荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第1953号@今日は焦点を定めてみよう!

♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*スカイツリー発信

*第1953号*
2018年11月12日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


本日は、ロシアの作曲家、
アレクサンドル・ボロディン(1833-1887)、

スロバキア出身のオペラ歌手、
ルチア・ポップ(1939-1993)の誕生日です。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



そして、イタリアのオペラ作曲家、
ウンベルト・ジョルダーノ(1867-1948)、

アメリカの作曲家でヴィオリストの
クインシー・ポーター(1897-1966)、

アメリカの作曲家、
ウォルター・ピストン(1894-1976)、

スペインの作曲家で指揮者の
カルロス・スリナッチ(1915-1997)の命日です。



────────────────────────
@今日は焦点を合わせてみよう!
────────────────────────

さて、日々いろんな事をやっていると、
次第に欲も出ますし、注意すべきことが目の前に
山積みになっていきます。

すると、頭ではわかっているつもりで、
あれもこれもを流してしまいがち。

つまり、散漫になってしまいますよね。

本当はあれもこれも、注意して意識して練習したいのに。
結局、あれもこれも、眼の前を流れて行って終わってしまう。

そしてまた明日、まるでベルトコンベアーのように、
同じあれもこれもの注意点が目の前を流れて消えていくのでしょう。


だから今日は、焦点を合わせてみましょう。
何か一つに焦点を定めてみましょう。


一つだけなら、出来るでしょ?

うん、わかっているよ、一つに絞れないんだよね。
でもね、一度に出来ることは一つなんです。

一つずつの積み重ね。
だから、何でもいいから、今日は一つだけに焦点を定めて取り組みましょう。

すると明日、目の前に流れてくる「それ」は、
今日より少し、安心して見守れますよ。



────────────────────────
@11月の東京レッスンのご予約受付
────────────────────────

11月の東京レッスンは、以下の日程です。

11月24日(土)。
他、平日はご相談下さい。

はじめての方はこちらのページを御覧下さい。
https://chihiropiano.com/piano_lesson/tokyolesson/

遠慮なくお問い合わせ・ご予約下さいね。


お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。



筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:https://chihiropiano.com
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2018/12/10 部数:  873部

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2018/12/10 部数:  873部

他のメルマガを読む