野菜つくりのコツを学んで、家庭菜園ライフを10倍楽しむ方法

種の選定方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
野菜つくりのコツを学んで、  ■□■□
家庭菜園ライフを10倍楽しむ方法■□ 
by  菜園ライフクリエィター  森下 能守 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■このメールマガジンの目的は『家庭菜園
に役立つ情報を紹介すること』です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第194回 2018年2月6日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ はじめに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(今回のテーマは)
種の選定方法


こんにちは、
菜園ライフクリエィターの森下です。

札幌から北へ140kmの所、旭川市へ3日ほど
出張してきました。
朝はマイナス18度の世界、寒かったです。

農家向けの展示会で、種の販売をしてきま
した。

さて、前4回に渡って、種の発芽、育苗に
ついての情報をお届けしていますが、今回
は5回目として、さらに役たつ情報をお届
けしますね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 適期適作情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○そろそろ種の購入時期ですよ !
○発芽・育苗用土、資材確保の準備ですよ!

トマトは種まきから発芽、定植まで
60日程見ておかなければなりませんので、
本州では露地栽培で、4月下旬ごろ定植と
予想し、2月の下旬前後、播種に入る時期
ですね。(露地栽培)

北海道でも2月下旬ごろが適期と思います。


※作物を健全に育てるには、適地適作・適
期適作が基本ですので、地域によってよく
温度等を見計らって、考慮してくださいね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆今日の菜園ライフ:ワンポイントレッスン
■ 種の選定方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

忙しい方はこの動画で学ぶ
※種まき発芽の方法
http://www.ecoa.co.jp/movph/tomato/index.html#pica1


____________________________________

■種の選定方法

私の種の選定方法は、下記のポイントで
考えています。
--------------------
○種の故郷を知る
○トマトの故郷
○在来種を選ぶ
○適地適作で種を選ぶ
---------------------
以下順にふれていきます。


○種の故郷を知る

全ての生物には遺伝子(DNA)があり、作物
もまた種のうちから完成された姿が約束
されています。

東洋の思想に「身土不二の原則」*という
考え方があります。
土がすべての生物を育てはぐくむ基である
ことを忘れてはなりませんね。

*「身土不二」とは ?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BA%AB%E5%9C%9F%E4%B8%8D%E4%BA%8C


種も一緒で、種の中にある遺伝子の記憶に
より、求めている環境、つまり故郷があり
ます。

この故郷の環境に適した種選びと栽培が適
しています。

____________________________________


○トマトの故郷

例えばナス科のトマトだと南米のペルーが
原産地で、高地で乾燥地帯の石がゴロゴロ
した所です。

ですからこの生れ故郷に(原産地)合った所
が最も好むわけです。
生育適温は25℃、夜の最低は18℃が適して
おり、雨が少なく、太陽を好み、乾燥した
冷涼な土地を好み、高温多湿を嫌います。

私は札幌市に住んでいますが、トマトが良
く穫れます。この地の気候が合っているよ
うです。

また、九州のさつまいもを植えてみても、
生育がよくありませんし、やはりジャガイ
モの方が合っているのです。

このように種の故郷を知った上での品種選
びが大切といえます。
正に、適地適作が合っているわけです。


次回につづく
第195回 2018年2月13日発行
____________________________________

○ポイント
「適地適作」「適季適品種」に則った種選
びをする
____________________________________

次回は
■種の選定方法

○在来種を選ぶ?
○適地適作で種を選ぶ

私の種の選定方法を披露してます。
次回をおたのしみに !


※種まき発芽の方法
http://www.ecoa.co.jp/movph/tomato/index.html#pica1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 本日の気づき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今日のコトバ:
『 負けるな、嘘をつくな、弱いものいじめ
はするな』
( 郷中教育の掟 )薩摩藩


[補足説明] 

現在NHKのドラマで放映されている西郷どん
で、おなじみの薩摩藩の教育の掟。

当時薩摩藩は、子どもの教育に熱心に取り
組んできた。切磋琢磨して人格を培ってき
たようで、その中で、守るべき最低3つの
掟を定めており、後は自由に勉学に励んで
いたようです。


[感じたこと]

薩摩藩では、男らしく正義感漂う立派な人材
が育っており、江戸から明治を成し遂げ、
現在の礎として貢献した、すぐれた藩ですね。


現代では「いじめ」問題で自殺者がでるなど
深刻な社会問題になっていますが、学校では

この『 負けるな、嘘をつくな、弱いものい
じめはするな』( 郷中教育の掟 )のように
薩摩藩の教育を見習ってほしいものです。


昔の教育に背を向けず、良いところは学び、
取り入れるという柔軟な対応を望みたい物で
す。


------------------------------------
死してなを今も心の中に息づいている格言の
数々、足下を照らしてくれてありがとう。

いき詰まった時、心の支えになった言葉です。

これからも自分の心を改善していこうと思い
ます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日(2/5)から札幌雪まつりが開催です。

2/12日までとなっています。お楽しみくだ
さい。それにしても旭川市は寒かったです。

はく息は白くなり、肌がピリピリするので
す。そんな中で人々は活動しています。
頭がさがります。


私が子どもの頃育った名寄市では、マイナ
ス30度を幾たびか経験しています。通学
時、耳が痛くて凍傷になった人もいたぐら
いでした。

次にやられるのは足の指先、今みたく防寒
長靴などなく、ゴム長靴でしたので、とて
も痛かった思いがあります。

冬は忍耐強くがまんして、過ぎ去るのを待
ちます。ですから春が待ち遠しいのです。

------------------------------------
あなたもどうかお身体を大切にしてお過ご
しください。『日々是好日』

------------------------------------
【発行者からのお願い】

この「メルマガ」を、ぜひ一人でも多くの
お友達にご紹介ください。一人でも多くの
方に当メルマガをお読み頂き、菜園ライフ
の楽しさや気づきを共有できれば幸いです。


最後までご覧頂きありがとうございます。
あなにとって楽しい菜園生活でありますよ
うに。。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【無料公開】3ステップ 三倍増収の土つくり
無料メールセミナー公開☆今すぐクリック! 
http://www.ecoa3.com/3step/index.html


■□━━━━━━━━━━━━━━□■
発行・編集:森下能守
  ECOARS (有)エコア技研
URL:http://www.ecoa.co.jp/
お問い合わせ:morishita@ecoa.co.jp
 (@を半角に)
■□━━━━━━━━━━━━━━□■

野菜つくりのコツを学んで、家庭菜園ライフを10倍楽しむ方法

RSSを登録する
発行周期:  週刊
最新号:  2018/04/10
部数:  167部

もしくは
※各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

ついでに読みたい

野菜つくりのコツを学んで、家庭菜園ライフを10倍楽しむ方法

RSSを登録する
発行周期:  週刊
最新号:  2018/04/10
部数:  167部

もしくは
※各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。
他のメルマガを読む