中学・高校生になってもやめない!思春期ピアノレッスンサポートメルマガ

「新しく始めること」のために、「今まで続けてきたこと」を完全にやめてはいけない理由

カテゴリー: 2017年05月15日
こんにちは。愛知県あま市のピアノ教室「ぴあのすく~るSan's」の中塚です。
このメルマガでは、小学校高学年~高校生までの「ピアノを習う子ども」をお持ちの
保護者様や、思春期の生徒さんを担当するピアノの先生、また生徒さんに向けて、
「ピアノを習い続けてよかった!」といえる取り組み方について、お役に立つような
記事を提供していければ、と思っています。

 中1の生徒さんはそろそろ、部活が始まっていることと思います。
最近は学校によって、仮入部期間を長く取るところも増えており、慎重に選択をすることができます。

 私の次女が通う中学では、1年生は現在仮入部期間。多くの子は仮入部からそのまま、本入部となります。
しかし、場合によってはそうならないこともあります。中学になって通院の必要な病気が発覚する場合や、
思い描いていたものと違っていた、家庭の事情が変わり、最初に希望した部活を続けるのが難しくなるなどの理由です。

 さて。

中1生の子どもたちは、部活動という「新しいこと」に期待がいっぱいです。
また、部活が大変そうだと思って、それまで続けてきたピアノのレッスンは無理なのでは、と勝手に判断してしまい、
保護者の方が知らないところで勝手に「ピアノやめます!」と言ってしまう、ということもあります。

  でも。


┏○o。.。───────────────┓
│                   │
│ 今まで続けていることをやめるのは  │
│  おすすめできない         │
│                   │
┗───────────────。.。o○┛

のです。

 部活動は確かに、やり遂げれば充実感もあり、良い経験ができます。しかし、人間関係などでつまづいた場合、
部活だけの生活に絞ってしまうと、居場所がなくなって不登校になってしまうことも考えられます。

 また、中学生といっても、まだ12歳、13歳。つい最近まで小学生だった人たちには、

「冷静な判断」

というものが、出来ないこともままあります。

 まだ始める前に、「自分には両方は無理」と勝手に決めてしまいますが、やってみないとわからないという視点は抜けています。

 もし部活が結構大変とか、先輩が厳しい時。お父さんお母さんには心配をかけるから話せなくても、ピアノの先生には

 「バレー部超大変~~~!!」

 とか、「△先輩っていうめっちゃ怖い人がいる」

 なんて話を聞いてもらえて、すっきりして帰宅して勉強に集中できる、なんていうメリットもあるんですよ。

 保護者様も、特にお子様が初めて中学生活を送る場合はお子様以上に心配してしまいがちです。
でも、動揺したり、不安になっている姿をお子様に見せないでくださいね。

 私も久々、「中学生母」となります。長女の時の不安や、振り返ってみたら失敗したなとか、考えすぎだったとか、
 後ろ手に回っちゃったななんていうお話もさせていただけるかなと思います。

  先輩ママ・パパの読者様、どうぞ皆様のお話をお寄せください。

  うまくいった話でも、失敗談でも、絶対にあとに続く方のお役にたつことができます。


☆おたよりはこちらへ http://form.mag2.com/jeanailouc

  メルマガへの掲載が可能な方はその旨、ご一緒にお伝えいただけると嬉しいです。
  お名前は仮名(HN希望の方はお伝え下さい)とさせていただきます。

  メルマガに掲載する際はご連絡をさせていただくので、ご連絡の取れるメールアドレスをご記入ください!


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
中学・高校生になってもやめない!思春期ピアノレッスンサポートメルマガ
☆発行者:中塚 三貴子(ぴあのすく~るSan's)
 教室サイト http://pianoschool-sans.com
☆おたよりはこちらへ http://form.mag2.com/jeanailouc
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
☆配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000264392.html 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
Copyright 2010 Pianoschool-sans all rights reserved.

無断転用を禁じます。

メルマガのお友達・お知り合いの方へのご紹介は大歓迎です! 

ついでに読みたい

他のメルマガを読む