荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第1969号@親指を人差し指に添えてみる

♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*スカイツリー発信

*第1969号*
2019年1月10日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


本日は、フランスの作曲家、
バンジャマン・ゴダール(1849-1895)、

イギリスの作曲家・弦楽奏者で指揮者の
フランク・ブリッジ(1879-1941)、

オーストリアのツィター奏者で作曲家の
アントーン・カラス(1906-1985)、

日本の作曲家、
長津 義司氏(1904-1986)、

日本の作曲家、
長澤 勝俊氏(1922-2008)の命日です。




────────────────────────
@親指を、人差し指に添えてみよう!
────────────────────────

今日の実験です。

指はそれぞれの長さや強さや、指が生えている角度(方向)が
違いますよね。

中でも親指は短く、角度が極端に違うので、
ピアノを弾くにはいろいろと難があります。

いや、難だと思っていないかもしれませんが、
様々な不具合の原因を探ると、親指に原因があるケースが多い。

そんな時、親指の動きにどう気をつけたら良いかは
ケースバイケースですが、親指に注意が必要かも?
と見に覚えがありそうな方は、是非今日は実験してみて下さい。


それが、タイトルの

「親指を人差し指に添えてみよう!」   です。


親指は人差し指の隣にありますが、添えてあるというよりは、
自由奔放にあっち向いちゃってる感じ。

ちょっと親指に、人差し指をかばうように、
寄り添うように、大好きってハグするみたいに
寄り添ってみることを意識してみて下さい。
あ、でも「くっつく」のではなく「寄り添う」ですよ。


お試し下さいねー!




────────────────────────
@1月の東京レッスンのご予約受付
────────────────────────

1月のレッスン日は以下の通りです。

1月27日(日)。

平日は1月17日(木)22日(火)24日(木)。

はじめての方はこちらのページを御覧下さい。
https://chihiropiano.com/piano_lesson/tokyolesson/

遠慮なくお問い合わせ・ご予約下さいね。



お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。


筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:https://chihiropiano.com
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2019/01/17 部数:  877部

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/01/17 部数:  877部

他のメルマガを読む