荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第1968号@まずはやってみる!

♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*スカイツリー発信

*第1968号*
2019年1月7日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


本日は、ルーマニアのピアニスト、
クララ・ハスキル(1895-1960)、

フランスの作曲家、
フランシス・プーランク(1899-1963)、

アルゼンチン・タンゴの作曲家、
カルロス・ディサルリ(1903-1960)、

ドイツの指揮者、
ギュンター・ヴァント(1912-2002)、

フランスのフルート奏者、
ジャン=ピエール・ランパル(1922-2000)の誕生日です。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



そして、カナダの作曲家、
コリン・マクフィー(1900-1964)、

ドイツの指揮者、
カール・シューリヒト(1880-1967)、

フランスのヴァイオリニスト、
シャーンドル・ヴェーグ(1912-1997)の命日です。




────────────────────────
@まずは、素直に受け入れやってみる事!
────────────────────────

今日からお仕事始めの方も多いでしょう。
ピアノのレッスンも再開されますよね。

寒さもあって、思うように指が動かないとか、
手の調子が良くない場合もあるかもしれません。

そんな時にレッスンを受けて頂くアドバイスに
「ちょっと違う」と感じる事もあるかもしれません。

それでも、尖らずおごらず、
まずは素直に受け入れてやってみましょう。

自分と違う視点を持って何かに気づいて
アドバイスをしてもらえるのは、
とても貴重な事です。

だって自分自身では思いつかない事なのですから。

とにかく、まずはやってみましょう。
何においても、自分でやってみる、
経験するかしないかは、大きな違いが出ますよ。

新年早々、とがるのは、やめておきましょうね。
あなた自身にとって、一番良くない事です。


あなたはどうして今、ピアノを弾きたいのですか?

あなたの初心を思い返してみましょう。
あなたのピアノ大好き!な気持ちを思い出して、
ピアノに向かえる事への感謝の気持ちを忘れないでね。




────────────────────────
@1月の東京レッスンのご予約受付
────────────────────────

1月のレッスン日は以下の通りです。

1月12日(土)13日(日)14日(月・祝)27日(日)。

平日は1月17日(木)22日(火)24日(木)。

はじめての方はこちらのページを御覧下さい。
https://chihiropiano.com/piano_lesson/tokyolesson/

遠慮なくお問い合わせ・ご予約下さいね。



お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。


筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:https://chihiropiano.com
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2019/03/18 部数:  872部

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/03/18 部数:  872部

他のメルマガを読む