陽学舎マガジン

時間の価値を知る

カテゴリー: 2012年01月08日
【陽学舎マガジン】

お世話になっております。陽学舎の井田でございます。

昨日は、塾内テストが実施され、今年度の冬期講習が全日程終了しました。お陰様で大きな混乱もなく、充実した講習会になりました。ありがとうございました。

講習会が終わったとはいえ、受験生は本番直前という地点にいます。いよいよ掛け値なしの本番です。

何度も繰り返して恐縮ですが、この大事な時期に体調を崩す生徒が増えています。手洗いうがい、生活リズムを守るなど、基本的なことに留意するだけで、そのリスクの大半は回避できます。

将来を大きく変える勝負の時です。どんなに注意しても、注意し過ぎるということはありません。


こうして事の大詰めを迎えると、「時間の価値」というものを、本当に強く実感します。

受験を機に、この「時間の価値」を深く知ることが出来れば、人生という視点から見て、極めて大きな収穫と言えるのではないでしょうか。

今回は、「時間の価値」について的確に表現している一編の詩をご紹介いたします。

~~~~~

一年の価値を知りたければ
大学受験に失敗した学生に聞くといい

一ヶ月の価値を知りたければ
未熟児を産んだ母親に聞くといい

一週間の価値を知りたければ
週刊誌の編集者に聞くといい

一日の価値を知りたければ
六人の子を抱えた日雇い労働者に聞くといい

一時間の価値を知りたければ
逢瀬を待つ恋人たちに聞くといい

一分の価値を知りたければ
最終電車に乗り遅れた者に聞くといい

一秒の価値を知りたければ
事故から生還した者に聞くといい

1,000分の1秒の価値を知りたければ
オリンピックで銀メダルに終わった者に聞くといい

~~~~~

この詩を深く味わうには、ある程度の人生経験が必要だと思いますが、想像力を豊かにすれば、小・中学生でも感じるところはあるはずです。

あるいは、この詩を読ませずに、「一年の価値を知りたければ、誰に聞くといいと思う?」と、お子さんに質問してみても面白いかも知れません。


ご家庭でも、この世で一番価値のある“時間”というものについて、お子さんの中にどのような価値観が育まれているのか、話し合う機会を持たれることをゴテイアンいたします。


それでは今回はこの辺で。またお付き合いいただければ幸いです。


ご意見・ご感想はコチラまで!
ida@yohsei.jp

ご友人に紹介していただける場合は、コチラからご登録をお願いします!
http://mobile.mag2.com/mm/0001186333.html

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む