日刊株式投資情報新聞

【日刊株式投資情報新聞】日経平均は円高など受け3日ぶりに反落するが好業績株への期待は強い

カテゴリー: 2019年01月16日
■■////////////////////////////////////////////////////////////
■■   日刊株式投資情報新聞(日本インタビュ新聞社提供)
■■
■■               2018年1月16日(水)
■■////////////////////////////////////////////////////////////

 ※ほぼ日刊で配信しておりますが、お休みをいただく場合が
  ありますので、あらかじめご了承ください。(土日祝日はお休み)

    ⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
    【株式投資のための投資情報メールマガジン】
        場中の記事をそのまま配信!
        http://media-ir.com/news/

★株式投資情報ツイッター=https://twitter.com/mediaircom
☆厳選注目銘柄=http://kabu-ir.com/category/16067736-1.html

*:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:*
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 日経平均は円高など受け3日ぶりに反落するが好業績株への期待は強い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【株式市場】

◆日経平均は2万442円75銭(112円54銭安)、TOPIXは1537.77ポイント(4.95ポイント安)、出来高概算(東証1部)は12億962万株

 1月16日(水)の東京株式市場は、英国でEU離脱を巡る議会投票が否決されたことを受けてユーロ安・円高が再燃し、日経平均は朝方24円96銭高(2万580円25銭高)を高値として次第に軟化。中で、1月7日から第3四半期決算発表に向けて「沈黙期間」に入ったヤクルト本社<2267>(東1)が業績期待から高いなど、個別物色の展開になった。日経平均は10時30分頃に231円97銭安(2万323円32銭)まで下押した。

 後場は、ハウス食品グループ本社<2810>(東1)が好業績への期待やディフェンシブ物色とされて一段とジリ高になり、トヨタ自動車<7203>(東1)などが下げ止まる様子になった。日経平均は下げ幅100円台で持ち直し気味に推移し、大引けは3日ぶりの反落となった。東証2部指数も安いが、マザーズ指数、日経JASDAQ平均は高い。

 東証1部の出来高は12億962万株(前引けは5億9074万株)、売買代金は2兆1581億円(同1兆367億円)。東証1部2128銘柄のうち、値上がり銘柄数は635(同688)銘柄、値下がり銘柄数は1424(同1367)銘柄。

 また、東証33業種別株価指数は11業種が値上がり(前引けは10業種が値上がり)し、値上がり率上位の業種は、電力・ガス、食料品、水産・農林、情報・通信、不動産、サービス、などとなった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   _______
   業績&株価分析
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■星光PMCは調整一巡感、18年12月期減益予想だが19年12月期収益改善期待

 星光PMC<4963>(東1)は製紙用薬品事業、印刷インキ用・記録材料用樹脂事業、化成品事業を展開し、次世代素材セルロースナノファイバー(CNF)など新分野開拓を推進している。18年12月期は原材料価格上昇で減益予想だが、19年12月期はCNF複合材料の商業生産本格化も寄与して収益改善を期待したい。株価は地合い悪も影響して水準を切り下げたが、調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。

■製紙用薬品、印刷インキ用・記録材料用樹脂、化成品を展開

 DIC<4631>の連結子会社で、製紙用薬品事業、印刷インキ用・記録材料用樹脂事業、化成品事業(子会社KJケミカルズ)を展開している。17年12月期売上高構成比は製紙用薬品事業63%、印刷インキ用・記録材料用樹脂事業21%、化成品事業15%だった。

 高付加価値製品の拡販、中国事業の再構築、東南アジア市場への積極展開、植物由来の軽量・高強度の次世代素材セルロースナノファイバー(CNF)、導電性ナノ材料(銀ナノワイヤー)、水性インキ用コア・シェル・エマルション、アミドエーテル系溶剤、光学弾性樹脂(OCA)など、成長市場・新分野における新規開発品戦略を推進している。

 新中期経営計画「CS VISION-2」では目標数値に、会社設立50周年の18年12月期売上高272億円、営業利益22億円、営業利益率8%以上を掲げている。

■CNF複合材料の商業生産本格化期待

 次世代素材CNFは、すべての植物の植物細胞壁の骨格成分であるセルロースをナノサイズまで細かくほぐすことによって得られる繊維である。鋼鉄の5分の1の軽さで5倍以上強く、熱による変形が少ないなどの特徴がある。樹脂の補強材として機能させることで、自動車用樹脂の強度向上や金属部材からの置き換え、家電・モバイル機器の軽量化などでの需要が期待されている。

 18年1月には、竜ヶ崎工場にあるCNF実証生産設備(パイロットプラント)の生産能力増強工事が完了し、CNF複合材料「STARCEL」ブランドでの商業生産・製品出荷を開始した。

 18年6月には世界初のCNF強化樹脂応用製品の商品化を発表した。CNF複合材料「STARCEL」がアシックス<7936>の高機能ランニングシューズ製品のミッドソール部材の原材料の一部に採用された。また18年8月には2例目となるランニングシューズへの採用を発表した。商業生産の本格化を期待したい。

 銀ナノワイヤーは、直径がナノサイズ、長さがミクロンサイズの繊維状の銀を溶液中に分散させて透明導電性電極を形成し、ウェアラブル端末や大型ディスプレイへの利用が期待されている。

■18年12月期減益予想だが19年12月期収益改善期待

 18年12月期の連結業績予想は、売上高が17年12月期比3.3%増の259億20百万円、営業利益が9.9%減の20億円、経常利益が13.6%減の21億30百万円、純利益が19.5%減の16億10百万円としている。原材料価格の上昇、人件費や償却費の増加などで減益予想としている。配当予想は設立50周年記念配当2円を加えて、3円増配の年間16円(第2四半期末8円、期末8円)としている。予想配当性向は30.1%となる。

 第3四半期累計は、売上高が前年同期比4.8%増の190億93百万円、営業利益が8.5%減の14億08百万円、経常利益が13.1%減の14億96百万円、純利益が16.9%減の11億52百万円だった。製紙用薬品事業における差別化商品拡販などで増収だったが、原材料価格上昇などで減益だった。

 製紙用薬品は売上高が11.2%増の128億24百万円で営業利益が0.9%減の11億76百万円、印刷インキ用・記録材料用樹脂は売上高が0.9%減の37億76百万円で営業利益が15.1%減の1億81百万円、化成品は主力製品の輸出減少により売上高が13.4%減の24億92百万円で営業利益が29.9%減の2億92百万円だった。

 通期のセグメント別計画は、製紙用薬品の売上高が4.8%増の166億75百万円で営業利益が3.9%減の15億94百万円、印刷インキ用・記録材料用樹脂の売上高が1.6%減の52億92百万円で営業利益が21.2%減の3億12百万円、化成品の売上高が4.2%増の39億53百万円で営業利益が7.0%減の4億63百万円としている。

 第3四半期累計の進捗率は売上高73.7%、営業利益70.4%である。第4四半期の挽回を期待したい。また19年12月期はCNF複合材料の商業生産本格化も寄与して収益改善を期待したい。

■株価は調整一巡感

 株価は地合い悪も影響して水準を切り下げたが、12月25日の昨年来安値652円から反発して調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。1月15日の終値は764円、前期推定連結PER(会社予想連結EPS53円10銭で算出)は約14倍、前期推定配当利回り(会社予想の年間16円で算出)は約2.1%、前々期実績連結PBR(前々期実績連結BPS776円56銭で算出)は約1.0倍、時価総額は約235億円である。

────────────────────────────────

●[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
 http://kabu-ir.com/category/20186867-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ______
   編集長の視点
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■共和コーポレーションは底打ち感、19年3月期増収増益予想

 共和コーポレーション<6570>(東2)は、長野県を地盤とするアミューズメント施設運営事業、およびアミューズメント機器販売事業を展開している。19年3月期増収増益予想である。株価は12月の上場来安値から切り返して底打ち感を強めている。出直りを期待したい。

■長野県地盤にアミューズメント施設運営

 長野県を地盤とするアミューズメント施設運営事業、およびアミューズメント機器販売事業を展開している。アミューズメント施設の新規出店および積極的なM&Aの活用によって業容を拡大している。

 アミューズメント施設運営事業は「APINA」およびM&Aした「YAZ」「GAMECITY」の3ブランドを展開し、18年12月5日現在の店舗数は合計52店舗である。18年12月にはスクウェアワンが事業分割して設立する新会社の全株式を譲り受けると発表した。19年2月中に3店舗を譲り受ける予定だ。アミューズメント機器販売事業は全国の他社施設向けに機器や景品を販売している。

■19年3月期増収増益予想

 19年3月期連結業績予想は、売上高が18年3月期比1.5%増の134億86百万円、営業利益が1.2%増の5億48百万円、経常利益が7.9%増の5億99百万円、純利益が14.7%増の3億69百万円としている。新規出店やファミリー層の夜間集客推進などで増収増益予想としている。

 第2四半期累計は売上高が67億83百万円、営業利益が2億89百万円、経常利益が3億40百万円、純利益が2億13百万円で、概ね計画水準だった。通期予想に対する進捗率は売上高50.3%、営業利益52.7%と順調である。通期ベースで好業績を期待したい。

■株価は底打ち感

 株価(18年9月1日付で株式2分割)は、18年3月IPO時高値1277円からほぼ一本調子に水準を切り下げたが、高値から約3分の1水準となる12月25日の上場来安値480円から切り返し、その後は600円台まで上伸して底打ち感を強めている。出直りを期待したい。1月15日の終値は613円、今期予想連結PERは約10倍、時価総額は約37億円である。 

・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆
 (記事の詳細は下記をご覧ください)
http://syoukenn.seesaa.net/category/1589503-1.html

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

■ ニュース・トピックス ━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

【どう見るこの相場】相場展望
 http://kabu-ir.com/category/23195154-1.html

●【特集】注目銘柄
 http://kabu-ir.com/category/16067736-1.html

■決算情報 Media-IR
 http://www.media-ir.com/press/kessann/gyouseki/index.shtml

 ■高配当利回り特集
 http://www.media-ir.com/press/kouhaitou/hai201201/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

★国内初の報道型IR:個人投資家向け企業情報ポータルサイト
http://www.media-ir.com/mediairpress/

*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
 「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

株式会社 日本インタビュ新聞社
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-6-8
-----------------------------------------
Webサイト:
◎日本インタビュ新聞社公式サイト
 http://www.media-ir.com/
◎株式投資情報 総合サイト(株式投資のキュレーションサイト)
 http://media-ir.com/news/
◎日本インタビュ新聞 株式投資情報
 http://kabu-ir.com/
◎日本インタビュ新聞 Media-IRソリューション
 http://www.media-ir.com/mediairpress/
◎日本インタビュ新聞 経営者紀行
 http://interview-ir.com/
◎犬丸正寛の相場格言
 http://soubakakugenn.seesaa.net/
◎株式投資情報ツイッター(mediaircom)
 http://twinavi.jp/account/detail/mediaircom
*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

日刊株式投資情報新聞

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2019/02/20 部数:  1,592部

ついでに読みたい

日刊株式投資情報新聞

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/02/20 部数:  1,592部

他のメルマガを読む