陽学舎マガジン

いつでも夢を

カテゴリー: 2012年01月01日
【陽学舎マガジン】

新年、明けましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願い申し上げます。

陽学舎の井田でございます。

昨年の冬期講習最終日には、体調を崩している生徒が多く見受けられました。
皆様、健やかに新年をお迎えになられたでしょうか。

冬期講習は、4日より再スタートいたします。

健康第一。健康を損ねては、やる気もへったくれもありません。何かと不規則になりがちな時ですが、十分な体調管理をお願い致します。


今回のテーマは、新年一発目らしく『夢』です。

“I have a dream !”(私には夢がある!)

1963年8月28日、ワシントンDCのリンカーン記念館の壇上でこう叫んだのは、マーティン・ルーサー。キング牧師です。

彼は、この至ってシンプル且つ史上最強にパワフルな発言で、世界中の人の心を揺さぶりました。この発言は人々の心を変え、政治を変え、法律を変え、人種差別の歴史を変え、世界を変えました。


皆さんの“夢”は、何でしょう。

ちょっと青臭いことを言わせていただくと、人が人生を生きるということは、夢を見るということだと、私は思います。

もちろんそれは、世界を変えなくても構いません。でもそれは、現在の自分を変えることではあるはずです。


夢を実現させるために、最も大切なことがありあます。

それは、動機付けです。

なぜ、それは夢なのか。なぜ、その夢を実現したいのか。

その動機が明確で、具体的で、自分自身にとって強烈であればあるほど、夢が実現する可能性は高くなります。逆にいえば、夢が実現しないのは、その動機が自分自身にとって、そこまで強烈ではないからです。

極端な例ですが、その夢が実現しなければ家族が殺される、という動機付けならば、ほとんどの人が夢を実現させられると思います。


ならば、どうしたら強烈な動機が見つかるのかということですが、簡単です。

強烈に実現したいと思えるほど魅力的な夢を持つこと。

そのためにまず大切なことは、自分制限パラダイム(http://goo.gl/EZikf)を取り除く事です。なぜなら、自分制限パラダイムを持ったままでは、魅力的な夢など見つかるはずがないからです。

新しい年の初めですから、どーんと、でっかい夢をぶちあげましょう!


ご家庭でも、個人として、家族として、心底魅力的だと思える夢は何か、話し合う機会を持たれることをゴテイアンいたします。


それでは今回はこの辺で。今年もよろしくお願い申し上げます。


ご意見・ご感想はコチラまで!
ida@yohsei.jp

ご友人に紹介していただける場合は、コチラからご登録をお願いします!
http://mobile.mag2.com/mm/0001186333.html

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む