野菜つくりのコツを学んで、家庭菜園ライフを10倍楽しむ方法

魚介類の放射能の減らし方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
野菜つくりのコツを学んで、家庭菜園ライフを10倍楽しむ方法 
■□■□        by  菜園ライフクリエィター  森下 能守 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【無料公開】3ステップ 三倍増収の土つくり・無料メールセミナー公開
☆今すぐクリック!⇒ http://www.ecoa3.com/3step/index.html
----------------------------------------------------------------
【菜園 教材】アクセス数日本一(グーグル検索第1位)のホームページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ発行人 森下能守のHPとプロフィールは⇒ http://ecoa.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 いつも当メルマガを愛読頂きありがとうございます。
 菜園ライフクリエィターの森下です。
 
 ビデオ撮りに入っているのですが
 なかなかトークがさえません。
 
 ハリとか生き生きさが感じられず
 眠たくなるような出来具合に唖然として、、
 再度やり直しの繰り返しです。
 
 動画作成もなかなか難しいものです。
 
 そこでさっそくプレゼンの本とDVDを数冊
 アマゾンで購入、昨日届きまして
 猛勉強しています。
 
 これから動画を作りたいと思っている方に情報です。
 参考までにこの本とDVDなかなか良いのです。
 
 
 、、、
 
 
 続きは後記にて、、
 
 
 今回も少しでもお役に立てるよう有益な情報を
 お伝えしたいと思います。
 価値ある教材&お役立ち情報を厳選して、ご紹介いたします。
 
 

■今回の目次                        (88号)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆今日の菜園ライフ:ワンポイントレッスン
●家庭菜園今月の作業便覧
●家庭菜園・魚介類の放射能の減らし方
●ネット通販お買い得情報 : 希少バラアーチ の紹介
●今月のイチオシ商品!: 堆肥の材料作りに「押切」が好評発売中
●お役立ち情報 : 肥料散布機で身体の負担を軽減
■本日のコンテンツ : 土つくりと育土について
●無料映像教材や関連お役立ち教材はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 ■■今日の菜園ライフ:ワンポイントレッスン
 --------------------------------------------------------------
 ■家庭菜園今月の作業便覧
 --------------------------------------------------------------
 
 ○秋・冬野菜の作付け
 漬物用にハクサイ等の作付けの時期です。キュウリの後にハクサイ等の
 作付けをします。
 
 
 ○収穫
 
 この時期になると次から次と収穫できます。ちょっとほおっておくとキ
 ュウリやズッキーニのようにとんでもなく巨大になってしまいます。ト
 マトやピーマン、ナスがかかさず食卓に上がるようになってきました。
 
 
 ○水やり
 
 この時期日照り続きの場合、水不足で成長にかげりを見せることがあり
 ます。水やりは朝か夕方いずれかの時に行います。昼の暑さ激しい時は
 ひかえましょう。
 
 
 ○病害虫防除
 
 トマトの尻腐れ病が出たら、カルシュウムとマグネシュウムの補給をし
 ます。草木灰でほとんど解決します。また病害虫防除にはストチュウや
 スプレー植物で対処します。これは安全無害な方法ですので安心です。
 
 
 ○雑草とり
 
 雑草が増えてくる時期になります。畑の雑草は小まめに取り除くと作物
 の生育によいですよ。路肩は6月と9月に刈払機で除草しておくと草の
 勢いが弱まり後が楽です。
 
 
 ○生ごみ堆肥を穴肥で施用
 
 春に向け保存してあった生ゴミ堆肥を畑に施用します。30~40
 センチ程穴を掘って、生ゴミ堆肥を埋めていきます。
 土中法の方法は、参考サイトは下記。
 http://www.ecoa3.com/upn/upna/tutinaka1.html
 
 
 ○追肥・施肥(肥料を与える)
 
 空いた畑や二毛作の畑には必ず下記の作業をして次の作付に備えます。
 (作業順序)草木灰の散布⇒土つくり春処理の施用⇒施肥(肥料を与える)
 空いた畑はそろそろ土つくり秋処理の準備に入りましょう。
 こちらを参照ください。
 http://www.ecoa.co.jp/upt/menu2k/m2aki.html
 
 
 ○読書に親しむ
 
 この本を読んで種の現状を詳しく知ることができました。お勧めの本。
 「種が危ない」野口勲  日本経済新聞出版社
 http://www.ecoa.co.jp/dor/lc/book3.html
 
 私は古い本を本棚から出して読んでいます。今読んでいる本は
 「貞観政要」上巻 原田種成 著 明治書院
  http://www.ecoa.co.jp/dor/lc/book2.html
 
 
 ■■ 放射能から身を守る
 
 このシリーズでは放射能について考えています。前回のつづきです。
 日本全国に蓄積された放射能は大なり小なりこの影響を受けざるを得ま
 せん。対処方法等を知り普段の生活に留意したいものです。
 
 ---------------------------------------------------------------
 ■ 8.魚介類の放射能の減らし方
 ---------------------------------------------------------------
 
 福島原発事故では放射能が海へも大量に流れでました。
 
 現場近海の海にも放射性物質が溜まっていると考えられますので、私た
 ちの魚の食べ方にも工夫が必要になってきました。
 
 ○食物連鎖
 
 そもそも食物連鎖で人の口に入るプロセスをみてみると、まず原発近海
 に降り注いだ放射能は海底の岩の窪みや隙間に溜まります。そしてそこ
 に生えてくる昆布や藻等の海草は放射能を吸収しながら成長していきます。
 
 この海藻を小魚が食べて、さらに大型の肉食の魚がこれを食べます。
 しだいに放射能の濃度が高まり危険となるわけです。
 ですから大型の魚から放射能が発見された場合は注意が必要になります。
 
 ○魚の食べ方
 
 この場合、骨や軟骨には放射性ストロンチウム、内臓には放射性セシウ
 ムの蓄積が心配されるので、頭部と骨、内臓は食べないことです。
 
 まず、魚全体をよく流水で水洗いします。そして頭や内臓は投げて、3
 枚おろしにして骨を取り除き、さらに皮も必ず剥いて食べないことです。
 
 
 さらに効果的な放射能の減らし方は、削いだ3枚おろしを2%塩水に浸し
 て酢を一滴加えて浸します。最後は流水で再度洗い流し、料理に使いま
 す。これでかなりの放射能が減ることになります。
 
 ○貝類の食べ方
 
 貝やエビ類に取り込まれるストロンチウム90は、水洗いで10から30% 、
 3%の食塩水で洗うと30%から70%程除去されると言われています。
 
 
 このように魚介類の食べ方にも注意する必要が今後でてきそうです。
 
 
 教訓
 「魚介類の食べ方にも注意する」
 
 
 
 ---------------前回の参考資料から---------------
 
 放射線の主なものに、次の3つがあります。
 ------------------------------------------------
 ・アルファ線---プルトニウム / 粒子 / 内部被ばく
 ・ベータ線-----ストロンチウム90 ・セシウム137・ヨウ素131
   / 大きなエネルギーを持つ電子 / 内部被ばく
 ・ガンマ線・ベータ線--ヨウ素131・セシウム137 
  / 大きなエネルギーを持つ電磁波 / 外部・内部被ばく
 -------------------------------------------------
 
 ※原子炉事故による放射能は300年も消えることはない
 --------------------------------------------------------
 放射線核種    | 物理的半減期  体内の実質的半減期(成人)
 ------------------|--------------------------------------
 ストロンチウム90 |  28.9年     18年
 ヨウ素131     |   8日     7.5日
 セシウム134    |  2.06年      96日
 セシウム137    |  30.2年     109日
 プルトニウム   | 24100年      一生
 --------------------------------------------------------
   出典元「食卓にあがった放射能」より
 
 ※物理的半減期とは、放射能が半分に減るまでの期間
 さらに同じ期間かけて半減を繰り返し、これを数回かけて初めて放射能
 を出さない安全な物質に落ち着きます。
 
 例えばストロンチウム90とセシウム137は物理的半減期は約30年ですが
 すべての分裂が終わるまで10回の半減期を繰り返さなければなりません
 から、実に原発事故発生時から約300年かかる計算になるわけです。
 
 この間、親と子、孫の代までこの影響を継続されつづける事になりますか
 ら、事は重大です。
 
 
 
 ≪次回につづく≫
 
 ---------------------------------------------------
 今日のポイント
 魚介類の食べ方にも注意する
 ---------------------------------------------------
 
 
 (参考情報)
 放射能汚染地図
http://savechild.sub.jp/
 
 
 
 ○ガン抑制資材「草木灰」を使用
 
 ガン抑制資材として畑にはこの草木灰を使用すべきです。
 「草木灰」はカルシュウムとマグネシュウムが多く含まれた最良の資材
 なのです。
 
 私は長年研究した結果、石灰分は草木灰にかぎります。数十年草木灰を
 投入しつづけてきましたが、間接的に土を食べているわけですから、育
 つ作物からこれを吸収しているわけです。
 
 古来から焼畑農法が行われてきたのには、すばらしい知恵があったので
 す。
 
 ※放射能汚染地区では決して草木を焼いて灰を利用しないでください。
 焼くことで放射能濃度が高くなり危険です。
 
 --------------------------------------------------------
 ※おすすめ資材「草木焼成灰うらの畑」のお求めは
 
 こちらへ ⇒ http://www.ecoa.co.jp/shopping/shoppage/souboku.html
 --------------------------------------------------------
 
 
 --------------------------------------------------------
 ※おすすめ資材微生物「エコアップ」の詳細説明とお求めは
 
 こちらへ ⇒ http://www.ecoa3.com/upn/menu-2.html
 --------------------------------------------------------
 
 
 ■■ネット通販お買い得情報 : 希少バラアーチ の紹介
 
 --------------------------------------------------------------
 ■希少バラアーチ の紹介
 --------------------------------------------------------------
 
 こちらは展示品に付お買い得。この商品の生産はすでに終了で希少商品と
 してプレミアものです。今回このバラアーチを紹介しています。
 
 商品画像・詳細はこちら
 http://www.ecoa.co.jp/shopping/shoppage/meshart.html
 
 ●メタル材をメッシュ状に加工して強度を高めたものですぐれた逸品 と
 して重厚感仕上となっています。
 ●さらに鋼鉄の上に樹脂コーティングしてあり、サビを防ぐ構造になっ
 ています。
 ●材質は鋼鉄のメタル材ですので数年間の使用に耐えられるもので強度が
 あります。国内最強の耐久性を誇ります。
 ●美しいアーチですので庭にバラアーチやインテリアとして最適です。
 ●このアーチにはハンキングバスケットやプランターを架けて自由に楽し
 めます。
 
 室内展示品ですがキズもなく新品同様です。
 
 ※詳しい説明は下記ホームページへ
 http://www.ecoa.co.jp/shopping/shoppage/meshart.html
 
 
 
 --------------------------------------------------------------
 ■誘引資材「しちゅうキャッチ」が好評
 --------------------------------------------------------------
 
 トマトやナス、キュウリが茎を伸ばして茎が傾きかけています。
 この時どうしていますか ? 
 
 ※詳しい説明は下記ホームページへ
 http://www.ecoa.co.jp/shopping/shoppage/s-catch1.html
 
 
  --------------------------------------------------------------
 ●今月のイチオシ商品!: 堆肥の材料作りに「押切」が好評発売中
 --------------------------------------------------------------
 
 これからの土つくり秋処理に、収穫残さを4~5センチ程にカットして
 堆肥の材料として使います。
 
 そこで登場するのが家庭菜園で簡単に使用できるのが
 この押切です。
 
 こちらの動画で紹介していますが、私が使用している古くなった押切で
 すが、これは何代にも渡り、約100年以上使用しているものです。
 壊れては鍛冶屋で修理しながら代々使っているもので、なかなか投げる
 気にはなりません。 良い物は愛着も湧き、長く使えます。
 
 やはり刃が良い物に限ります。
 
 ※詳しい説明は下記へ
 http://www.ecoa.co.jp/shopping/shoppage/oshikiri.html
 
 
 --------------------------------------------------------------
 ●お役立ち情報 : 肥料散布機で身体の負担を軽減
 --------------------------------------------------------------
 
 これから収穫後の「土つくり秋処理」には
 肥料散布機のこれをお勧めします。
 
 3機種あるのですが、※下記を参照ください。
 http://www.ecoa.co.jp/shopping/menu-3.html
 
 私が購入したのが肥料散布機 R-29L (商品番号 G01001) で
 一番高いもので耐久性がありしっかりしています。100坪以上
 耕うんするにはこれが良いと思います。
 http://www.ecoa.co.jp/shopping/shoppage/sanpuki.html
 
 また50坪以下の菜園では肥料散布機 G-26L (商品番号 G01002)
 http://www.ecoa.co.jp/shopping/shoppage/sanpuki2.html
 軽くてこの機種で良いと思います。
 
 
 還暦過ぎたら無理をしないでこういう機材を利用して
 身体をいたわりながら、長く家庭菜園を楽しむに限ります。
 
 
 --------------------------------------------------------------
 ■本日のコンテンツ
 --------------------------------------------------------------
 ●土つくりと育土について
 
 有機栽培では育土という言い方をよくします。
 
 地球の数センチの表土が生物に自然の恵みを与え、そして植物や動物
 
 を活かし育むわけです。肥沃な表土ができるまで数十年の歳月がかか
 
 るといわれています。
 
 人間がなんぼ「土つくり」と称しても自然の作用には到底およばない
 
 わけです。自然から見るとまねごとのようなものかもしれません。
 
 
 ◎土つくり
 
 あえて土つくりと思い上がった言い方をさせて頂いているわけですが
 
 まねごとから始まっても、幾月が過ぎると人間の力なぞ到底及ばない
 
 世界であることを嫌と言うほど思い知らされることに気づくはずです。
 
 土つくりとは人間側の発想であり、自然界では有りえない姿なのです。
 
 自然界はすべての存在を生成化育する作用があります。育む作用があ
 
 ります。私の言う土つくりとは、育む作用をお手伝いさせていただく
 
 意味を込めて「土つくり」と称しています。
 
 けっして欧米社会のように自然を征服するとか制御するといった考え
 
 ではなく、純日本風の自然の恵みに感謝して、自然の力を借りるスタ
 
 ンスであるということです。
 
 ですから「土つくり」= 「育土」
 
 つまり自然界の土の微生物を育てる「お手伝い」という意味を込めて
 
 土つくりと称しています。
 
 まさに有機栽培とは自然界の生物の力を借りて、作物を育てる栽培法
 
 といえます。
 
 ○現代農法と有機栽培
 
 作物の全生産量の99%以上は現行農法で、作物の養分は化学肥料で、そ
 
 して虫は農薬で殺しといった、自然を制覇する欧米社会の農法が主体と
 
 いえます。現行農法では土つくりと言った概念はあっても育土という概
 
 念はないように感じます。
 
 まさに有機栽培とは真逆の立場にあります。しかしどちらが良いか悪い
 
 かではなく共存してこそ食糧の確保ができるわけです。
 
 やはり家庭菜園では有機栽培が望まれますし、可能な栽培だと思います。
 
 今回は土つくりと育土について考えてみました。
 
 
 
 参考までに土つくり秋処理の具体的な方法はこちらからどうぞ
 
 http://www.ecoa.co.jp/upt/menu2k/m2aki.html
 
 
 
 --------------------------------------------------------------
 ■会員専用サイト用意しました。 無料▲▲新着情報▲▲
 
 http://www.ecoa.co.jp/exg/
 
 このメルマガを愛読して頂いている方の為に、会員専用サイトを
 用意させて頂きました。随時為になる教材をアップしていきたい
 と思っていますのでぜひご覧くださいませ。もちろん無料で提供
 させて頂きます。今ご入会いただくとこの先も無料が継続されま
 すのでお早目にどうぞ。
 なをひやかし半分の人やスパムを避けるために、ログイン対策が
 必要にしてありますのでお手数ですが宜しくお願いいたします。
 
 http://www.ecoa.co.jp/exg/
 
 
 
 --------------------------------------------------------------
※おすすめ資材微生物「エコアップ」の詳細説明とお求めは

こちらへ ⇒ http://www.ecoa3.com/upn/menu-2.html
 --------------------------------------------------------------
 
 
 
 
 
 --------------------------------------------------------------
 ■今年のイベント情報
 --------------------------------------------------------------
 
 今年の春からのイベントの日程が発表されていますので
 わかっている分からお伝えします。
 
  ◎国際 ガーデン EXPO(IFEX)
 【会場】:幕張メッセ
 【開催】:10月10日(水)~12日(金)
  http://www.gardex.jp
 
 ※森下が個人的に情報収集しているイベントです。
 
 
 
 
 ■■ 編集後記
 
 今回はプレゼンについての話です。
 
 プレゼンの本のタイトルは
 「小室淑恵のプレゼン講座」日経BP 2,200円
 80分のDVD付ですので内容からして安い!
 
 しかしこの女性はすごいですよ。
 なにがすごいの? と思われるかもしれませんが
 すごい才能の持ち主というか、
 
 長々説明するのもなんですので
 このプレゼンを見てもらうとわかりますので
 シェアします。
 
 TEDxTokyo - Yoshie Komuro - Life Balance - [日本語] 
 http://www.youtube.com/watch?v=sd6OLoQW0hY&feature=player_embedded#!
 
 --------------------------------------------------------------
 
 それと別映像なのがこれです、参考になりました。
 TEDxTokyo - Naomi Kawase - The value of movies - [日本語]
 http://www.youtube.com/watch?v=XhOtrGDDRRo&feature=relmfu
 
 それにしても女性のパワーはすごいですね。
 
 --------------------------------------------------------------
 
 ○疲れをしらない強靭な体力と時間が欲しいです
 
 この年になって毎日こんなに勉強するとは
 
 いままで何を学んできたのかと思います。
 時間が足りません。今は何が欲しいかといえば
 強靭な体力と時間が欲しいですね。
 
 プレゼンの技術やカメラ、ビデオの使い方から
 これを編集する作業等やることがいっぱいあります。
 
 さらに編集ソフトのアドビ プレミアプロや
 ドリームウィーバー等なかなか難しいものです。
 
 私は思うのですが、これからの社会に必要なスキルは
 子供のうちから慣れさせるべきと思います。
 
 還暦過ぎて覚えることはなかなか難しくなります。
 小学4年生の孫にホームページ言語HTMLを教えた所
 すぐ覚えましたし、自分のHPを作って楽しんでいます。
 
 ゲームに夢中になるよりITスキルに夢中に
 させる方がこれからの社会に出て役にたちますね。
 
 それと写真を撮らせて、フォットシップで加工し
 ホームページにのせたりする楽しさを
 子供のうちからさせることの方が
 ケームより健全ではなかろうか?
 
 
 
 --------------------------------------------------------------
 
 ◎作物の生育状況---ズッキーニ
 
 今年のズッキーニはまだ収穫が続いています。
 ズッキーニはえらい!!
 
 ズッキーニはなぜか人に差し上げても喜ばないみたいです。
 「もういらない」がかかります。
 
 多分食しかたやレシピの情報不足かなと思います。
 
 考えてみれば私が子供の頃はズッキーニを
 食べた事なかったですね。
 
 食べるようになったのはここ数年前からと
 記憶しています。(我が家では)
 
 それやこれやで収穫をほったらかしにしておくと
 太ももぐらいの巨大ズッキーニになっていることが
 あります。
 
 しかし大きくても決して投げたりしないのが
 我が家の流儀なんです。
 
 漬物や油いため、温野菜、鍋料理の具、
 厚切りにして直火焼きにしてフランス風スパイス味、
 (これは焼きナスに似ている食感なんです。)
 
 けっこうレシピはありますね。
 
 
 
 --------------------------------------------------------------
 
 
 --------------------------------------------------------------
 
 草木灰のショップページ更新しておきました。
 http://www.ecoa.co.jp/shopping/shoppage/souboku.html
 
 --------------------------------------------------------------
 
 
 
 
 PS1
 
 
 今回の記事は参考になりましたか ? 
 
 もしわからないことがあれば、私の出来る範囲でお答えしますので
 
 気軽に質問してください。また感想もお待ちしています。
 
 お気軽にご連絡ください。
 
 
 PS2
 
 この「メルマガ」を、ぜひ一人でも多くのお友達にご紹介ください。
 
 一人でも多くの方に当メルマガをお読み頂き、
 
 菜園ライフの楽しさや気づきを共有できれば幸いです。
 
 
 
 PS3
 
 ★アメブロも合わせてご覧ください★
 
 [家庭菜園の野菜作り、上達のコツと菜園ライフの楽しみ方] 
 
 こちらもぜひ購読の程宜しくお願いします。
 
 http://ameblo.jp/ecoa3/
 
 もしご登録がまだでしたら、ぜひ読者登録しておくことをオススメします。
 
 
 
 次回は9月18日の配信になります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 今号も、最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。
 あなにとってワクワクする楽しい菜園生活でありますように。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ●☆映像教材を無料プレゼントします
-------------------------------------------
 施肥・畝づくりの実際
 http://www.ecoa.co.jp/movph/tomato/menu-4.html
-------------------------------------------
 定植までの管理
 http://www.ecoa.co.jp/movph/menu-1.html
-------------------------------------------
 
 ●関連お役立ち教材(無料公開中)
 
--------------------------------------------
 土中法で生ごみ堆肥の作り方
 http://www.ecoa3.com/upn/upna/tutinaka2.html
--------------------------------------------
 ポリ袋法・・身近なポリ袋で堆肥化する方法
 http://www.ecoa3.com/upn/upna/fukuro.html
--------------------------------------------
「生ごみ堆肥の作り方」全般はこちら
 http://www.ecoa3.com/upn/index.html
--------------------------------------------
「家庭菜園の土つくり」のホームページ開設
 http://www.ecoa.co.jp/upt/menu2k/m3halu.html
--------------------------------------------
 ※おすすめ資材「エコアップ」の詳細説明とお求めは下記まで
 http://www.ecoa3.com/upn/menu-2.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  森下能守へのメッセージはコチラ
  ⇒ http://www.ecoa.co.jp/menu-4/menu-4.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 【三倍増収への挑戦】--------------------------------------------
私が実践しているエコア有機栽培は、家庭菜園においてエコロジーの
観点から、完全無農薬有機栽培の手法を実践したもので、土作りや堆
肥作り、種選びから定植、栽培法まで、独特の方法を講じて、三倍増
収まで高めようと、常日頃から研究をしている栽培法です。

   【Copyright(C)ECOARS (有)エコア技研All Rights Reserved.】
----------------------------------------------------------------
 
 
 ■■野菜つくりのコツを学んで、家庭菜園ライフを10倍楽しむ方法■■
 
 発行人: 森下 能守 
 
      http://ecoa.co.jp/
 
 
 
 自己紹介はコチラ ⇒ http://www.ecoa.co.jp/company.html
 
 ブログはコチラ ⇒ http://ameblo.jp/ecoa3/
 
 ツイッターはコチラ ⇒ http://twitter.com/ecoars/
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
  
 
 
 --------------------------------------------------------------
 野菜つくりのコツを学んで、家庭菜園ライフを10倍楽しむ方法
 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001229512.html
 --------------------------------------------------------------



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
発行・編集:森下能守  ECOARS (有)エコア技研
URL:http://www.ecoa.co.jp/
お問い合わせ:morishita@ecoa.co.jp (@を半角に)
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

ついでに読みたい

他のメルマガを読む