荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第1958号@音が多い印象を受けたら

♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*スカイツリー発信

*第1958号*
2018年11月29日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


本日は、イタリアのオペラ作曲家、
ガエターノ・ドニゼッティ(1797-1848)の誕生日です。


そして、イングランド後期ルネサンス音楽の作曲家、
アントニー・ホルボーン(1545頃-1602)、

イタリアの作曲家でヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の
クラウディオ・モンテヴェルディ(1567-1643)、

オーストリアの作曲家、
エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト(1897-1957)、

スイスの作曲家で指揮者の
フリッツ・ブルン(1878-1959)の命日です。



────────────────────────
@音が多い印象を受けたら気にしたいコト
────────────────────────

描いているイメージよりも、自分で弾いてみると、
なんだかとても音が多いバタバタした印象を受ける事はありませんか?


あなたはただ一生懸命に真摯に弾いているだけなのに、です。

そんな時、ちょっと気にしてみて欲しい事があります。
それは、

頭が動いていないかどうか?   です。


頭が各拍ごとに動いていないだろうか?
もしくは8分音符ごとに動いていないだろうか?
ペダルを踏むたび、頭も一緒に動いていないだろうか?

手が左右へ音域を広げて動く時、
頭から腕を連れて行ってはいないだろうか?


もしそうであれば、極力頭を動かさないようにしてみましょう。


それだけで、フレーズを大きな一まとまりで弾く事も
可能です。さぁ、実験してみて下さいね。




────────────────────────
@12月の東京レッスンのご予約受付
────────────────────────

12月のレッスン日は以下の通りです。

12月12日(水)午前9時〜11時までと、
12月9日(日)16日(日)30日(日)。
他平日はご相談下さい。


はじめての方はこちらのページを御覧下さい。
https://chihiropiano.com/piano_lesson/tokyolesson/

遠慮なくお問い合わせ・ご予約下さいね。


お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。


筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:https://chihiropiano.com
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2019/01/17 部数:  878部

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/01/17 部数:  878部

他のメルマガを読む