資のキュレーションサイト)
 http://media-ir.com/news/
◎日本インタビュ新聞 株式投資情報
 http://kabu-ir.com/
◎日本インタビュ新聞 Media-IRソリューション
 http://www.media-ir.com/mediairpress/
◎日本インタビュ新聞 経営者紀行
 http://interview-ir.com/
◎犬丸正寛の相場格言
 http://soubakakugenn.seesaa.net/
◎株式投資情報ツイッター(mediaircom)
 http://twinavi.jp/account/detail/mediaircom
*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

日刊株式投資情報新聞

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2019/02/21 部数:  1,592部

ついでに読みたい

日刊株式投資情報新聞

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/02/21 部数:  1,592部

他のメルマガを読む