野菜つくりのコツを学んで、家庭菜園ライフを10倍楽しむ方法

マルチはライ麦がお薦め

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
野菜つくりのコツを学んで、家庭菜園ライフを10倍楽しむ方法 
■□■□        by  菜園ライフクリエィター  森下 能守 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【無料公開】3ステップ 三倍増収の土つくり・無料メールセミナー公開
☆今すぐクリック!⇒ http://www.ecoa3.com/3step/index.html
----------------------------------------------------------------
【菜園 教材】アクセス数日本一(グーグル検索第1位)のホームページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ発行人 森下能守のHPとプロフィールは⇒ http://ecoa.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつも当メルマガを愛読頂きありがとうございます。
菜園ライフクリエィターの森下です。


トマト収穫の報告です。
本日で終了、残渣を取り除き、支柱を取り外ししました。
本日(9/24)は小振りながら、57個の収穫。
これで取り尽くし終了です。

収穫量合計数は、820個、まずまずの収量でした。
品種はタキイ種苗の桃太郎(大玉)、路地栽培、株数62株、10坪、
一株当たり収量13から14個といった処でした。

寒冷地の札幌では、このぐらいで良い方でしょう。
みなさんはいかがでしたか?

さて、今回も菜園愛好家のあなたのために
有意義な菜園情報と時の話題を提供していきたいと思います。

、、、
つづきは今日の菜園ライフにて


(189回)17/9/26
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■家庭菜園今月の作業便覧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○水やり
 
 この時期日照り続きの場合、水不足で成長にかげりを見せることがあり
 ます。水やりは朝か夕方いずれかの時に行います。昼の暑さ激しい時は
 ひかえましょう。もちろん露の季節は水やりは必要ありません。
 
 
○にんにくの定植
 
 ニンニクの定植の時期になりました。
 堆肥や肥料を施し、土を盛って、畝床を作り、そこに種にんにくを定植
 します。
 
 
○収穫残渣・雑草とり
 
 路地栽培だとそろそろ収穫も終わりの作物から、収穫残渣を整理します。
 雑草が増えてくる時期になります。畑の雑草は小まめに取り除くと作物
 の生育によいですよ。
 
 
○生ごみ堆肥を穴肥で施用
 
 生ゴミ堆肥を畑に施用します。30~40 センチ程穴を掘って、生ゴミ
 堆肥を埋めていきます。
 土中法の方法は、参考サイトは下記。
 http://www.ecoa3.com/upn/upna/tutinaka1.html
 
 
○施肥(肥料を与える)
 
 空いた畑や二毛作の畑には必ず下記の作業をして次の作付に備えます。
 (作業順序)草木灰の散布⇒土つくり春処理の施用⇒施肥(肥料を与える)
 春一番先に行うのが「土つくり春処理」です。これが終われば「施肥」
 に入ります。  土つくり春処理の方法はこちらを参照ください。
 http://www.ecoa.co.jp/upt/menu2k/m3halu.html
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆今日の菜園ライフ:ワンポイントレッスン
マルチはライ麦がお薦め
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○わらマルチが最高

米や麦のわらが手に入れば一番良いのですが、一般家庭ではなかなか手
にはいりません。そこでとっておきの方法を今回提案します。

○ライ麦がお薦め

空いている畑にライ麦を少々植え付けて、来春青田刈りして、敷き藁に
使用する手法です。

ライ麦は、寒冷地に適し、発芽温度10から15度、生育適温3.4か
ら25度で、北海道では最適かと。

○播種期は、秋9から11月、春3から4月で、収穫期は秋まきで6月、
春まきで8月。

○栽培法

耐寒性耐病性に強く、痩せ地に適す。高さ1.3から1.8mぐらいに
なる。収穫した穂は、黒パンの原料として使用可。

○マルチとして使用する

穂まで生育させず、途中で青田刈りして、敷き藁に使用します。
生育温度で発芽するので、試験が必要。今回私の方で、9から11月ま
で3回ほど植え付けして、試験してみます。
予定としては、10月植え付けで、来春生育刈り取りでいけると思いま
す。9月だとまだ早すぎると思います。


---------------------------------------------------------------
エコア有機栽培では完全無農薬有機栽培で行う関係で、
化学肥料や農薬は使用しません。したがって
従来の栽培とは使用する資材や方法が違うと思いますので、
これらを踏まえて栽培に当たってください。
----------------------------------------------------------------

※おすすめ資材「エコアップ」の詳細説明とお求めは下記まで
http://www.ecoa3.com/upn/menu-2.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○本日、ニンニクを植え付けました。
堆肥や肥料を施し、畝床をつくり定植。これは長い勝負となります。
収穫は来期の6月から8月ごろになります。


○近況
只今入院中に付、メルマガも休刊ぎみになろうかと思います。
これまで病気ひとつしたことがなかったのですが、今年に入り、これま
での無理が一気に出たという処です。年には逆らえませんね。
今日は病院から外出許可を得て、自宅にいます。これから戻ります。
本日ニンニクを植え終えたので一安心です。来週手術の予定です。


----------------------------------------------------------------


----------------------------------------------------------------

■ PDF 教材「家庭菜園の土つくり」好評発売中!
 
 土つくりをもっと詳しく学びたいという方に最適です。
 
 3倍増収の為のノウハウがやさしく解説しています。
 
  ⇒http://www.ecoa.co.jp/sales/
----------------------------------------------------------------


今号も、最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。
あなにとってワクワクする楽しい菜園生活でありますように。

次回(189回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【野菜つくりのコツを学んで、家庭菜園ライフを10倍楽しむ方法】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
発行責任者:森下能守(有限会社エコア技研)
発行者住所:〒061-2275札幌市南区砥山109-2
連絡先:http://www.ecoa.co.jp/
メールアドレス:customer■\ecoa.co.jp(■\を@に置き換えてください)
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<メールマガジン解除URL>
以下をクリックするとメールマガジンの配信が停止されます
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001229512.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
発行・編集:森下能守  ECOARS (有)エコア技研
URL:http://www.ecoa.co.jp/
お問い合わせ:morishita@ecoa.co.jp (@を半角に)
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

ついでに読みたい

他のメルマガを読む