起業家・経営者ファイトクラブ

起業家・経営者ファイトクラブ「助成金等」

起業家・経営者ファイトクラブの会員の皆様へ

ご無沙汰してしまっております。
気がつけば12月。師走です。
今年もいろいろありました。
でも過去を気にしても仕方がないので、未来志向で行こうと思います。
こんにちは。
行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関です。
さて、メルマガは、今回で「第114号」になります。

今回のテーマは、『補助金と助成金 』です。
■補助金と助成金
「助成金」と、「補助金」に明確な区分けがある訳ではありません。
ただ、一般的には「助成金」は厚生労働省が管轄し、「補助金」は経済産業省が扱うものが多いといえます。
「助成金」は、基準を満たせば、原則として受給できるものです。
公募期間も限定されておらず、1年中、利用が可能です。
財源を雇用保険料にしていることから、雇用の促進が中心です。
労働環境を整備する等、人に関連することを改善することが助成金の支給要件の一つです。
また、会社都合解雇を行いますと、助成金の不支給や、一定期間助成金をもらえなくなることもありますので、充分な注意が必要です。
会社が社会保険や雇用保険に適切に加入していないと、そもそも申請をすることができません。
尚、助成金の使途は自由です。
「補助金」は、前述の助成金と異なり、ほとんどのものが公募の形を取っています。
すなわち、受付期間が決まっていて、受付期間が過ぎた場合は応募ができません。
原則として、補助金の場合は予算枠が決まっていますので、要件を満たしたものを対象に審査を行います。
要件を満たしていても、審査に通らなければ補助金を獲得することはできません。 
そして、基本的には、かかった経費の補てんです。
ですので、経費の掛からない事業の会社が申請してもあまり意味がありません。
手間がかかるだけです。

■気がつけば冬
夏の算定基礎や年度更新が終わり、気がつけば冬の年末調整。
そして、年賀状や忘年会のシーズンです。
そして、冬はマラソンシーズンでもあります。
今の冬は自己ベストを目指そうかたくらんでいます。

■セミナーのご案内
年末は クリスマスにプライベートセミナを予定しています。
少人数(5人程度)向けです。(先着順)
期日:12月24日(日)10:30-13:00
場所:渋谷
タイトル:起業前に知らなければいけない社長の知識
費用:5000円
内容:会社経営が始めての人向けの総まとめセミナです。
内容は凝縮してますよ。
詳しくはこちらまで。
https://www.seminarjyoho.com/course_show_306020.html

■助成金詐欺にご注意ください!
さまざまな会社から助成金案内がメールで飛び交っています。
私にもきます(笑)
でも、助成金の申請代行ができるのは社会保険労務士のみであり、コンサル会社等が申請代行する
すると社会保険労務士法で罰せられます。
それを知っていた事業主も同様です。
くれぐれもご注意ください。
詐欺被害の報告もだいぶ厚生労働省にきているという注意勧告がでています。

■おススメの1冊
著書:『チーム』
著者:堂場 瞬一
コメント:箱根駅伝出場を逃した大学のなかから、予選で好タイムを出した選手が選ばれる混成チーム「学連選抜」。
究極のチームスポーツといわれる駅伝で、いわば“敗者の寄せ集め”の選抜メンバーは、何のために襷をつなぐのか。
東京~箱根間往復217.9kmの勝負の行方は――選手たちの葛藤と激走を描ききったスポーツ小説の金字塔。
 
■ほっと一息
今年は何と言っても就業規則作成のお引き合いが多いですね。
理由は、おそらく助成金。
でも就業規則の打ち合わせをしていると、社長さんは、だんだんと助成金よりも
労務管理の重要性に気づいてきてくれるんですね。
それが何よりもうれしいです。

■感想およびご意見
 今回のメルマガ いかがでしたか?
 感想やご意見は、遠慮なくメールをください。
 iseki@spice.ocn.ne.jp
	

今回も、最後までお読みくださいましてありがとうございました。
今年も引き続きよろしくお願いいたします!

起業家・経営者ファイトクラブ

発行周期: ほぼ 週末刊 最新号:  2017/12/08 部数:  344部

ついでに読みたい

起業家・経営者ファイトクラブ

発行周期:  ほぼ 週末刊 最新号:  2017/12/08 部数:  344部

他のメルマガを読む